TypetalkのAPIを使ってGoogleフォームをつなげてみた

APIを利用した他のサービスとの連携が自由にできるTypetalk。

 

実際にどのように連携し、どのような感じでAPIによる連携機能を使えるのでしょうか。

 

この記事では一例として、TypetalkとGoogleフォームとの連携の方法を、詳しく解説していきます。

 

Typetalkを導入しているならぜひ知っておきたいAPIによる連携機能です。

 



TypetalkとGoogleフォームをAPIで連携させる

Typetalkは、APIを公開しているビジネスチャットアプリです。

 

TypetalkのAPIを利用すれば、さまざまな他のサービスをTypetalkに連携させることが可能となります。

 

たとえば、Googleフォームでアンケートなどを公開しているとしましょう。

 

アンケートに回答があったら、できるだけすぐに何らかのリアクションをしたいところです。

 

顧客の満足度の向上や、売り上げアップに直接的に寄与する部分ですから、そう思うのも当然でしょう。

 

アンケートの回答をメールで受け取ること自体は可能です。

 

ただ、普段のコミュニケーションツールに取り込まないと、業務としてのリアクションをだれがどのように担当するかということがあいまいになってしまいます。

 

Typetalkなら、Googleフォームからの回答を受けるたびに、APIを通してTypetalkのトピックに通知させることが可能です。

 

Typetalkでのいつもの業務のように、だれがどのようにリアクションしたかということが識別可能、確実に対応ができるようになります。

 

Googleフォームから来る問い合わせなどにも、瞬時にリアクション可能。

 

情報を全体で共有しながら、クライアントとのリレーションを向上できるのです。

 

TypetalkのAPI設定

まずは、Typetalkの設定をしていきましょう。

 

TypetalkのAPIでは、ボットを登録するというシステムを採用しています。

 

アンケートを通知させたいチームがいるトピックを選択して、右上の3点リーダーボタンを選択し、「トピック設定」画面にいきましょう。

 

 

トピック設定画面の上部のタブエリアから「ボット」を選択してください。

 

ボット画面で「新規作成」ボタンを選択すると、ボットの作成画面に遷移します。

 

そうしたら、ボットIDを任意のアルファベット小文字の文字列で設定しましょう。ここでは「enc」としています。

 

ボット名は投稿時の表示名となりますので、こちらも適した名前を設定しましょう。ここでは、「アンケート通知ロボ」としています。

 

APIスコープは「topic.post」を選択した状態にし、このボットがTypetalkに投稿できるようにしましょう。

 

Outgoing Webhookは、チェックなしのままで大丈夫です。

 

 

作成をクリックするとTypetalk Tokenが発行され、このボットをAPIとして使用するときに必要になるURLも入手できます。

 

 

Googleフォームの設定

では次に、Googleフォーム側の設定をしましょう。

 

Googleドライブから「新規」を選択して、Googleフォームを開いてください。アンケートの内容をここで設定していきます。

 

フォームの質問が設定できたら、回答タブの右上にあるGoogleスプレッドシートのボタンを選択して、回答をスプレッドシートに表示してください。

 

その後、スプレッドシートのメニューの「ツール」から「スクリプトエディタ」を選択、Google Action Scriptの画面に移動します。

 

 

UrlFetchApp.fetch関数で、ボット作成時に表示されたURLとTypetalk Tokenを引数に指定してください。

 

例えば [URL]?typetalk Token=[typetalk Token] といった感じです。

 

methodはPOSTとし、payloadにmessageという項目でTypetalkのトピックに投稿させる内容を記載します。

 

 

この設定を施すと、Googleフォームに回答が投稿され次第、Google Action Scriptを通してTypetalkのAPIに通知が送られます。

 

これにより、割り当てたボットが指定したトピックに投稿してくれるようになるのです。

 

まとめ

ビジネスには、リアクションの迅速さが要求されるシーンが多数あります。

 

Typetalkという最高のコミュニケーションプラットフォームを使っているなら、速度向上のため、プラットフォームを最大限に活用しましょう。

 

チームとして連携し、最適なリアクションを取ることで、クライアントの信頼をより大きなものとすることができるでしょう。

 

ビジネスの拡大に、Typetalkをぜひ活用してください。

チャット連携で来客業務を自動化へ

まだ来客業務を人任せにしていませんか?

来客前の日程調整のコミュニケーション
スケジュールや会議室の仮押さえ、日時決定時の削除作業
「空いている会議室がわからない」などの会議室管理
来客時、「席にいない」「会議中」「会社にいない」など担当者への取次苦労
Pマーク対応の来客履歴の管理

これらを自動化できるRECEPTIONISTでは、チャット連携をすることで来客の度に働く社員の仕事を止めません。

無料資料で詳細を見る
RECEPTIONIST資料請求

TAG
タグ

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事