NEW
新着記事

Slack(スラック)の使い方のすべて

 

Slackの使い方を全てここで網羅!

 

今、世界中で新しいコミュニケーションツールとして大流行しているビジネスチャットの勢いは止まりません。その中でも、群を抜いて世界的に大流行しているのが今回ご紹介するSlack(スラック)になります。
 
Slackは、2013年8月にリリースしてから世界100カ国以上の企業で使われています。DAU(デイリーアクティブユーザー)は600万を超え、5万以上のチームが有料プランで使っているというビジネスチャットでは頭が1つ抜けています。そんな世界中で使われているSlackですが、なんと日本の市場は3位に入るぐらい大きいということです。そのため、2017年には日本語verもリリースされていますね。
 
これまでは全て英語でしたが、日本語バージョンも出たことにより、さらに日本でSlackが流行していくのではないでしょうか?
 
本ページでは、Slackに関する全てをまとめていくページになりますので、「Slackとは何なのか?」「Slackの使い方を知りたい!」「Slackと連携できるのって何?」

STEP1

Slackの基本・歴史

まずはSlackについて知ろう!

あらゆる企業で使われているビジネスチャットSlackは、どちらかと言えばIT企業のエンジニア達が使っているイメージが世間的にはあります。

しかし、今では営業からCS、そして事務の方まで幅広く使われているビジネスチャットになりました。ここまで幅広く普及するのに多少の時間がかかりましたが、これからはもっと幅広い方が使えるようなビジネスチャットに進化していくはずです。

STEP1で、Slackについて以下の記事を読んでしっかりとその詳細を理解してください。

まずはここから!

Slackの創業者やビジネスチャットとしてSlackがたくさんの企業に選ばれている理由についてココでは書いています。

Slackの創業者スチュワート・バターフィールドは何者なのか?

この記事で伝えたいこと!

Slackというチャットツールはどのようにして生まれたのでしょうか?そのことを知るために創業者スチュワート・バターフィールドについて知ることから始めてみましょう。この記事では、彼の経歴・変遷・哲学をお伝えしています。

Slack(スラック)とは?ビジネス利用で選ばれる理由

この記事で伝えたいこと!

コミュニケーションを密にとりたい会社内。そんなときに役立つのがビジネスチャットツールSlackです!チャットにおけるコミュニケーションのミスを無くしたり、ツールをまとめて使うことができるSlackの強みについて見ていきます。

Slack(スラック)初心者に5大機能をわかりやすく解説していきます

この記事で伝えたいこと!

今、人気のビジネスチャット、Slack(スラック)。Slackの人気の秘訣は、使い勝手の良さにあるのでしょう。グループチャットを簡単に作れたり、ファイルを一覧表示できたり、なんでも検索できたりとビジネスシーンで活用できる機能が揃っています!

Slack運用時に企業が決めている、やっていいこととダメなこと

この記事で伝えたいこと!

Slackを使い始める前に、ぜひ知っておいてほしい『やっていいこととダメなこと』についてお伝えしていきます。色々な企業のルールや失敗例からどのようなことに気をつけるべきなのか、どのような決まりを作るべきなのかについてまとめました。

Slack(スラック)とLineの違いとは?導入前に知っておこう

この記事で伝えたいこと!

ビジネスチャットとして大注目のSlackと日本で広く使われているLINE。この二つは使われるシーンに違いがあります。日常の会話などで使われるLINE。管理者の権限が大きく、ファイルの共有などにも適したSlack。二つの違いからSlackの便利な機能についてお伝えします。

Slackを有料化するタイミングはいつ?メリットはある?

この記事で伝えたいこと!

ビジネスチャットSlackは無料から使い始められます。しかし、メッセージの量が増えたり、連携したいサービスの数が増えると無料版だけでは物足りなくなってしまいます。そこでこの記事ではSlackを有料版にする前に有料版とはどのようなものなのかについてお伝えします!

登録方法

公式ページではわかりやすく書かれていないSlackの登録時に気になることや、やっておきたい設定などをまとめているページ一覧になります。

Slack新規登録の流れを画像付で学ぼう(管理者用)

この記事で伝えたいこと!

Slackというビジネスチャットは無料で使い始めることができます。そこで、少しでも興味のある方に使っていただきたいのですが、登録が英語表示なのです!そこで、英語が苦手な方にもわかりやすいように画像付きで新規登録の説明していきます。

Slack登録後に確認しておきたい設定項目特集

この記事で伝えたいこと!

この記事では、Slackを使い始める方にぜひ使っていただきたい機能についてお伝えします。Slackを使っている方も触ったことがないかもしれない、おやすみモードや通知設定の変更の方法についてや、変更したほうがいい設定について説明します。

Slackをアプリで使うメリットとダウンロード方法

この記事で伝えたいこと!

Slackにアプリがあることをご存知ですか?PCではブラウザを開いてSlackを使うより、アプリをダウンロードした方がとても使い勝手がいいのです。アプリとブラウザの違いは通知方法にあります。アプリを使ったことがない方、一度使ってみては?

Windows/MacアプリでSlackを初回利用する場合の一連の流れ【PC版】

この記事で伝えたいこと!

Slackは通知などの面でブラウザで使うよりも、アプリをダウンロードしたほうがより快適に利用することができます。そこで、この記事ではWindowsとMacそれぞれについてアプリのダウンロードの方法を順番に説明してきます!

スマホだけでSlackを始める一連の流れ

この記事で伝えたいこと!

SlackをLINEなどのSNSと同じようにスマホだけで使い始めることができるのか、という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。そこでこの記事ではスマホだけでSlackを使うための登録方法について画像を使ってお教えします!

