Slackをスマホアプリで初回サインインする一連の流れや連携方法【iPhone/Android】

Slackアプリのダウンロード後の手順を細かく知りたい!
 

という方向けに、今回はスマートフォン(iPhone・Android)で、アプリをダウンロード後、初回サインインするまでの一連の流れをご説明していきます。
 

関連記事:Slackをアプリで使うメリットとダウンロード方法
関連記事:Windows/MacアプリでSlackを初回利用する場合の一連の流れ【PC版】

 

Slack×○○でさらに効率化とは?

実はSlackには合わせ技で、さらに業務を効率的にすることができます!
 

例えば、GoogleカレンダーやOutlookと連携すれば、時間の10分前・5分前などに通知したり、1日の予定を朝7時に一覧で送ってくれたりします!
 

さらに、日程調整ツール「調整アポ」と連携すれば、日程調整をURLを送るだけで完了させて、決まった日時をSlackに通知してくれます!
 

Web会議URLも同時に共有されたりと、超便利!
 

Slackは、単体で使うよりも他のツールと合わせて使うと、もっと効率的な仕事の進め方ができるので、余裕があれば使ってみるのがオススメです!

 

ダウンロード後、初回サインインまでの全て【iPhone】

2017/11/15時点の画像キャプチャも含まれており、最新版と異なる可能性があります。
 

1.待受画面のアプリ『Slack』をタップします。
ダウンロードしたアプリをタップ
2.初期画面が表示されます。
 
「Slackを始める」をタップするとログイン方法を選ぶ画面になります。
 

Googleアカウント、Appleアカウント、メールアドレスの3つから選択できますが、今回はワークスペースのURLでログインする方法を解説します。

 
※、まだアカウントを持っていない方には、以下記事がオススメ。
関連記事:スマホだけでSlackを始める一連の流れ

Slackを始める

ワークスペースのURLでログイン

3.登録したワークスペースのURLを入力します。
今回は、事前にアカウントの登録は完了しているため、上の『既存のチームにサインインする』を選択します。
 

『.slack.com』は入力しなくても自動認識されます。
『.slack.com』の前の文字列まで書いたら、キーボードの『Go』か、右上の『次』をタップしましょう。
ワークスペース名を半角英数字で入れましょう
4.次に、登録のメールアドレスを入力します。
 
終わったら、キーボードの『Go』か、右上の『次』をタップしましょう。
ログイン用メールアドレスを入れましょう
5.次に登録時のパスワードの入力方法を選択します。
 
パスワードが短い場合(黄)
『パスワードを入力する』をタップ
します。
 
パスワードが長い場合(赤)
『マジックリンクを送信』を活用すると、登録メールアドレス宛にメールが届き、パスワードを入力せずに認証を完了させることもでき、便利です。
パスワードが長い場合はマジックリンクの利用が便利です
 
『パスワード入力をする』をタップした場合(黄)
 
パスワードを入力し、最後にキーボードの『Go』か、右上の『次』をタップしましょう。
パスワードを入植する場合の例
 
『マジックリンクを送信』をタップした場合(赤)
 
このようなメールが登録メールアドレスに届きます。
 
『Sign in to Slack』をタップするだけで、パスワード入力を省略してログインできます。
マジックリンク・メールのボタンをクリックするとパスワード入力なくログイン可能

 

6.最後に設定するのが、プッシュ通知(Notifications)です。
 
こちらをオンにしないと、各通知がスマートフォンに表示されないため、必ずオンに設定しましょう。
 
まずは中央下のボタンをタップします。
スマホのプッシュ通知をオンにする
次のiPhone側の確認画面で『許可』をタップします。
スマホ側のプッシュ通知をオンにする場合は「許可」をタップ
お疲れ様でした!
これで初期設定は完了です。
 
このような画面が表示されたことを確認して下さい。
メイン画面に到達すればOK

 

ちなみに、今後はこのアプリを終了しても大丈夫。
再度アプリを起動すると自動的にサインインされ、ログイン後のメイン画面が表示されます。
(サインアウト操作をしない限り、サインイン情報はアプリで保持されるようですね^^)
 

 
さて。
ログインが完了したら、次は基本的な使い方(11選)を始め、よく使う小技(10選)等もどんどん学んで、日々の業務効率化に取り入れていきましょう。
 

 

ダウンロード後、初回サインインまでの全て【Android】

 

1.Slackアプリをタップすると、初期画面が表示されます。
 
今回は、事前にアカウントの登録は完了しているため、上の『SIGN IN』を選択します。
 
※『CREATE A TEAM』に進みたい方には、以下記事がオススメ。
関連記事:スマホだけでSlackを始める一連の流れ

今回はすでに作成済みのワークスペースにログインするため「SIGNIN」をタップ
2.登録したワークスペースのURLを入力します。
ワークスペース名URLを半角英数字で入力
3.次に、登録のメールアドレスを入力し、次に進みます。
あなたの登録メールアドレスを入力
4.登録時のパスワードの入力方法を選択します。
 
パスワードが長い場合(赤)
『Send magic link』をタップすると、登録メールアドレス宛にメールが届き、パスワードを入力せずに認証を完了させることができます。
 
パスワードが短い場合(黄)
『Type password』をタップし、パスワードを入力
します。
マジックリンクは赤を、パスワード入力はオレンジをタップ
 
『マジックリンクを送信』をタップした場合(赤)
 
このようなメールが登録メールアドレスに届きます。
 
『Sign in to Slack』をタップするだけで、パスワード入力を省略してログインできます。
マジックリンク・メールのボタンをクリックするとパスワード入力なくログイン可能
 
お疲れ様でした!
これで初期設定は完了です。
 
このような画面が表示されたことを確認して下さい。
パスワード認証完了すればメイン画面に

 

ちなみに、今後はこのアプリを終了しても大丈夫。
再度アプリを起動すると自動的にサインインされ、ログイン後のメイン画面が表示されます。
(サインアウト操作をしない限り、サインイン情報はアプリで保持されるようですね^^)
 

 
さて。
ログインが完了したら、次は基本的な使い方(11選)を始め、よく使う小技(10選)等もどんどん学んで、日々の業務効率化に取り入れていきましょう。

Slack連携でオフィスDXを進めましょう!

・リモートワーク環境が整わず、出社しなければいけない従業員がいる
・社内をフリーアドレスにしたいけど移行できずにいる
来客対応がアナログなまま効率化できてない
経団連が発表した「来訪者履歴」が自動で取れていない
Slackをベースに効率化をしていきたい
 
などの課題があれば、RECEPTIONISTで即解決しましょう!

無料資料で詳細を見る

RECEPTIONIST資料請求

TAG
タグ

Slack integration
スラック連携

NEW
新着記事