Slackで招待リンク・メールから本登録する一連の流れ【メンバー向け】

Slackに登録するよう連絡が来たけど、どうやるの?
 

というわけで、今回は招待リンク・メールを受け取った方が、Slackで本登録を完了するまでの一連の流れを追いかけていきます。
 

大丈夫。
早ければ、5分もかからず登録できますよ^^

 

 



届いた案内は、招待リンク(URL)?それとも招待メール?

Slackの1つの組織は、ワークスペースと呼ばれます。
 

ワークスペースに所属するメンバーであれば誰でも、メンバー同士で個人チャットを行ったり、パブリックチャンネルを自由に出入りすることができます。
 

というわけで、ワークスペースに本登録しましょう。
 

あなたに届いているのは、招待リンク(URL)? or 招待メール?
 

 

招待リンク(URL)をクリックして本登録する方法

まず、招待リンクのURLをクリックすることで始めていきます。
 

メールアドレスを入力し、ボタンをクリック

▼ クリックすると、拡大表示します

メールアドレスを入力して緑ボタンをクリック
届いているメール本文のボタンをクリック
招待メール本文の緑ボタンをクリック
氏名とパスワードを入力し、「次へ」をクリック

▼ クリックすると、拡大表示します

氏名とパスワードを入力して「次へ」
同意規約を読み、最後に一番下の「同意する」をクリック

▼ クリックすると、拡大表示します

利用規約に同意します
招待したい他の社員がいなければ、左の「後で」をクリック

▼ クリックすると、拡大表示します

他に招待したいメンバーがいればここで追加してあげましょう

チュートリアル(初回ツール説明)が始まります。
 

操作方法を知りたい場合、「チュートリアルをスタート」しましょう。
※Slackbot(スラックボットという案内用システム)の案内をもとに、基本的な使い方を実践しながら学ぶことができます。
 

もし、自分で操作しながら学ぶ場合には、下の「チュートリアルをスキップ」をクリック

▼ クリックすると、拡大表示します

チュートリアルを行うか、スキップの選択が可能

いずれにしても、チュートリアル後にこのメイン画面が表示されます。
(今回の画像は、チュートリアルスキップを選択した場合のメイン画面表示です。)
メイン画面が開く

 
さて。
ログインが無事に完了したら、次は基本的な使い方(11選)を始め、よく使う小技(10選)等もどんどん学んで、日々の業務効率化に取り入れていきましょう。
 
また、PC用アプリスマホ用アプリのインストールも今のうちに。
 

 

招待メールから本登録する方法

まずは、招待メール本文のボタンをクリック
日本語の場合の招待メール例
氏名とパスワードを入力し、「次へ」をクリック

▼ クリックすると、拡大表示します

氏名とパスワードを入力して「次へ」
同意規約を読み、最後に一番下の「同意する」をクリック

▼ クリックすると、拡大表示します

利用規約に同意します
招待したい他の社員がいなければ、左の「後で」をクリック

▼ クリックすると、拡大表示します

他に招待したいメンバーがいればここで追加してあげましょう

チュートリアル(初回ツール説明)が始まります。
 

操作方法を知りたい場合、「チュートリアルをスタート」しましょう。
※Slackbot(スラックボットという案内用システム)の案内をもとに、基本的な使い方を実践しながら学ぶことができます。
 

もし、自分で操作しながら学ぶ場合には、下の「チュートリアルをスキップ」をクリック

▼ クリックすると、拡大表示します

チュートリアルを行うか、スキップの選択が可能

いずれにしても、チュートリアル後にこのメイン画面が表示されます。
(今回の画像は、チュートリアルスキップを選択した場合のメイン画面表示です。)
メイン画面が開く

 

 

さて。
ログインが無事に完了したら、次は基本的な使い方(11選)を始め、よく使う小技(10選)等もどんどん学んで、日々の業務効率化に取り入れていきましょう。
 

また、PC用アプリスマホ用アプリのインストールも今のうちに。

チャット連携で来客業務を自動化へ

まだ来客業務を人任せにしていませんか?

来客前の日程調整のコミュニケーション
スケジュールや会議室の仮押さえ、日時決定時の削除作業
「空いている会議室がわからない」などの会議室管理
来客時、「席にいない」「会議中」「会社にいない」など担当者への取次苦労
Pマーク対応の来客履歴の管理

これらを自動化できるRECEPTIONISTでは、チャット連携をすることで来客の度に働く社員の仕事を止めません。

無料資料で詳細を見る
RECEPTIONIST資料請求

TAG
タグ

Slack integration
スラック連携

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事