STEP2

Slackの使い方

Slackの基本操作方法から小技まで!

この使い方を知っていれば中級者以上!

基本的にSlackは使いやすいコミュニケーションツールですので、チャットをするだけであれば問題なく使えます。使えますが、実はSlackには様々な機能があり、その機能を使いこなすことにより、さらに業務効率化を図ることが可能となります。

そのため、今後、Slackを使い続けるのであれば、こちらで紹介するSlackの機能の使い方をマスターしてください。

Slack(スラック)のリマインダーで設定すると役立つ9つのこと

この記事で伝えたいこと!

Slackで『リマインダー』を使ったことがありますか?チャットメンバー全員にリマインドできるなど活用の幅が広いことが特徴です。この記事では、日々の業務に役立つリマインドから遊び心あふれるリマインドの使い方までお教えします!

Slackの使い方で最も必要な12選!現場で使えるテクニックを紹介

この記事で伝えたいこと!

Slackの使い方の基本操作についてまとめました。プロフィール画像の変更方法からメールの送り方、メールの編集の仕方、Slackを楽しんで使うためのスタンプの使い方などこれだけ覚えておけばSlack当分困ることはないという操作についてお教えします。

Slack小技10選と使い方。今さら聞けない引用符や囲み枠など

この記事で伝えたいこと!

Slackを使っている方でもなかなか知らない、便利で楽しい小技について10個紹介します!独自のスタンプを作る方法やメッセージのピンの留め方などこれを知っていればみんなに自慢できること間違いなしです!

Slackアカウントを複数ある時にやっておくべき3つのこと

この記事で伝えたいこと!

Slackでは、チャットグループ(ワークスペース)を作ることができます。ワークスペースはアカウント1つでいくつも作ることができます。この記事では、ワークスペースの作成方法からテーマカラーの変更まで便利な機能を紹介します。

Slack(スラック)ボットを使ってできることのまとめ

この記事で伝えたいこと!

Slackには、様々なボットがあります。例えば、行事予定を作ってくれるボットや、アンケートをとってくれるボット、ランチのお誘いメールを送ってくれるボットなどさまざまなシーンで活用できます。それぞれについてみていきましょう!

【Slack】社員をワークスペースに招待する方法

この記事で伝えたいこと!

Slackの管理者登録の次にやらなければならないことは、社員をワークスペースに招待することです。招待の方法は招待リンクを各自に送る方法と本登録メールを各自に送る2種類があります。それぞれの方法についてわかりやすく説明していきます!

Slack日本語版の送信ボタンを簡単に消す方法【最新】

この記事で伝えたいこと!

Slackがついに日本語版で登場しました!しかし、日本語版だと、送信の手順が増えて面倒だと思っている方も多いのではないでしょうか。実は、送信ボタンは前の設定に戻すことができるのです!送信ボタンのなくし方について詳しくお教えします!

Slackの表示言語を英語から日本語に切り替える方法!わかりやすく説明!

この記事で伝えたいこと!

Slackの日本語版の配信が開始されました。そこで、英語版のSlackを使っている方は日本語版への移行はどうやるの?と不安に思われているのではないでしょうか。しかし、言語の変更は設定画面から簡単に変えることができますので、一緒に見ていきましょう!

STEP3

Slackと連携

連携することでもっと効率化ができる!

これであなたも上級者に!

Slackの登録方法、様々な機能の使い方をマスターすれば中級者になり、ここでご紹介する他の機能と連携ができるようになれば、Slack上級者の仲間入りとなります。

Slackは本当に幅広い外部ツールとの連携ができますので、さらなる業務効率化が可能となります。

これまでは他の外部ツールで確認していたことも、Slackに自動で通知ができるようになりますので、もうわざわざ他の外部ツールに確認しにいく必要がなくなります。

「もっと業務効率化したい!」と考えているのであれば、この章をマスターして一気にSlack上級者になってください。

Slackでまず初めに連携すべき外部サービスとは?

この記事で伝えたいこと!

Slackは300種類以上の外部サービスと連結することができます。外部サービスを連結すれば、今までそれぞれ確認していたサービスをSlackだけで終わらせることができます!そのなかでも特にオススメなサービスを9つ紹介します!

IFTTTとは?情報収集する為の最適な方法

この記事で伝えたいこと!

さまざまなサービスを結びつけるIFTTT(イフト)。「自社のタグがつけられた画像を保存する」といったレシピを作ってしまえば、あとは自動でIFTTTが動いてくれるのです!レシピは180種類以上あり、自分なりの組み合わせで仕事をスマートにできます!

時間管理が簡単に!GoogleカレンダーとSlack(スラック)の連携技!

この記事で伝えたいこと!

Slackはひとつひとつ作業していたさまざまなサービスを結びつけて管理することができます。この記事では、その中でもみなさんが多く使っているGoogleカレンダーとSlackの連結方法についてお伝えします!リマインド機能で予定をSlackに通知することができるようになりますよ。

ワードプレスの記事を公開したらSlackに通知する連携方法
GA(Googleアナリティクス)のレポートを自動で毎日Slackに通知する方法

STEP4

職種別!インタビュー

なぜ、Slackを好きになったのか

様々な人・企業に聞いてみました!

Slackを導入している企業や人(職種別)の使ってみた感想をまとめていきます。Slackを導入予定の方はこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?2017年度から日本語verも始まりましたので、コミュニケーションツールとしてSlackを考えている人は必見です。

Slack導入企業の感想をまとめました

css.php