NEW
新着記事

【連携】Slackで簡単にチャットミーティングを始められる「Geekbot」使い方

Slackの利点とは、なんといってもbot(ボット)を使って業務を効率化できるところにあります!
 

なにより、Slackが連携できるサービスの数は300種類以上もあるのです。
 

そのなかでも今回はSlackで簡単にチャットミーティングを始められるツール、「Geekbot」を紹介します。導入方法から、ミーティングの始め方などの使い方を詳しく解説しますので、業務の効率化に役立ててみてくださいね。
 



スポンサードリンク

Geekbotとはどんなボット?

 

Geekbotとは?

 

GeekbotはSlackで使えるボットで、公式にスタッフからもおすすめされているボットアプリです。チャット上でミーティングが簡単にでき、定期的に行う簡易ミーティングや出退勤にも使用可能です。業務報告のミーティングや、毎回話す内容が決まっているミーティングなどを簡素化できるのがポイントです。
 
なお有料ではありますが、最初の30日間はフリーで使うことが可能です。
 

Geekbotで生産性がアップできる理由

 

Geekbotを使うと定期的に行われるミーティングに時間を割くことがなくなります。毎日の進捗報告や定期的な報告会のようなミーティングの場合、話す内容は決まっているものです。
 
時間を決めてミーティングするのではなく、時間になったらGeekbotと会話する感じで報告すれば内容が全員にまとめて周知されます。Slack上の会話なのでミーティング会場に足を運ぶ必要もありませんし、回答する場所も、読む場所も選びません。期限に間に合うのであれば、都合の良い時間に確認することができるのです。
 
作業効率の面でも有用です。あらかじめGeekbotに設定しておくだけで時間になれば通知され、回答者はそれに回答していくだけでOKです。
 
設問者にとっても回答者にとっても効率がよくなるため、全体の時間効率を向上させる効果が期待できます。
 

Geekbotの導入方法

 

Geekbotを導入する方法はとても簡単です。Geekbotのページから、Add to Slackのボタンをクリックするだけです。これでボットが使えるようになります。 
 

 
後は、使いたいチャンネルでGeekbotを招待して使えるようにすれば、該当のチャンネル内で使えるようになります。
 

Geekbotでのミーティングのやり方

 

ミーティングのスタート方法

 

Geekbotでミーティングを始める際の設定方法について説明します。まずはタイトルを決めましょう。タイトルは日本語が使えます。30文字以内で設定してください。
 

  
次にミーティングを行う時間の設定を行います。scheduleという文字の左にある鉛筆マークをクリックすると以下の画面になります。
 

 

曜日はクリックした部分が、青く反転します。反転した日が、ミーティングを行う日になります。時間はミーティングの質問を発する時間です。自由に設定できます。
 
次は質問内容を決めていきます。
 

 

最初に質問を始める前の導入文を決めます。デフォルトでも構いませんが「おはようございます」のような挨拶から始めると気分よく回答できるかもしれません。楽しく始められるような文章にしましょう。
  
質問は上から順番に表示されます。4つで足りない場合は、Addから増やしていくことができます。4つも必要ない場合には、一番右のマークにマウスを乗せると消すことができるコマンドが表示されます。そこから色を付けたり、ヒントを付けたりすることもできますよ。
 


 

最後に、回答終了後のメッセージを記述して完了です。完了したら、Applyボタンをクリックします。
 

 

ミーティングにて聞きたい項目の設定は、これで完了です。
 
Broadcast channelで回答を報告するチャンネルを決め、最後にミーティングに参加する人を決めます。
 

 

SyncボタンをONにすると、チャンネル内のメンバーから選択できるようになりますよ。
  
以上で、ミーティングの設定は完了です。
 

ミーティングの応対方法

  

ミーティングのスタートから、回答の方法を説明します。
 

 

Geekbotからの質問に、1つ1つ回答していきます。ボットと会話しているかのような感じで回答できますよ。すべての回答が終わると、回答を共有するチャンネルに以下の図のように配信されます。
 


 

チャンネルに招待されている人に周知されるので、集まらなくてもその内容がチャットで把握できます。
 

Geekbotで使えるコマンド

 

通常使えるコマンド

 

通常、いつでも使えるコマンドについて解説します。まずは「help」コマンドを使い、使えるコマンドのリストを表示させてください。
 

 
Generalコマンドが、通常いつでも使えるコマンドになります。
 

  • dashboard:Geekbotの管理画面のURLを表示します。
  • report:好きなタイミングで質問を開始してくれます。
  • engagement:今までの回答回数を、回答したメンバーごとに確認できます。
  • engagement today:今日の回答数を、メンバーごとに確認できます。
  • pause for (x) days:全ての質問をx日間停止します。
  • resume:停止していた質問を再開します。

 

質問中に使えるコマンド

 

ミーティングの質問に答えている最中に使えるコマンドを解説します。Helpで表示されるコマンド一覧の中で、During a standupとなっているものが質問中に使えるコマンドとなります。
 

  • nothing, none, nope, no, –:質問の最中に回答する内容がない場合などに、その質問をスキップすることができるコマンドです。
  • cancel:質問を中止するコマンドです。
  • pause for (x) days:今聞かれている質問をx日間停止するコマンドです。Generalコマンドは全てが停止しますが、こちらは聞かれている質問にだけ有効となります。

 

まとめ

 
Geekbotがどういうボットで、何に使えるのか、そして使用方法を紹介しました。特に英語を読むのが苦手な人に参考にしてほしいです。Slackはとても便利なチャットツールですが、このようなボットを使うとさらに便利で効率良くコミュニケーションが図れますよ。

Slack連携でさらに業務効率化へ

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、Slackを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できる職場になります。

詳細を見る!

NEW
新着記事

css.php