NEW
新着記事

Office365と相性の良いビジネスチャットはTeams!その理由とは

Microsoftが提供しているTeamsは、ファイル共有やビデオ会議などが可能なビジネス向けコミュニケーションツール。
 

また、Office365ユーザーにとって利便性の高いツールでもあります。今回は、TeamsでできることやOffice365との相性について紹介します。
 



スポンサードリンク

Teamsとは?

Teamsは「Microsoft」製のチャットツールです。
 

同社のチャットツールとしては「Skype for Business」もありますが、それとは大きく異なっています。
 

Skype for Businessはチャットツールとしてコミュニケーションをとるだけのツールです。
 

一方Teamsは、単なるチャットツールではありません。
 

Teamsでは、チャットメッセージ、ビデオ通話、音声通話、ファイル共有、ファイル共同編集、プロジェクト管理、メモアプリ、ツールの連携が可能。
 

これらの機能はSharePoint OnlineやSkype for Businessなど、別々のソフトウェアで個別に提供されていました。ですが、Teamsによって機能は統合され、Teamsだけで完結可能に。
 

つまり、Teamsはグループウェアやメーラー、ソフトウェアを統合して動かせるポータルツールなのです。
 

今まではメーラーを立ち上げてメールのチェックをし、グループウェアを立ち上げ、ソフトウェアを立ち上げて仕事をしていたはずです。
 

Teamsはオールインワンのツールなので、他のソフトウェアを開く必要がありません。
 

Office365ユーザーにとってのTeams

Office365とTeamsの関連性について

Office365ユーザーにとってTeamsは親和性の高いツールとなっています。
 

「Excel」や「PowerPoint」といったビジネスでよく使われるツールと連携しているので使い勝手がとても良いです。
 

また、ファイルの共有をするだけでなく、Teams上で複数ユーザーが共同編集できることが大きなメリットでしょう。
 

Skype for Businessが持つチャットツールとしての機能も有するので、コミュニケーションを簡単に取れます。
 

Teamsがあれば、コミュニケーションを取りながら、ファイルを共有したり編集したりといったことが可能です。
 

Office365で作られたファイルをTeamsで管理して、共有化し編集する、といった風な一元化ができます。
 

ただ、共有ファイルは、どこに何があるかわかりにくくなりがちです。自分に関連がないはずのものも、一覧の中に入ってきてしまうことが多々あります。
 

Teamsでは、プロジェクトなどのチームごとにアクセスできる人を分けて共有できるのでどこに何があるのか探しやすく便利です。
 

またそれにより、自分に関連のないファイルは、見ることができなくなります。
 

 Microsoftの提供するチャットツール

ビジネスチャットといえば、Slackやチャットワーク、LINEなどが有名です。
 

TeamsはMicrosoftが提供するツールのため、Office365と連携できるのが一番の強みです。この機能は他のビジネスチャットにはありません。
 

TeamsではOffice365のファイル共有が非常に簡単に可能、チャットやビデオ、音声通話でも利用できるようになっています。
 

コミュニケーションツールではありますが、それ専用のツールではないのが特徴です。また、Teamsに入っていればメッセージが上がるたびにデスクトップ通知が行きます。
 

そのために、どこにいてもTeamsにログインしていればコミュニケーションが取れるのです。
 

さらに、オンライン中か離席中かなど、メンバーの今の状況もリアルタイムで判別可能。離席になっていれば返事待ちをすることもなくなるので、無駄な時間を省けます。
 

Office365とTeamは相性良し!

TeamsはOffice365とシームレスにつながっていて、Officeユーザーにとっては使いやすいツールとなっています。
 

WordやExcelなどのクラウドサービスを統合しているので、作られたファイルの共有や編集が簡単に可能です。
 

Office365もTeamsも、同じMicrosoft社制のツールであるから相性が良く、連携も簡単にできるようになっています。
 

Teams自体にオンラインOfficeの機能があるため、Teams上でOfficeがインストールされていないPCでもファイルの編集作業が可能です。
 

この点からも、Office365とTeamsが密接に繋がっていることが分かります。
 

また、Teamsはセキュリティも強固で、チームごとにアクセス権が付けられます。
 

Teamsが働き方を変える!

Teamsによって、チーム内の情報共有は簡単になります。
 

どこにいても使えるため、チーム内のメンバーが社内にいてもいなくてもあまり関係がありません。
 

オンライン状況がはっきりと分かるようになっていて、オンラインであればコミュニケーションが取れるため場所を問わないのです。
 

これにより出社していなくても、家にいながら仕事も可能になります。これからの働き方を変えてくれるのが、Teamsのもつ本当の魅力なのかもしれません。
 

まとめ

Office365のユーザーにとって、ファイルを簡単に共有し編集をそれぞれで行えるTeamsは便利なツールです。
 

その上コミュニケーションツールとしても利用可能。Teamsさえあればビジネス効率が格段にアップすることは間違いないでしょう。

ビジネスチャットを活用した受付システムで、ムダな来客対応を0に

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

TAG
タグ

NEW
新着記事