【2021年最新】Google Meetの使い方まとめ|無料ユーザーにも開放されて超便利&初心者でもカンタン!

テレワーク全盛のこのご時世、Googleの様々な製品を使って業務を遂行しているという方も多いでしょう。

 

Googleの製品を利用するなら、オンラインチャット・会議ツールもGoogle製で揃えると何かと利便性は向上します。

 

そこでここでは、Google Meetの使い方について網羅的にご紹介していきます。

 

後にも記載しますが、Google Meetはもともと有料ユーザー向けのツールとなっています。

 

そのためクライアントや取引先などのユーザーが組織一律でGoogle Workspace(旧G Suite)を導入している場合、必然的にGoogle Meetの利用頻度が高まると言って良いでしょう

 



【前提】Google Meet=旧Hangouts Meet!

前提としてお伝えしておくべきことがあります。

 

Google Meet=旧Hangouts Meetと呼ばれていました。

 

Hangouts MeetがGoogle Meetに名称変更されていることは覚えておきましょう。

 

もともとこのツールは有料ユーザー向けの製品となっており、無料で気軽に利用するといった利用シーンは正味、あまり多くはありませんでした。

 

とはいえ2020年5月に新型ウイルス感染症対策のため、テレワーク推進を支援する目的でGoogle Meetを含むGoogle Workspace(旧G Suite)のサービスが無料公開されていた時期があり、このことから最近ではGoogle Meetを含めたGoogle Workspaceを導入している企業も多くなってきた印象です。

 

また、またGoogle Meetは無料でも一部の機能を利用することが可能となっています。

 

Google Meetの使い方(できること)

Google Meetの使い方・できることをご紹介していきます。

 

大きく分けて

  • チャット
  • 音声通話
  • 画面共有
  • 会議の録画・保存

 

がメインとなります。しかしこれらの一連の動作がGoogle製のツールで使用できることは、Googleの他のクラウドサービスを利用している人にとってとても利便性の高いことと言えるでしょう。

 

チャット

まずはチャットです。一般的なビジネスチャットではChatWork・Slackなどを利用されている方が多いでしょう。

 

しかしこれらのチャットツールは大原則としてユーザー登録が必要だったり、相手先がこれらのツールを導入していることが大前提でした。

 

つまり自社で使用しているチャットツールがChatWorkで、相手先がSlackを使っている場合は相互の連携が原則不可能です。

 

そこで具体的な運用スキームとしては両方のチャットツールを導入し、自社内でのやり取りおよび「自社にイニシアチブのある案件」はChatWorkで、反対に相手先から受託したプロジェクトの進行など「相手方にボールがある案件」の場合は相手に合わせてSlackを使用するなど、やや煩わしいやり取りが必要でした。

 

ところが、Google Meetの場合はGmailアカウントひとつあれば即座に相手とのチャットが利用可能となっています。

 

google meet_使い方_チャット

 

「ChatWork/Slackアカウントは持っていないが、Gmailのアカウントなら個人的に使用しているのでスマホに入っている」というケースは、世界レベルで見てもかなり多いのではないでしょうか。

 

というのもGoogle Meetはもともと、Hangoutsというチャットツールの流れをくむ製品です。

 

そのため、相手にツールの導入をお願いするなど煩わしいステップが必要ないケースの方が多いでしょう。

 

また筆者の個人的な経験則で恐縮ですが、Google MeetやHangoutsのチャット機能は

日本よりも海外でよく使われている印象があります。

 

筆者の実体験ベースの話として、海外のコーディネーターと連絡を取る際や海外にオフショア業務を発注する際、相手方がHangoutsやGoogle Meetだと極めてスムーズに相手との連携が取れることが多い印象です。

 

音声通話

Google Meetなら音声通話も可能です。

 

google meet_使い方_音声通話

 

それも普段使用しているGmailの画面のサイドバーからすぐに音声通話ができるなど、利便性が極めて高いのが特徴です。

 

