Akerun(アケルン)なら初期費用0円でセキュアなオフィスを実現!

近年、企業には高いセキュリティー意識が求められています。
 
プライバシーマークや情報セキュリティーマネジメントシステム(ISMS)の取得は、顧客からの信頼を勝ち得るための戦略となっており、多くの経営陣が高い関心を向けています。
 
この記事では、入退室管理システムのAkerun(アケルン)について解説します。
 



Akerunは業務を効率化できる入退室管理システム

Akerunは、小規模の企業も導入しやすい価格帯で、ドアにスマートロックを取り付けるだけで利用可能になる入退室管理システムです。
 
正確性が高いだけでなく、使いやすい機能がたくさん付属しているのが特徴です。
 
開発しているのは、IoT関連機器の研究・開発をしている株式会社Photosynth(フォトシンス)です。
 
入退室管理をはじめとする多彩な機能により業務効率化を実現できることから、すでに7,000件以上の導入実績を持つなど幅広く愛用されています。
 

Akerunの製品・サービス一覧

Akerun アケルン_002
 

Akerunは、主に「Akerun Pro」「Akerunコントローラー」「Akerun Connect」という製品群を連携させて使用します。
 
それぞれの製品の機能を解説します。
 

Akerun Pro

Akerun アケルン_003
 

Akerun Proは、スマートロックシステムです。
 
ほとんどのサムターン式のドアに取り付けが可能で、ドアの内側にある錠にかぶせて設置するだけで簡単に導入できるのが特徴です。
 
ドアの外側に設置したカードキーリーダと連携してドアの施錠・開錠を管理できます。
 
当日からスマートロックとしての使用開始が可能です。
 

Akerunコントローラー

Akerun アケルン_004
 

Akerunコントローラーは、オフィスや店舗にすでに設置されている電気錠ドアや自動ドアで、入退室管理ができるようになるスマートロックシステムです。
 
カードキーリーダからの情報を受けて、電気錠ドアや自動ドアの開閉を制御します。
 
簡易的な配線のみで導入でき、手間がかからないというだけでなく、高いセキュリティー暗号化を採用し、安全性も高いです。
 

Akerun Connect(旧:Akerun Manager)

Akerun アケルン_005
 

Akerun Connect(コネクト)は、Webアプリです。
 
入退室をより高度に管理するために、カードキーを持つユーザーの権限を変更したり、それぞれのドアごとにだれが入室できるかの設定をしたりするのが簡単にできるようになります。
 
また、APIにより、外部の顔認証システムや勤怠管理システムとのシームレスな連携も可能です。
 
顧客・ゲスト管理機能では、決済サービスや、受付システムとの連携がスムーズにできます。
 
※旧Web管理ツール「Akerun Manager(マネージャー)」は2021年11月をもって提供終了し、Akerun Connectへサービス移行されています。
 

