Teamsを使ったタスク管理と小わざをまとめてみた

ビジネスチャットツールのTeamsには、組織内のコミュニケーションを活性化させる機能が色々あります。

 

特に重要なのが、チームメンバー間で情報の共有を可能にするタスク管理機能です。

 

複数のプロジェクトが進行するビジネスの現場では、タスク管理によってモチベーションや生産性を上げることができます。

 

今回は、Teamsを使ったタスク管理についてご紹介します。

 



Teamsでタスク管理を極める

Office365の「Microsoft Planner」を利用する

microsoft製品にはWordやExcel、Powerpointなどビジネスに欠かせないアプリがありますが、それらを統合したクラウドサービスがOffice365です。

 

TeamsはOffice365と連携しているアプリです。

 

タスク管理をしやすくするためには、Office365のために開発されたツールを利用するとよいでしょう。

 

「Microsoft Planner」はOffice365に入っているタスク管理アプリなので、Teamsとの連携がスムーズでおすすめです。

Teamsを外部アプリと連携させる

Microsoft製品以外にも、Teamsで利用できるタスク管理アプリがあります。

 

中でも、評価が高いのは「Evernote for Microsoft Teams」「Asana」「Trello」です。

 

この中にもし普段から利用しているものがあれば、Teamsと連携させるとよりタスク管理が楽になるので、試してみてください。

 

Microsoft Plannerでタスク管理を行う方法

TeamsとPlannerを連携させる

TeamsとPlannerの連携方法の仕方や使い方について紹介していきます。

 

Teamsでタスク管理アプリのPlannerを使うには、まずサインインします。

 

表示された画面の左側にコンテンツのアイコンがあるので、「チーム」をクリック。

 

するとチャネル画面が表示されます。

 

 

次に、チャネル画面の上部にある「+」マークをクリックします。

 

 

クリックすると、「タブの追加」画面になり、使えるツールのアイコンが表示されます。

 

その中から「Planner」を選んでクリックすれば、Teamsに「Planner」のタブが新しく追加され、連携して使えるようになります。

Plannerの「マイ タスク」ビュー

Plannerでは新しいプランの作成、チーム編成、タスクの割り当て、プロジェクトの進捗状況の更新などが簡単に行えます。

 

Teamsのチャネル画面に追加された「タスク」タブをクリックすると、「マイ タスク」ビューが表示され、進行中のプロジェクトを確認、管理が可能に。

タスクで共同作業ができる

Plannerではタスクにファイルを添付できるので、そのファイルについての共同作業が、アプリを切り替えずに行えます。

 

チーム内のディスカッションが効率的になり、さまざまな情報が分散することなくまとめることが可能です。

さまざまなデバイスで進捗状況を把握

PlannerはPCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのデバイスでも利用できます。

 

プロジェクトの現場でも、社内でも、外出先でも、進捗状況などをメンバーが同時に把握でき、必要な作業を必要な時にこなせるのです。

 

Teamsでタスク管理をするなら、Plannerとの連携は必須でしょう。

 

タスク管理におすすめの外部アプリ

「Evernote for Microsoft Teams」

Teamsは外部アプリとも簡単に連携して使えます。

 

Evernoteはさまざまな情報やデータを管理でき、世界中で使われている有名なアプリですが、Teams専用に開発されたのが「Evernote for Microsoft Teams」です。

 

連携方法について説明しましょう。

 

Teamsにサインインしたら、チャネル画面を表示して、画面上部にある「+」をクリックしてください。

 

 

クリックすると「タブの追加」画面になり、Teamsと連携できるアプリのアイコンが一覧表示されます。

 

 

その中から「Evernote」のアイコンを選んでクリック。

 

 

「追加」をクリックすると、Teamsで使えるようになります。

 

 

Teamsに連携すると、Evernoteを開かなくても検索すれば必要なノートをWebブラウザで表示できるようになります。

 

プロジェクトごとに情報やデータをノートにまとめ、すぐに閲覧が可能です。チーム内でまとめた情報をメンバーで共有できます。

「Asana」

同じようにTeamsと連携して使うと便利なアプリが「Asana」。プロジェクトチーム全体の作業を管理できます。

 

「Evernote for Microsoft Teams」と同じようにチャネル画面の「+」をクリックし、「タブの追加」画面から「Asana」のアイコンをクリック。

 

 

「Asana」のプロジェクト管理画面になるので、「追加」をクリックしてTeamsに連携させます。

 

各プロジェクトを「Asana」で一括管理すれば、それぞれの進捗状況を確認でき、チーム全員で共有が可能に。

 

チーム全体のパフォーマンス向上になります。

「Trello」

タスク管理アプリとして有名なのが「Trello」です。これもTeamsに連携させて使えるようになります。

 

他の外部アプリと同じように、チャネル画面から「+」をクリック。

 

「タブの追加」画面から「Trello」のアイコンを選びます。

 

 

選んだらクリックして、「Trello」のプロジェクト管理画面から「追加」すれば、Teamsで使えるようになります。

 

「Trello」は複数のプロジェクトをいちいちチェックしなくても、タスク状況を簡単に管理でき、付箋紙のように視覚的にタスク管理できて便利です。
 

まとめ

現場では常に複数のプロジェクトが進行していますが、Teamsを使えば効率的に管理できます。

 

ポイントはタスク管理に特化したアプリをTeamsに連携させることです。

 

Office365のアプリ「Planner」だけでなく、評価の高い外部アプリとも連携させることで、よりタスク管理がしやすくなります。

 

プロジェクトのスムーズな進行とモチベーションアップのためにも、Teamsでタスク管理を行ってみてください。

チャット連携で来客業務を自動化へ
RECEPTIONIST

生産性の高い働く環境を作っているのに、まだ来客業務を人任せにしていませんか?

・来客前の日程調整のコミュニケーション
・スケジュールや会議室の仮押さえ、日時決定時の削除作業
・「空いている会議室がわからない」などの会議室管理
・来客時、「席にいない」「会議中」「会社にいない」など担当者への取次苦労
・Pマーク対応の来客履歴の管理

これらを自動化できるRECEPTIONISTでは、チャット連携をすることで来客の度に働く社員の仕事を止めません。

無料資料で詳細を見る

TAG
タグ

NEW
新着記事