CHENK!!
BCMからのお知らせ

スマホだけでSlackを始める一連の流れ

Slackをスマホだけで使う場合、どうやって利用すればいいの?
 

今回の記事は、この問いに答える記事です。
 

Slackは、無料で簡単に利用開始できるチャットツールです。
 

これまで当サイトでは、PCで初期登録の上、スマホアプリでログインする方法はご案内しましたが、スマホアプリだけで利用する場合の、新規登録から初回ログインまでの一連のご紹介がありませんでした。
 

というわけで今回は、スマホだけでSlackを始める一連の流れをご紹介していきます。
(AndroidもiOSも同じような流れなので、今回はiOSを中心にご紹介していきます。)
 

 



スポンサードリンク

Slackアプリでの新規登録の流れ

スマホアプリの場合も、全体の新規登録の流れはPC版と同じですが、他のメンバーを招待するフローだけがありません。
 

▼ 新規登録・全体の流れ ▼
1.メールでの管理者認証
2.管理者のアカウント設定
3.ワークスペースのアカウント設定
スラック(Slack)
 

ちなみに、すでに作られているワークスペースにログインしたい場合、ワークスペースの管理者に招待してもらう必要があります。
(管理者の方が、『どうやってメンバーを招待すればいいか、わからない!』と困っている場合は、別記事で特集予定ですので、そちらを教えてあげましょう。)
 

 

アプリを始める前のオススメ事前準備

新規登録の際に、以下の項目をあらかじめ決めておくと、登録作業は5分もかかりません。
 

1.管理者メールアドレス
2.ワークスペース名
3.ワークスペース名URL
事前準備があれば登録作業は5分も不要
 

 

そもそもワークスペースとは何か

 

Slackでは、1つのワークスペース内でいくつもチャンネル(複数名で利用するグループチャット)を作ることができ、登録メンバーが自由にチャンネルを出入りしたり、メンバー同士で直接チャットすることが可能です。
関連記事:Slack(スラック)とは?ビジネス利用で選ばれる理由
関連記事:Slack(スラック)初心者に5大機能をわかりやすく解説していきます

 

また、1つのメールアドレスで複数のワークスペースを持つこともできます。
 

【例】あなたの会社メールアドレス1つとSlackアプリ1つで、
 
1)会社のワークスペース
2)取引先とのプロジェクト用ワークスペース
3)同僚との趣味仲間用ワークスペース
 
3つのワークスペースに同時ログイン&併行利用が可能

 

全てのワークスペースの通知情報がスマホに表示され、かつ、それぞれのワークスペース同士の切替表示ができるのもあなただけであるため、それぞれのワークスペースでの機密性は保持しつつ、いくつものワークスペースを同時利用できるというメリットがありますね。
 

 

ワークスペース名URLとは

 
Slackは、『 https:// ▲▲▲.slack.com 』の▲▲▲にワークスペース名を入れることで、各ワークスペースをユーザーに割り当てています。
 
この『』のURLが、ワークスペース名URLです。
(アプリでは上記URLが表示されないため、イメージしにくいかもしれません。)
 

なお、ワークスペース名はあとから修正できますが、このURL(半角英数字)は一度決めると変更できないため、あらかじめ検討しておくとよいと思われます。
 

(ちなみに、ワークスペース名URLは早い者勝ちです。
そのため、決めておくというよりも、「こういったURLがいいな」とあたりをつけておく、というのがいいかもしれないですね^^)

 

 

新規登録~初回ログインまでの一連の流れ

2017/11/15時点の画像キャプチャとなっており、最新版と異なる可能性があります。
 

【アプリダウンロードがまだの場合】

 

スマホで https://slack.com/downloads をタップします。
 
すると、各OSのアプリストアでダウンロード&インストールの流れになります。
【各アプリのストア】
Android:Google Play
iPhone:App Store

iPhoneで開いた場合はAppStoreへ移動します
『Slack』アプリをタップします。
ダウンロードしたアプリをタップ
下の『新しいSlackチームを作成する』をタップします。
 
(英語の場合は「Get Started」をタップ
Slackチーム(ワークスペース)作成をタップ
まず管理者メールアドレスの認証からです。
 
メールアドレスを入力します。
(半角英数字)
ログイン用メールアドレスを入れましょう
メールアドレス宛に認証メールが届いています。
メールを開いてみてください。
 
ちなみに。
画面の『OpenMailAppp』(赤枠)をタップすると、そのスマホに入っているメールアプリを選択する画面が出ます。
メールを確認しましょう(メールアプリがあれば「OpenMailApp」をタップ)
もし、スマホアプリでメールを利用している場合、こちらからメールアプリを開いてもいいですね。
「開く」をタップするとメールアプリが開きます
メール本文にある『Confirm Email Address』をタップします。
メール本文の緑のボタンをタップ
 

メール認証完了が表示されます。
 
『Create a new workspace』をタップします。
メール認証完了なので、続いてワークスペース作成へ
 

希望するワークスペース名を入力します。
(日本語でも半角英数字でもOK)
ワークスペース名を入力
続いて、先ほどのワークスペース名をもとに、ワークスペース名URLの候補が表示されます。
 
希望に沿うように設定・変更し、右上を押してみてください。
(半角英数字)
 

1.もし既に利用者がいるURLの場合、画像のようなエラー表示が出て、再入力が求められます。
2.『.slack.com』は入力しなくても次に進めます。
既に使われているURLの場合、下にアラートが表示され再入力を求められる
 
次に、管理者(あなた)の名前を入力します。
管理者(あなた)の名前を入力
 

管理者(あなた)のパスワードを入力します。
(半角英数字)
パスワードを入力
 

規約同意画面が出てきます。
 
確認し、『同意する(I Agree)』をタップします。
規約関連に同意する場合『I Agree』をタップ
 

お疲れさまでした!
 
無事にメイン画面が表示されたら、初期設定はすべて完了です。
メイン画面が開けば初期設定完了
 

 

さて。
ログインが完了したら、次は基本的な使い方(11選)を始め、よく使う小技(10選)等もどんどん学んで、日々の業務効率化に取り入れていきましょう。

Slack連携でさらに業務効率化へ

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、Slackを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できる職場になります。

詳細を見る!

TAG
タグ

NEW
新着記事