Akerunはオフィスだけでなく会員サービスにも有効

Akerunを導入できるのは、オフィスだけではありません。
 
高機能な入退室管理を、会員サービスにも適用可能です。
 
また、勤怠管理のソリューションとしてもAkerunが一役買ってくれます。
 

入退室管理や鍵管理で安全なオフィスを実現

Akerun アケルン_006
 

企業は、セキュリティー対策として、オフィスのそれぞれのスペースごとに入退室の適切な管理が求められます。
 
関係者以外が入室していないことを確実に管理しなければ、機密度の高い情報をしっかり保護できません。
 
Akerunを導入すると、だれがいつ入退室したのかが正確に記録可能です。
 
また、万が一にも情報漏洩などの事故が発生した際にも、正確な入退室管理があると事故が発生したのか原因究明がしやすくなり、リスクマネジメントとして有効です。
 
Akerunシステムの管理画面で、それぞれのカードキーへの権限与奪が簡単に行えます。
 
鍵をすべてカードキーに転換すると、鍵当番を担当するスタッフが、前日の担当者から鍵を受け渡されることがなくなり、とても便利です。
 
それぞれのスタッフのカードキーに鍵当番の権限を与えておくだけで解決します。
 
また、スタッフが鍵を紛失してしまったというときの手続きもかなり簡略化できます。
 

入退室管理機能で会員サービスの業務を効率化

Akerun アケルン_007
 

Akerunの入退室管理システムは、会員サービスの業務も効率的に行えます。
 
会員管理システムとカードキーを連動させると、顧客会員に渡してある会員証がカードキーとして機能するようになります。
 
これにより、受付スタッフが会員証を受け取って、会員情報を確認するという作業の自動化が可能です。
 
有効な会員だけ店舗に入室できるようになり、受付の無人化や省スタッフ化の実現により近づきます。
 
さまざまなスペースへの入室がカードキーで管理されるため、監視カメラを設置しにくい業種の施設でも、盗難を防止する効果につながるというメリットも大きなポイントです。
 
さらに、スタッフのためのスペースに顧客が誤って侵入することを未然に予防でき、安心できる仕事環境をスタッフに提供できます。
 
Akerunの入退室管理はカードキーだけでなく、スマートフォンや外部のICカードなどでも可能です。
 
カードキーの発行さえも不要になるため、業務の効率化が加速できます。
 
さらに、Akerunでは、会員顧客ごとの入退室時間が正確に記録されます。
 
このデータを会員管理システムや決済システムと連動させることで、顧客への利用料金の請求業務なども自動化し、より簡略化が可能になります。
 
企業側にとっても、顧客側にとってもメリットが大きく、ビジネスの加速に役立ちます。
 

ドアと連動して確実な勤怠管理

Akerun アケルン_008
 

Akerunは、ドアと連動して、入退室の記録を取ります。
 
この機能を利用して、勤怠管理システムとの連携が可能です。
 
スタッフが出勤して、カードキーを使用してドアを開けるだけで勤務開始のデータが取得できます。
 
勤怠管理では、打刻をし忘れてしまうと正確な記録が取れませんが、Akerunと連動させれば、確実な勤怠管理が可能です。
 
また、Akerunの入退室管理を利用すると、リモートワークとの併用をしているオフィスでの、スタッフの出社率が簡単に把握可能になります。
 
オフィスの規模を調整したり、スペースを貸し出したりするというような大きな決定のための情報をAkerunで取得できるのは大きなメリットです。
 

Akerunならローコストでスマートロックを実現

さまざまな業種で使えるAkerunですが、競合の入退室管理サービスにはなかったAkerunならではの特徴を解説します。
 

簡単に設置できて初期費用不要

従来の入退室管理システムは、大がかりな工事が必要であったり、導入のためにかなりのコストがかかったりすることが多く、小規模の事業者にはなかなか手が出せないというデメリットがありました。
 
その点Akerunは、Akerun Proという商品で、導入した企業側が簡単に取り付けできるようになっています。
 
既存のドアに後付けでかぶせるだけですから、工事の必要性がなく、オフィスや店舗の機能を停止させずに入退室管理機能の導入が可能です。
 
賃貸オフィスを使っている企業でも、原状回復費が不要なので、より導入しやすくなっています。
 

安心できる24時間サポート

Akerunには、手厚いユーザーサポート体制が確立されています。
 
ちょっとしたミスにより、ドアのロックがかかってしまい、締め出されることが起こり得ます。
 
締め出しが夜間に起こったとしても、Akerunの24時間サポートにより、いつでも駆けつけて来てくれます。
 

電池切れ前に発送してくれる

Akerunのシステムでは、使用しているAkerun機器の電池の状態が管理されており、電池の交換が必要なタイミングで早めに電池を送付してくれます。
 
Akerunを導入した企業の側で、電池交換のためのメンテナンスを計画する必要はありません
 
万が一電池切れが起こったとしても、Akerun Proには、内側から手動でロック解除できる仕様になっており、災害時など電気がない状況でも迅速にドアを開けて避難が可能です。
 

Akerunの価格は要見積もり

Akerunの価格形態は、Akerunサイトにある見積もり依頼ページから問い合わせする必要があります。
 
それぞれのオフィスや店舗でベストのソリューションが異なるので、まずは、どのような入退室管理をしたいのかについてヒアリングしてもらい、提案してもらいましょう。
 
Akerun Proは、製品が届けばクライアント側で設置ができるようになっており、初期費用不要で導入できるのがうれしいポイントです。
 

まとめ

Akerunは、これまでの入退室管理システムとは異なり、より導入するハードルが低くなっており、小規模な事業者にとってセキュリティー強化がより容易になっています。
 
コスト面だけでなく、機能的にもハイスペックで、オフィスや店舗の業務効率化を一気に加速させられます。ぜひ導入を検討してみてください。

ビジネスチャット連携でオフィスのDX化!

・リモートワーク環境が整わず、出社しなければいけない従業員がいる
・社内をフリーアドレスにしたいけど移行できずにいる
来客対応がアナログなまま効率化できてない
経団連が発表した「来訪者履歴」が自動で取れていない
会社で利用するビジネスチャットをベースに効率化をしていきたい!
 
などの課題があれば、RECEPTIONISTで即解決しましょう!
すでに5,000社以上が実践している解決方法は以下から。

無料資料で詳細を見る

RECEPTIONIST資料請求

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事