Slackの新機能ハドルミーティングの使い方解説!オフィスでの立ち話をオンライン上で実現

Slackが2021年にリリースした「Slackハドルミーティング」をご存じでしょうか?
 

リモートワークがここまで普及する前は、同僚の席でのちょっとした会話や、廊下での立ち話などで仕事の話をしていたかと思います。
 

わざわざZoomやWEB会議をつなぐまでもないけど、いちいちテキストで説明するのはちょっと面倒だな
 

そんな時のコミュニケーションをオンライン上で実現するのが、この「Slackハドルミーティング」です。この記事では、Slackハドルミーティングの使い方について紹介していきます。
 



Slackハドルミーティングとは

Slackハドルミーティングとは、Slackのワークスペース内のメンバー間での音声会話が簡単にできる新機能です。
 

SlackのチャンネルやDMから1クリックで会話を始めることができ、同じチャンネル内のメンバーならば誰でも自由に会話に参加できる仕組みになっています。
 

そもそもハドルミーティング(Huddle Meeting)とは、アメリカンフットボールの試合中に行われる短い戦略ミーティング(Huddle)に由来する、短い会議スタイルのことを指します。
 

あらかじめ日程や出席者を決めて会議室を準備するような正式な会議ではなく、オフィスの共有スペースなどで行われる10~30分程度の「軽い打ち合わせ」のイメージです。

Slackハドルミーティングは有料プランユーザー向けに提供

Slackハドルミーティングは、Slackの有料プランユーザー向けに提供されている新機能です。
 

ただし、Slackハドルミーティングを開始するユーザーが有料プランユーザーであれば、同じワークスペース内のゲストユーザーや、Slackコネクトでワークスペースに参加している外部ユーザーもSlackハドルミーティングに参加できます。
 

また、2021年9月現在、Slackハドルミーティングを利用できるのは、SlackアプリとGoogle Chromeブラウザのみなので、ご注意ください。
 

Slackハドルミーティングの始め方

Slackハドルミーティングは以下の画像のように、Slackの画面から1-2クリックで簡単に始められます。
 

Slackハドルミーティング_GIF
 

ここではデバイスごとの始め方をそれぞれ説明していきます。

デスクトップPCの場合

1. Slackハドルミーティングを始めたいメンバーとのチャンネルまたはDMを開きます。
 

2.サイドバーの左下隅にある ヘッドフォンのトグルボタン(ON/OFFボタン)をクリックします。またはショートカットキー[Command +Shift + H](Mac)、[Ctrl + Shift + H] (Windows/Linux)を押します。
 

これでSlackハドルミーティングが開かれ、左下隅にチャンネル名が表示されます。
参加を待っている間は「Just you right now」と表示され、参加者が集まると「○ in the huddle」と参加人数が表示されます。
 

チャンネル名のバーをクリックすると、誰が参加しているかが表示されます。
 

アイコンの機能紹介

 
Slackハドルミーティング_アイコン
 

Slackハドルミーティングでは、1クリックで簡単にいくつかの機能が利用できます。
 

  • マイクアイコン:マイクのミュートON/OFFが切り替えできます
  • 画面アイコン:自分の画面をメンバーに共有できます
  • メンバー追加アイコン:特定の人をハドルミーティングに招待できます。同じワークスペース内であれば、チャンネル外のメンバーも招待が可能です

 

1点、WEB会議と違う点は、カメラが利用できないという点です。相手の顔や表情を見て会話をしたい場合は、SlackコールまたはWEB会議ツールを使用しましょう。

スマートフォン(モバイル)の場合

スマホでSlackハドルミーティングを始める場合でも、ほとんど同じ手順で開始できます。
 

Slackハドルミーティング_モバイル
 

1. Slackハドルミーティングを始めたいメンバーとのチャンネルまたはDMを開きます。
 

2.スマホ画面右上隅のアンテナアイコンをタップします。
 

スマホの場合、PCと違って画面共有は使用できませんので、ハドルミーティングを主催する場合はPCでの使用がおすすめです。
 

Slackハドルミーティングで使える機能

ちょっとした会話をオンライン上で実現するSlackハドルミーティングですが、通常のWEB会議ツールにも劣らずさまざまな機能が実装されています。ここではそれらの機能を紹介します。