極めて高品質でクリアな音声となっており、遅延も(通信環境によるものの)ほぼ気にならないレベルです。

 

海外ともスムーズにやり取りができるため、音声通話は特に重宝しているという方も多いのではないでしょうか。

画面共有

ビジネスチャットツールやオンライン会議で必須項目なのが画面共有です。

 

Google Meetでは画面共有も可能となっています。画面共有の方法も極めてシンプルかつわかりやすいため、直感的に使用できます。

 

google meet_使い方_画面共有

 

Google Meetの画面共有に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

 

【有料のみ】会議の録画・保存

有料版のみ使用できる機能の一つに、会議の録画・保存があります。

 

会議を録画してGoogleドライブに保存することで極めて使い勝手の良い、会議の録画データを生成することが可能です。

 

google meet_使い方_録画

 

ツールによっては独自の形式や独自の保存先で、限定的に利用できる録画データが生成されるケースも想定されます。

 

Googleの場合は極めて利用人口の多いGoogleドライブに録画データを保存できることから、極めて共有関係の使い勝手が良い印象です。

 

会議でGoogleMeetを使用した場合の録画・保存に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。あわせてご覧ください。

 

Google Meetで会議をする方法

PCからGoogle Meetで会議をする方法をまとめました。具体的にはPCスマホそれぞれから会議の開催が可能です。

 

ここではそれぞれの端末から会議を開催する方法をステップバイステップ形式でご紹介していきます。

 

【PC】Googleカレンダーから会議を開始する

Googleカレンダーから会議を開始する方法をご紹介していきます。

 

こちらはPC版の利用を想定した解説となっています。

 

事前に用意すべきものはGoogleアカウント・PCとなります。

 

会議の日程にイベントを作成

会議の日程にイベントを作成します。

 

作成する方法はとても簡単です。

 

グーグルカレンダーを開きます。

 

グーグルカレンダーを開いたら会議を行いたい日程にイベントを作成します。時間帯も指定可能です。

 

google meet_使い方_カレンダー1

 

イベントの詳細などもここで追加できるため、可能であれば先に詳細を書き込んでおくと後々利便性が高いと言えるでしょう。

 

ビデオ会議を追加

ここにビデオ会議を追加します。

 

google meet_使い方_カレンダー3

 

ビデオ会議を追加する方法は画像で指し示した通りです。

 

参加者を招待

参加者を招待します。

 

参加者を招待する方法は連絡先から選ぶ方法と、相手のGmailアドレスなどGoogleアカウントを直接入力する方法があります。

 

google meet_使い方_カレンダー2

 

画像では相手先のGmailアカウントを直接入力することにより参加者を招待しています。

 

当日にURLをクリックして会議を開始

イベント当日・開始時刻が近づいてきたらイベントの画面からURLをクリックしましょう。

 

こうすることで会議室に入室可能となります。

 

google meet_使い方_カレンダー4

 

ちなみにこの時Googleカレンダーに記載されていURLは会議室の入口というイメージでよいでしょう。

 

つまり招待されている人であれば誰でもこのURLをクリックすることにより、会議室に入室が可能となっています。

 

google meet_使い方_カレンダー5

 

 

【PC】Google Meetから会議を開始する

Google Meetから会議を開始する方法をご紹介します。

 

先程ご紹介したカレンダーの方法ではなくGoogle Meet本体から会議を開始する方法です。

 

こちらの方が人によってはシンプルで使いやすいと感じる方も多い印象があります。

 

Google Meetを開き「新しい会議を作成」をクリック

Google Meetを開きましょう。

 

開いたら「新しい会議を作成」をクリックします。

 

google meet_使い方_新しい会議

 

この段階で即座に会議室が押さえられるイメージです。

 

先程ご紹介したカレンダーの方法は将来の日付で会議室を抑えるイメージで、こちらは即座に開いている会議室をゲットするイメージです。

 

参加者を招待する

続いて会議に参加する参加者を招待しましょう。

 

google meet_使い方_新しい会議2

 

