NEW
新着記事

Gmailに受信した特定メールのみをSlackに通知する方法

ビジネスシーンをはじめとして、コミュニケーションツールとして多くの人が活用しているGmailとSlack。
 

作業効率化のためにも、うまく連携しながら最大限に有効活用したいものですよね。
 

今回は、Gmailで受信した特定のメールのみをSlackへ通知する方法について解説してきます。
 


Slackでメールを受信する機能はどんな人が使える?

Slackでは、Gmailで受け取ったメールを転送させる機能があります。双方のサービスを活用するユーザーに重宝される、優れた機能のひとつです。
 

対象ユーザーはゲスト以外のメンバー全員となっているのがポイントです。Gmailに受信した特定メールのみをSlackに通知するには、主に2つの方法があります。
 

転送用メールアドレスを使った方法の場合、全てのプランで利用できるのが特徴です。
 

一方、メールアプリを使った方法は、スタンダードプラン・プラスプランに限定されます。
 

プランによって方法が若干異なるので注意しておきましょう。
 

転送用メールアドレスを使った通知方法

ここでは、Slackの登録メールアドレスがGmailアドレスの場合の方法をご紹介します。
 

用意するものは2つ

全てのプラン利用者でゲスト以外のメンバーが利用できるのが、転送用メールアドレスを使った方法です。
 

まず、GmailアカウントとSlackのワークスペースを用意しましょう。すでにワークスペースがある場合はそれを流用すればOKです。
 

テスト用など新規でワークスペースを作成する場合は、サインイン画面から新たにワークスペースを作成しておく必要があります。
 


 

次に、以下のようにアカウント登録しているGmailアドレスを入力してください。
 

指示に従って「プロジェクト名」「社名またはチーム名」を入力し次へ進むと、新しいワークスペースが完成します。
 

 

Slack 上で転送先メールアドレスを取得

Slack上の左上にあるワークスペース名(テスト)をクリックすると、メニュー画面が表示されるので、環境設定をクリックします。
 


 

次の画面に進み「メッセージ&メディア」をクリックしたら、環境設定画面が表示されるので、次の画面の最下部にスクロールダウンします。
 

 

最下部に「Slackへのメールの転送」について表記があるので、「転送先メールアドレスを取得する」をクリックします。
 

 

転送先メールアドレスが表示されるのでコピーし、保存します。
 

Gmail上で転送先指定

次に、Gmail画面を開きます。画面左上あたりにある歯車マーク「設定」をクリックしてください。
 

「メール転送とPOP/IMAP」タブをクリックし、転送先メールアドレスを追加をクリックして先に取得しておいた転送メールアドレスを入力します。
 

 

その後、確認メールがSlackに届くので、リクエスト承認をします。
 

承認画面が開いたら「確認」をクリックすると承認され、転送できるようになります。
 

 

特定のメールを転送するように設定するには、フィルタを作成する必要があります。
 

まずは「転送を無効にする」に設定しておきます。
 

次に「転送アドレスを追加」の下部にある「フィルタを作成」をクリックし、手順に従って設定すれば完了です。
 

Gmail上で動作確認

動作確認のため、Gmailアドレス宛てに別アドレスでメール(特定のメール指定したもの)を送信してみてください。
 

正しく設定できていれば、Slackの画面を開くと、新規メールが届いているのが確認できます。
 

メールアプリを連携させて通知する方法

メールアプリを連携させて通知する方法は、スタンダード・プラスといった有料プランの利用メンバーが使用できます。
 

デスクトップ画面から設定できるので、以下で具体的にご紹介します。
 

Emailのアプリを追加する

まずは、連携させるメールアプリを追加します。
 

SlackのAppディレクトリから、 メールアプリを検索することができるのでチェックしてみましょう。
 

Emailアプリが見つかったら、インストールします。
 

すでにインストール済みでワークスペースにある場合は設定を追加しておきましょう。
 

 

次に、「チャンネルへの投稿」メールを転送するチャンネルもしくはDMを選択し、「メールアドレスインテグレーションの追加」をクリックします。
 

アプリの設定内容を確認し、ラベル・名前などそれぞれカスタマイズし、インテグレーションを保存すれば完了です。
 

Gmailを設定する

Gmailの画面を開くと、Slackからメールが届いています。
 

「メール連携が作成されました:メールアドレスはこちらです!」という表記があるので、転送先のメールアドレスの部分をコピーします。
 

次は、転送先メールアドレスを使用する方法と同じように、Gmail歯車マーク「設定」をクリックしてください。
 

そこから「メール転送とPOP/IMAP」→「転送先アドレスを追加」の順にクリックしていきます。
 

先にコピーしておいたアドレスを入力すると、転送用メールアドレスが登録完了です。
 

特定メールの設定方法も、転送メールアドレスを使った方法と同じように「新しいフィルタを作成」の手順で進めていきます。
 

「次のアドレスに転送する」にチェックし、転送用メールアドレスを入力してフィルタを作成させます。
 

メールが転送されるので確認する

最後に転送の確認をします。
 

フィルタで設定した内容のメールをテスト送信してみましょう。1点注意として、送信者が特定できないメールについては届きません。
 

フィルタ設定の内容をきちんと確認してから行いましょう。
 

まとめ

GmailもSlackもとても便利なツールです。
 

さまざまなシーンで活用するからこそ、うまく連携して2倍便利に使いこなしたいものです。
 

今回の方法を用いれば、Slackの画面だけで、Gmailに届いているあらかじめ指定した重要なメールをリアルタイムで確認することができます。
 

ぜひ新たに設定してみましょう。

日程調整から来客受付までを自動化へ

クラウド受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

NEW
新着記事