画面共有

WEB会議ツールでは当たり前の機能ですが、Slackハドルミーティングも画面共有に対応しています。
 

全画面とウィンドウごとの共有が可能なので、PDF資料の共有や実際に画面操作をしながらの共有が可能です。

ライブキャプション(字幕機能)

Slackハドルミーティングで会話した内容を自動で文字起こししてくれる「ライブキャプション機能」も実装されています。ただし、現在は英語のみの対応なので、日本語での会話には対応しておりません。
 

しかし、今後日本語対応が実装されれば、ちょっとした会話すらも議事録作成してくれるので大いに役立ちそうです。

Slackハドルミーティングではカメラは使えない

Slackハドルミーティングでは、カメラが使えない点は注意が必要です。あくまで「ちょっとした会話」に特化しているため、カメラ機能は実装しなかったのでしょう。
 

相手の顔や表情を見て会話をしたい場合は、SlackコールまたはWEB会議ツールを使用しましょう。

SlackハドルミーティングとSlackコールの比較

SlackハドルミーティングとSlackコールの比較は以下のようになっています。
 

機能 Slackハドル Slackコール
使えるプラン 有料プランのみ 全て(フリープランは1対1のみ)
最大参加人数 50人 14人(フリープランは1対1のみ)
カメラ利用 できない できる
画面共有 できる できる
Slackコネクト連携 設定で切替可能 できる

 

まだSlackハドルミーティングはリリースされたばかりなので、これからどんどん改良されていくことが予想されます。
 

Slackハドルミーティングの設定を解説

最後に、Slackハドルミーティングにもいくつかの設定が存在します。
 

Slackから自身のアイコンを選択し、「環境設定」→「音声とビデオ」と進むと、以下の設定画面があわられます。
 

Slackハドルミーティング_設定
 

  • ★:ステータスを「ハドルミーティング中…」に設定する
    ハドル開始時にSlackステータスが変更になります。デフォルトではオン
  • マイクをミュートする
  • ハドルミーティングでは自動的にキャプション(字幕機能)をオンにする
  • ★:チャンネルの中で 150 人を超えるメンバーでハドルミーティングを始める時に警告を送信する
  • ★:Play music to let you know when you’re the last one in the huddle
    自分が最後の1人に残った場合、通知音がなります。

 

★がついている項目はデフォルトでオンになっている設定です。
 

今後の機能実装によってまた変わってくるとは思いますが、当面日本語で使用する場合は、デフォルトの設定で使う分には不自由しないでしょう。
 

まとめ

 
Slackハドルミーティングは、「テキストメッセージとWeb会議の中間」に位置づけられるコミュニケーションを目的としており、まさにコロナ禍以前のオフィスでのコミュニケーションをオンラインで再現できる機能です。
 
これからもますます使いやすくなっていくSlackを使いこなして、皆さんのビジネスコミュニケーションをアップデートしていきましょう!

テレワーク&オフィスのコロナ対策できてますか?

2021年こそ働き方をアップデートする最後のチャンス

経団連が発表した「来訪者履歴」が自動で取れていない
・取引先との打ち合わせの日程調整に1分以上かかってる
テレワーク環境が整っていない。
来客対応がアナログなまま効率化できてない
チャットをベースに効率化をしていきたい!

などの課題があれば、RECEPTIONISTで即解決しましょう!すでに3500社以上が実践している解決方法は以下から。

無料資料で詳細を見る
RECEPTIONIST資料請求

TAG
タグ

Slack integration
スラック連携

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事