ここではURLをクリックすれば一発で会議参加が可能な共有URLを送る方法と、ユーザーを指定して招待を送る方法の二通りがあります。

 

会議を開始する

参加者の招待が完了したら会議を開始しましょう。

 

google meet_使い方_新しい会議3

 

先に会議室に入って参加者を待つイメージです。

 

【PC】Gmailから会議を開始する

Gmailから会議を開催する方法もあります。

 

この方法が最もシンプルかつやりやすい方法と言えるでしょう。

 

Gmailを開く

まずはPCのブラウザからGmailを開きましょう。

 

google meet_使い方_gmail1

 

こんな画面が出てくるはずです。

 

サイドバーから「会議を新規作成」をクリック

サイドバーから「会議を新規作成」をクリックしてください。

 

google meet_使い方_gmail2

 

「今すぐ開始」をクリック

「今すぐ開始」をクリックすると、ひとまずオンライン会議が開始されます。

 

google meet_使い方_gmail3

 

会議開始後に新たに参加者を招待することも可能です。その他参加者を招待するリンクを送付する方法もあります。

 

【スマホ】Googleカレンダーアプリから会議を開始する

スマホのGoogleカレンダーアプリから会議を開始する方法があります。

 

カレンダーアプリから参加したい予定・イベントをタップ

カレンダーアプリから参加したい予定またはイベントをタップしてください。

 

google meet_使い方_スマホから1

 

「Google Meetに参加する」をタップ

「Google Meetに参加する」をタップします。

 

google meet_使い方_スマホから2

 

「今すぐ参加する」をタップ

最後に「今すぐ参加する」をタップで会議への参加が可能です。

 

【スマホ】Google Meetアプリから会議を開始する

Google Meetアプリから会議を開始する方法もあります。

 

Google Meetアプリを開く

まずはGoogle Meetアプリを開きましょう。

 

google meet_使い方_アプリ1

 

会議コードを入力

会議コードを入力することでGoogle Meetで参加したい会議を特定できます。

 

google meet_使い方_アプリ2

 

会議に参加をタップ

会議室が見つかったら参加をタップしましょう。

 

URLから参加もOK

事前に共有されている招待URLから参加することも可能です。

 

Google Meetの利用料金は?無料版との機能の違いは?

大原則として無料です。

 

ただし、一部機能をアンロックしたい場合は月額1360円から利用可能となります。

 

というのもGoogleの有料プランであるGoogleワークスペースの月額費用がコースによって異なるため、最もリーズナブルに参加できる金額が1360円ということになります。

 

ちなみにこのプランはビジネススタンダードと呼ばれるプランで、これよりも下の有料プランにビジネススターターというものがあります。

 

しかしビジネススターターはGoogle Meetの録画機能など一部機能が利用できないケースもあります。

 

録画機能までフルコースで使用したい場合はビジネススタンダード以上のプランを選択する必要があります。

 

Googleワークスペースの有料プラン費用一覧は以下の通りです。

 

google meet_使い方_価格表

 

※画像出典:Google Workspace(旧称 G Suite): お支払いプラン

 

まとめ

今回はGoogle Meetの使い方について網羅的にご紹介してきました。

 

結論としてGoogle MeetはPCスマホ両方からスムーズに使用することができ、なおかつGoogleユーザーは手持ちの環境で即座の会議参加や利用が可能ということがおわかりいただけたかと思います。

 

取引先との日程調整、まだ手動でやってますか?

2021年は日程調整を自動化し、たった10秒で完了です!

WEB会議の手間を減らしたい
日程調整の手間をなくしたい
・空いてる日程を選んでテキストにするのが面倒
・日程と会議室の仮押さえと削除が面倒
・日程調整よりも資料作成の時間がほしい
ブッキングを回避したい

日程調整ツール「調整アポ」は、GoogleカレンダーやOutlookカレンダー上記のような課題をサクっと解決するツールです。詳しくは、以下からご確認ください。

無料資料で詳細を見る
RECEPTIONIST資料請求

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事