NEW
新着記事

トレロでガントチャートを使うには?作り方と便利な活用術を紹介

タスクやToDo管理で知られるトレロ。
 

仕事でもプライベートでもスケジュールを管理するのに便利と、注目を集めているツールのひとつです。
 

そんなトレロは、拡張機能を使うことで多様な使い方ができるようになる優れもの。
 

今回は、トレロで無料ガントチャートを使うための手順と、便利な活用術についてご紹介していきます。
 


トレロでガントチャートを作る方法とは

トレロは、登録すればすぐ使用可能です。
 

ただし、ガントチャートを作れるようにするには、拡張機能を追加する必要が。
 

ここでは、トレロにガントチャートの作成機能を追加する方法を順に説明していきます。 
 
 

↓ガントチャートについてはまずはこちらの記事からチェック!

 

まずはブラウザをGoogole chromeにしておくこと

そもそも拡張機能とは、chrome拡張(エクステンション)のことです。
 

機能を追加する前に、まずは現在使っているブラウザをGoogole chromeにしておきましょう。
 

Internet ExplorerやMicrosoft Edgeといったブラウザを主流に使用している人は、要チェックです。
 

chromeの拡張機能に「Elegantt for Trello」を追加

Googole chromeを導入したら、chromeの拡張プラグイン「Elegantt for Trello」をインストールします。
 

下記サイトを開き、中央のインストールボタンをクリックします。
 


(参考:Elegantt for Trello
 

クリックしてしばらくすると、上記の画面が表示されます。
 

拡張機能を追加するため、右側の「chromeに追加」をクリックします。
 


 

その後、トレロの画面が開かれるので、画面中央の「Login with Trello」をクリックします。
 


 

クリックした後別の画面が開き、アカウントを利用していいかどうかを確認してきます。
 

「許可」をクリックすれば拡張機能の追加が完了です。
 

実際に「Elegantt for Trello」を使ってみよう

ここまでで、トレロに拡張機能を追加することができました。
 

次に、実際にボードを作成する方法を解説していきます。
 

ボードを作成したら、ガントチャートを表示させてみましょう。
 

ボードを作成する

まずは、新しくボードを作成します。
 

ホーム画面左上のボードリストをクリックすると以下の画面が出るので、「新しいボードを作成」をクリックします。
 


 

ボードタイトルと画面背景の色を選択すると、以下のような新しいボードが作成可能です。
 

次にリストを作成していきましょう。
 


 

リストを作成する

左端にある「リストを追加」をクリックすると、リスト作成画面が表示されます。
 

必要項目を記入し、作成してみましょう。
 

ここでは、プロジェクトA・B・Cの3つと完了、併せて4つのリストを作成してみました。
 


 

リスト名はそれぞれプロジェクトごと、担当者ごとなど、さまざまな活用方法があります。
 

タスクを作成する

各プロジェクトで工程や作業、打ち合わせなど、作業ごとにカードを作成していきます。
 

リストごとの下部にある「カードを追加」をクリックし、カードを作成していきましょう。
 

ここでは、作業期間とラベルを活用してそれぞれ色分けをしています。
 


 

必要なタスクをカードで分割していけば、細かい作業もすっきりわかりやすく分割することができますね。
 

ガントチャートを表示させる

最後にガントチャートを表示させます。
 

赤枠の「Elegantt」をクリックすると、作成したボードの内容がガントチャートで表示されます。
 


 

元の画面に戻したい場合は、「Elegantt」を再度クリックすればOK。
 

無料でガントチャートを簡単に作成できる優れた拡張機能です。
 

トレロのガントチャートの便利な活用方法

Eleganttを活用したトレロのガントチャートは簡単に使えるので、ビジネスシーンで活用する愛好者も多いです。
 

そしてトレロにはElegantt以外にもさまざまな拡張機能があるのですが、ここからは拡張機能を使わずに利用できるガントチャートの便利な活用方法をご紹介していきます。
 

進捗率が自動計算される

ガントチャートでは進捗率が自動計算されます。
 

進捗率は、たとえばタスクが5つだった場合、左端のタスクから順に0、25、50、75、100%といった感じで、タスクの数によって一元的に決定。
 

自動計算なので完全な進捗率とはずれてしまいますが、おおよその進捗把握には役立ちます。
 

表示単位の変更

ガントチャート画面の右上あたりに、表示単位が記載されています。
 

これをクリックすると日単位・週単位・月単位といった形で表示単位を変更することが可能です。
 

また、「Project」をクリックすると、ガントチャート全体が確認できます。
 

ラベルを使ってタスクを振り分け

ボードの作成方法でも紹介しましたが、ラベルの使い方は様々です。
 

作業者別やジャンル別など、タスクを振り分けるのに役立ちます。
 

また、ラベルの色分けははじめから付随している機能で、運用すると視覚的に判別しやすくすることが可能です。
 

きちんと色分けするとやり残し、振り分け忘れなどの漏れも防ぐことができます。
 

まとめ

トレロはデフォルトの画面でも十分便利で見やすいのが特徴です。
 

ただ、これまで他のツールを使ってガントチャートを活用していたビジネスパーソン・企業も多いのではないでしょうか?
 

トレロはchrome拡張機能を有効活用することで、使い方の幅が広がります。
 

今回の記事を参考に、ぜひElegantt for Trelloを活用してガントチャートを作成してみてください。

日程調整から来客受付までを自動化へ

クラウド受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事