talknoteで従業員エンゲージメントをアップ!経営課題を解決しよう

従業員エンゲージメントとは従業員が会社をどのくらい信頼し、愛着を持っているかの指標です。
 

企業が抱えている課題の多くは、従業員エンゲージメントの向上で解決可能。
 

今回は従業員エンゲージメントに関するナレッジと、改善に役立つツールであるTalknoteをご紹介します。
 


成長できない企業が抱えている経営課題とは?

離職率が高い

成長できない企業が抱える課題の1つが、離職率の高さ。
 

従業員は企業にとっての財産であり、コストと時間をかけて育て上げた優秀な人材があっさり離職してしまうのは大きな痛手です。
 

離職されるのには自分への評価が低い、将来性を感じられない、仕事へのモチベーションが低い、などさまざまな原因が考えられます。
 

従業員の過重労働

過重労働が特別なことではなく、日常的に行われている企業は成長ができません。
 

過重労働は従業員の離職率にもつながりますし、企業への愛着を薄れさせてしまいます。
 

問題は、現場の過重労働を上司や上層部が把握できていないこと。
 

この課題を解決するには、なぜ過重労働を把握できないのかを分析し、対応策を講じることが大事です。
 

安定した成果が上がらない

なかなか成長できない企業にありがちなのが、各部署の成績がバラバラで安定した成果が上がらないこと。
 

ある部署は常に成果を上げるのに、ある部署は成果を出せないといったいびつな状態が続くと、部署間の対立が生じやすくなります。
 

原因として考えられるのは、各部署間のコミュニケーションがうまく取れない環境。
 

サポート体制がしっかりしていれば、お互いのマイナスをカバーして全体的に成績を上げることができます。
 

会社(上司)を批判する従業員がいる

成長できない企業には、従業員の間に会社や上司を批判する空気が蔓延していることが多いです。
 

批判の内容は過重労働や待遇、評価など個人的なものの場合が多く、批判の空気は周りの従業員のやる気にも影響を与えてしまいます。
 

原因は上司や上層部と従業員のコミュニケーション不足です。
 

管理者は常に従業員の意見を吸い上げ、従業員の心理面や肉体面での状態を詳細に把握しておく必要があります。
 

成長できない企業の課題と原因について説明しました。
 

次に解決する手段としての従業員エンゲージメントについて紹介しましょう。
 

課題を克服するエンゲージメントとは?

社内コミュニケーションの活発化

成長できない企業が抱える課題の多くは、社内コミュニケーションの不足が原因で発生しているものでした。
 

各部署間の成果がバラバラで不安定な状態は、社内コミュニケーションを活発化すれば解消可能。
 

社内コミュニケーションが活発化すれば情報の共有が進み、部署間の連携が強化、各部署の成績が安定し業績アップに繋がります。
 

社内環境も改善されるので、足の引っ張りあいではなく、お互いを引き上げるプラス方向への活力が生まれるでしょう。
 

従業員のモチベーションが高くなる

従業員エンゲージメントを高める最大のメリットが、従業員モチベーションのアップです。
 

モチベーションが高いと仕事に対する愛着が生まれ、成果につながります。成果が上がると上司からも評価され、それが自信や愛社精神に。
 

モチベーションが上がることによって従業員の生産性がアップし、次につながるという好循環のサイクルが生まれるのです。
 

エンゲージメントに効果的なTalknote

企業を成長させるには、社内コミュニケーションの改善と従業員のモチベーションの向上が重要です。
 

問題はどのように具体化するかですが、効果的な方法の1つにエンゲージメントに特化したツールの導入が挙げられます。
 

エンゲージメントに特化したツールはさまざまリリースされていますが、中でも評価が高いのがTalknoteです。
 

エンゲージメントクラウドとしての機能が充実している点で評価されている、Talknoteについて次は見ていきましょう。
 

Talknoteのエンゲージメント効果とは?

仲間意識を高めることができる

Talknoteには社内コミュニケーション活性化に薬代、仲間意識を高められるツールが搭載されています。
 

例えば「いいね!」スタンプや「オリジナルスタンプ」。
 

好きな投稿や価値ある投稿には誰でも「いいね!」やオリジナルのスタンプを贈れます。
 

これを活用することで、仲間内の無関心や無視といった風潮をなくせるのです。
 

仲間意識が強くなると、お互いの気持ちの通じ合いの中から新しいアイデアも生まれやすくなります。
 

みんなが安心して発信できる

社内コミュニケーションが不足がちになるのは、安心して発信できる環境かどうかが関与しています。
 

こんなこと発信したら笑われるのではないか、批判されるのではないか。
 

そんな不安がマイナス思考を生み、社内環境は停滞していきます。Talknoteは従業員の誰もが安心して投稿できるツールです。
 

公開されているプロフィールを見てお互いを理解しあうことができ、コミュニケーションがしやすくなっています。
 

1人1人のエンゲージメントが可視化できる

Talknoteのすごさは、テクノロジーによって従業員のエンゲージメントが可視化できること。
 

「アクションリズム解析」という独自の機能によって、従業員の仕事のリズムや投稿量、アクセス時間などをデータ化できるのです。
 

例えば投稿量が減っている従業員がいれば、業務への意欲が減退していると判断でき、適切な対応策がとれます。
 

アクセス時間がオーバーしていれば過重労働ではないかとわかり、従業員へのサポートが可能に。
 

Talknoteの導入は、上司や上層部にとっても従業員エンゲージメントを把握するのに役立つわけです。
 

まとめ

 

企業が成長するために不可欠な要素として、従業員エンゲージメントについて説明しました。
 

従業員の愛社精神や仲間意識が仕事へのモチベーションにつながっていきます。
 

そして、それを実現させるツールがTalknoteです。
 

社内環境が停滞していると感じたら、従業員エンゲージメントの低下を疑ってください。
 

この記事を参考にしてTalknoteの導入をご検討くだされば幸いです。

「ビジネスチャット×RECEPTIONIST」連携で、さらなる業務効率化へ

クラウド受付システムRECEPTIONISTは、日程調整も自動化し、来客時の取次業務がなくすことで無駄な時間をカットします。

無料で資料を受取る!

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事