CHENK!!
BCMからのお知らせ

SlackとGoogledriveを連携してファイル管理を簡単に

SlackとGoogledriveの連携方法を知ることで、ファイル管理が簡単になり、作業効率アップにもつながります。
 

この記事では、Googledriveとは何なのかやSlackとの連携方法について詳しく紹介していきます。
 

Slackでのファイル管理を簡単にしたい方はぜひ参考にしてみてください。
 



スポンサードリンク

Googledriveとは?

Googleが提供する無料オンラインストレージ

 

Googledriveとは、Googleが無料で提供しているオンラインストレージです。容量は15GB。文書はもちろん、写真や動画などさまざまなファイルの保存ができます。
 

月額制プランだと容量を増やすこともできますが、オンライン上で文書作成ができるGoogleドキュメントなら容量無制限なので、合わせて利用するのがおすすめです。
 

共有方法も簡単で、それぞれのファイルに生成されるリンクを共有するだけであっという間に完了します。
 

セキュリティも万全で、大切なファイルを安全に保管・管理できるのも魅力的です。
 

ファイル共有ができるGoogledrive

 

Googledriveでは、ファイルを保存・管理するだけではなく、他の人との共有も可能です。複数人で同時に編集する共同作業も可能なので、社内ファイルの共有にとても便利。
 

オフィスソフトとの互換性も高く、ビジネスによく利用されています。
 

スマホからでも簡単にアクセス可能

 

Googledriveでは公式のスマホアプリをリリースしており、スマホやタブレットからでも簡単にアクセスできます。
 

アンドロイドにもiOSにも対応しているので、忙しい時や外出先で共有ファイルをチェックしたい時に利用するとよいでしょう。
 

GoogledriveとSlackを連携する方法

SlackAppディレクトリからインストール

 

SlackのAppディレクトリからGoogledriveをインストールする場合は、まずAppディレクトリを経由しGoogledriveのページに遷移します。
 

SlackAppディレクトリからのインストールはこちら
 

インストールを押すと、Googledriveのアカウント認証確認が表示されるので「認証する」を押します。
 

Googledriveにサインインすると表示される「Allow」を押したら連携完了です。
 

G Suite Marketplaceからインストール

 

GoogledriveはSlackから連携する以外に、GoogleアカウントにSlackアプリを追加する形での連携方法もあります。
 

G Suite MarketplaceにSlackを追加する場合、まずはG Suite MarketplaceからSlack appへ進み、インストールします。
 

G Suite Marketplaceからのインストールはこちら
 

「install」というボタンを押し、「Continue」ボタンを押します。
 

Slackへのアクセス許可を付与するアカウントを選び、「Allow」を押すと連携が完了となります。
 

SlackでのGoogledriveの使い方

SlackでGoogledriveのファイル共有

 

SlackとGoogledriveの連携が完了すると、Slack内でGoogledriveのドキュメントやスライドを作成したり、編集したりすることができます。
 

また、ファイル共有はチャンネル全体だけでなく、特定の1人やチームメートと共有することも可能です。
 

ここでは、Slack内でGoogledriveのファイルを共有する方法を紹介していきます。
 

まずは、Slackにログインし、メッセージフィールドの横にある「+」を押します。
 

「Google Doc file」にマウスを重ねると、いくつかのファイルタイプが表示されるので、自分がSlack内で共有したいファイルの種類を選びましょう。
 

ファイルを選択したら、ファイルのタイトルを設定。
 

次に、ファイルを共有する場所を選択し、「Share in」の横のチェックボックスにチェックを入れましょう。
 

最後に「Creat」というボタンをクリックしたら共有完了です。このボタンを押したら、ブラウザに新しいファイルが開かれます。
 

SlackでGoogledriveの通知設定を行う

 

SlackでGoogledriveの通知機能をオンにすると、何らかの動きがあった場合Slack上ですぐに通知を受け取ることができます。
 

例えばファイルが編集されたときや、誰かがコメントを付けたとき、誰かがあなたとファイルを共有したときなどに通知が飛ぶので、見落としがなくなります。
 

設定方法はとても簡単です。まずは共有したいGoogledriveのファイルをSlackにアップロードします。
 

このときGoogledriveから「Slack内で更新情報を受信するかどうか」を尋ねられるので、通知をオンにしたい場合は「Yes,allow」をクリック。
 

なお、通知設定はすぐに変更できるので、設定を一旦オンにした後再びオフにすることも可能です。
 

通知をオフにしたい場合は、Slack内でGoogledriveからダイレクトメッセージをスタートします。
 

メッセージフィールドに「off」と入力し、送信ボタンを押したら設定完了となります。
 

まとめ

GoogledriveとSlackを連携する方法について紹介してきました。
 

場所を問わずアクセス可能なGoogledriveと、Slackを連携させることで、いつもの作業をより素早く行えるようになります。
 

ぜひビジネスに便利な2つのツールを連携させて、作業効率をアップさせてください。

Slack連携でさらに業務効率化へ

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、Slackを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できる職場になります。

詳細を見る!

NEW
新着記事