NEW
新着記事

ワークプレイスの投稿機能が便利で安心!

ワークプレイスは、チャット機能がついたビジネス向けのSNSです。フェイスブックと似ていますが、ビジネス向けに様々な機能が実装されています。
 

うまく活用することで、ビジネスにおけるコミュニケーションを促進できるでしょう。
 

ここでは、ワークプレイスの便利な投稿機能について解説します。
 



スポンサードリンク

投稿機能の特徴

ワークプレイスの特徴は、ニュースフィードへの投稿とチャット機能を使い分けられるところです。
 

それぞれ、どのような特徴があるのか詳しくご紹介します。
 

ニュースフィードに表示される

 

ニュースフィードは、フェイスブックやミクシィ、ツイッターなどにも実装されています。
 

ただし、ワークプレイスにはフェイスブックのような「友達」や「フォロー」といった概念がありません。
 

ワークプレイスに登録している社内の人物の投稿がニュースフィードに表示されるため、各部署で簡単に情報を共有できます。
 

チャット機能との違い

 

ワークプレイスのニュースフィードへの投稿機能は、チャット機能とどのような違いがあるのでしょうか。
 

チャット機能は、1人または複数人に対してメッセージを送る機能です。
 

それに対してニュースフィードは、ワークプレイスに登録している社内全員が見られる、掲示板のようなものと考えればよいでしょう。
 

掲示板に好きに投稿していき、それを社内の人が見る、という感じです。
 

ただし、ニュースフィードはワークプレイスの初期機能であり、必ず使用することになるものです。
 

そのため、見たくない投稿や興味がない投稿、自分の仕事に関係がない投稿なども表示されてしまいます。
 

自身の必要に応じて表示させないようにしたり、投稿数を減らしたりするよう、工夫して運用するとよいでしょう。
 

投稿の際に使える機能

ワークプレイスでは、投稿時にさまざまな機能を使えます。うまく使うことができれば、コミュニケーションが円滑になるでしょう。
 

また、投稿先の制限をかけることもできます。
 

ツールの機能は、1つずつ確実に使いこなしていくことが大切です。
 

ここでは、ワークプレイスの投稿時に使える便利な機能をご紹介します。
 

SNSに近い機能を使える

 

ワークプレイスでは、SNSにも実装されているような機能が使えます。以下例示します。
 

・スタンプ
 

スタンプを使うことで、簡略化したコミュニケーションをとることができます。
 

例えば、「かしこまりました」とメッセージを送る代わりに、「OK」など内容を確認したことがわかるスタンプを送れば、メッセージを打つ手間が省けます。
 

・位置情報の追加
 

投稿に位置情報を追加できます。どこから投稿しているのか、添付画像はどの場所なのかなどを示すときに使えます。
 

・投稿日時の指定
 

投稿日時を指定できるため、朝早くに投稿したいけれど起きる自信がない、などといった場合に便利です。
 

・ライブ動画など
 

ライブ動画や動画スタンプなども利用できます。
 

ビジネスに関する動画だけではなく、会社のイベントなどの一部始終を共有するときにも便利です。
 

特定のグループにのみ投稿できる

 

ワークプレイスのニュースフィードは、特定のグループにのみ投稿することも可能です。
 

自分の部署内での連絡事項などを投稿したい場合や、他の部署に報告したいことがある場合などに役立ちます。
 

ただ、全体公開の投稿が多いと、ニュースフィードが投稿で埋まってしまうことも。
 

そのため、必要な情報を必要な人や部署に届けられるよう設定することが大切です。
 

投稿機能の活用例

ワークプレイスの投稿機能をうまく使えば、より快適にSNSを楽しむことができます。ただ、適切なタイミングで適切に使うことが大切です。
 

まだまだビジネスに特化したSNSは浸透しきっていないため、理解を得るためにも正しく使うようにしましょう。
 

具体的に、どのような場合にワークプレイスが役立つのか詳しくご紹介します。
 

社員旅行の写真の共有

 

ワークプレイスなら、会議の資料などをニュースフィードに投稿し、社員が各自でダウンロードするといった使い方が可能です。
 

また、ビジネスの場に限らず、社員旅行などでも利用できます。
 

例えば社員旅行で撮った写真をニュースフィードに投稿し、必要な人だけダウンロードするといった使い方が可能です。
 

会社内のニュースの共有

 

社内で起きた大きな変化についても、ニュースフィードに投稿して共有できます。例えば役員や重役の人事異動、営業方針の変更、重要な決定事項についてなどです。
 

ただし、正式な文書としてではなく、補助的な扱いにすることが大切です。文書で正式に通達したうえで、ワークプレイスのニュースフィードに投稿しましょう。
 

また、その際には共有設定を全体に設定することが大切です。
 

補助的な役割として使っていたとしても、一部の部署にだけ通達されないでいると、不満が溜まる遠因となる可能性があります。
 

まとめ

ワークプレイスは従来のSNSに、ビジネスに特化した機能を持たせたアプリです。社内の重要事項の共有だけではなく、社員旅行の写真などの共有にも使えます。
 

ニュースフィードとチャット機能をうまく使い分けることで、部署間のコミュニケーションや交流の円滑化に繋がります。
 

正しく使い、ビジネスにうまく役立てましょう。

Workplaceを活用した受付システムで、ムダな来客対応を0に

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、Workplaceを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

NEW
新着記事