Microsoft Formsでアンケートの作り方!作成手順とポイントを解説します!

Microsoftアカウントを持っている人がアンケートを取ろうと思った場合、Microsoft FormsとMicrosoft Teamsのアンケート機能という2つの方法が利用可能です。
 

それぞれの特徴やメリットやデメリット、使い分け方、アンケートの作成方法についてご紹介します。
 



Microsoft FormsとTeamsのアンケート機能の違い

Office365ユーザーで、Microsoft FormsとTeamsの両方を使える場合、どちらの機能でアンケートを作成すればよいか迷ってしまうでしょう。
 

まずそれぞれのアンケート機能の違いについてご紹介します。
 

Microsoft Formsのアンケートの作り方

Microsoft Formsでアンケートを作るためには、まずOffice365にログインします。
 

それから、Microsoft Formsのページに移動しましょう。
 

forms.office.com
 


 

フォーム作成する際は、まず[新しいフォーム]のアイコンをクリックします。
 

必要に応じて調査のタイトルを入力し、アンケートの形式を選びましょう。
 


 

Microsoft Formsで設定できるのは「選択肢」「テキスト」「評価」「日程」です。その他ランキングやリッカー調査用のフォーマットなども用意されています。
 

必要に応じて画像や動画を埋め込み、回答しやすい状況が作れます。
 


 

また、Microsoft Formsでは質問の分岐が設定可能です。
 

「質問2でAと回答した方についてお伺いします。Bと回答した方は飛ばしてください」のように、回答者に判断をさせる必要がありません。
 


 

分岐を設定しておくと、回答者は目の前にある質問に答えるだけですむのです。
 


 

デフォルトでは緑色のイメージですが、デザインを変更したい場合には、右上にあるテーマの箇所で変更できます。
 

多くの人に回答してもらいたい場合には、どんな端末からでも見られるかどうか確かめておきましょう。
 


 

モバイル端末からのプレビューは、右上のアイコンをクリックすると表示できます。PC、モバイル両方の端末からの見え方がチェック可能です。
 

もしアンケート自体が不要になった場合も、Microsoft Formsのトップ画面から簡単に削除できます。
 


 

Microsoft Formsのアンケートの回答者・管理者の設定

何かを募集して、不特定の方から回答を受け取りたい場合には、回答できる人の権限の設定が必要です。
 


 

「リンクにアクセスできるすべてのユーザーが回答可能」を設定すると、リンクを知るすべてのユーザーがアンケートに回答できます。
 

一方、「自分の所属組織内のユーザーのみが回答可能」を設定した場合、回答できるのはOffice365のユーザーのみです。
 

Microsoft Formsのアンケートの集計方法

Microsoft Formsで作成したアンケートは、タブを切り替えるだけで簡単に表示できます。
 


 

Microsoft Formsは、あえて集計作業をしなくても直観的に回答状況がわかるため、調査の負荷を減らしたい場合に特におすすめです。
 

より詳細に分析したい場合には、Excelの形式でダウンロードできます。
 


 

Excelに情報を書き出せれば、アンケートをもとにしたデータ分析がさらに楽になるので、必要に応じて利用していきましょう。
 

Microsoft Formsのアンケート作成時の注意点

Microsoft Formsでアンケートを作成する場合、回答者情報の有無に応じて、アンケートの作り方を考慮する必要があります。
 

「リンクにアクセスできるすべてのユーザーが回答可能」の設定でMicrosoft Formsを作成すると、メールの部分には「anonymous(匿名)」との表示が。
 

一方、「自分の所属組織内のユーザーのみが回答可能」とすると、回答者が識別できます。
 

Office365ユーザー以外からも回答を受け付けたい場合は、「リンクにアクセスできるすべてのユーザーが回答可能」でアンケートを送信しましょう。
 

ただし、別途回答者の名前を記載する欄がないと、誰からの回答かわからなくなるため注意が必要です。
 

Microsoft Teamsのアンケートの作り方

Microsoft Teamsでアンケートを作成する場合は、メッセージング拡張機能 その他のオプション 「…」ボタンから「Forms」を設定します。
 


 

Microsoft Teamsのアンケート機能は非常にシンプルで、質問と選択肢が設定可能です。
 


 

Microsoft Teamsのアンケートの回答者

Microsoft Teamsのアンケートは自分が所属しているチャンネルのスレッドで使用します。
 

そのため、回答者の設定を個別に設ける必要はありません。
 


 

通常のスレッド内のコメントと同様に、アンケートに対する返信やメンションなどがつけられます。
 

Microsoft Teamsのアンケートの集計方法

アンケートは質問のすぐ下に、回答が集計された状態で表示されます。
 


 

Microsoft Teamsのアンケート作成時の注意点

Microsoft Teamsのアンケート機能は、質問と結果がグループのスレッド内に表示されるため、細かく結果の集計をする必要がなく、単に結論だけを知りたい場合に便利です。
 

また、結果が全員で確認できるため、アンケート結果をもって対応が決まる場合などの意志共有もスムーズに行えます。
 

しかし、Microsoft Formsのように細かい分岐を作ったり、画像や動画を添付したりはできません。調査の作り込みが必要な場合はMicrosoft Formsが便利でしょう。
 

まとめ

Microsoft Formsでは詳細なアンケートの作り込みができ、アンケート結果を分析したい場合に使いやすいです。
 

一方、Microsoft Teamsのアンケート機能は、スレッド内で全員が情報を共有しながら手軽に意思決定できる点が便利です。
 

状況により使い分けを行いましょう。

チャット連携で来客業務を自動化へ

まだ来客業務を人任せにしていませんか?

来客前の日程調整のコミュニケーション
スケジュールや会議室の仮押さえ、日時決定時の削除作業
「空いている会議室がわからない」などの会議室管理
来客時、「席にいない」「会議中」「会社にいない」など担当者への取次苦労
Pマーク対応の来客履歴の管理

これらを自動化できるRECEPTIONISTでは、チャット連携をすることで来客の度に働く社員の仕事を止めません。

無料資料で詳細を見る
RECEPTIONIST資料請求

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事