Slack入門者でも余裕!コマンドを使って効率化する4つの方法

こんにちは、BCM編集の益田です。
 
前回は、仕事の生産性を高める方法として
以下のことをお伝えしました。
 
 
少し抽象度の高い記事になっていましたが
今回はビジネスチャット[Slack]を使い始めた人でも
すぐに業務効率化できる方法をお伝えします。
 


コマンドって何?

Slackのコマンドとは[/zoom]のように
スラッシュ[/]から始まる命令文です。
 
この命令文を使うことで
様々な作業を効率的にできます。
 
ただし、条件として以下の3つのツールを
使っていることが前提になります。
 
Googleカレンダー
タスク管理ツール「トレロ」
オンライン会議「ZOOM」
 

01:Googleカレンダーの予定を朝指定時間にSlackに通知

毎朝、カレンダーを開いて1日の予定を確認すると
 
・「今日の予定は何だったっけ?」と思考を使う
・Googleカレンダーを開く
・PCが重くなる
  
という無駄が生じますが、それらを簡単に無くせます。
 

SlackとGoogleカレンダー連携

  
上記2つを連携することにより
毎朝指定の時間に今日の予定を届けてくれます。
 
 
こんな感じ。
 
これで毎朝、楽にスケジュールを確認できますね。
 
連携方法は以下で。
 
また、以下の 記事のように10分前に通知してくれる機能もあります。
 

02:ステータスを自動で更新する

テレワークなど、今後本格的に導入されると
ランチ時間とか関係なくどんどん通知が来ると思います。
 
個人的には仕事の進みがリアルタイムでわかるので
良いのですが(笑)、一方で邪魔されたくない人もいます。
 
そのような場合、Slackでは現在のステータス的なところに
現在の予定を表示できるので、予定にランチをぶち込んでおきましょう。
 
さっきやったGoogleカレンダーと連携し
設定画面でステータスに予定を反映させるボタンを押すだけで
自動でステータス変更がされます。
 
(このステータスはふざけてる時です)

03:Slackからトレロにタスクを追加

基本、トレロを使ってタスク管理をしているのですが
Slackでコミュニケーションを取っている時に発生したタスクを
トレロアプリを開いてタスク追加するのは面倒です。
 
なので、Slackで[/trello add タスク名]を書いて
自動で追加してしまいましょう。
 
とりあえず追加して後に整理するようにしてます。
 

04:ZOOMをコマンドで開始する

 
オンライン会議をする時に
いちいちZOOMの管理画面に行って
URLを発行して会議するの面倒です。
 
これもSlackとZOOMアプリを連携させておき
[/zoom]と打つことで、、、
 
 
はい、「参加する」を押せば、すぐ開始です。
 

結局のところ

 
他ツールと連携する面倒な作業や
慣れないコマンドで少し時間使いますが
慣れたら無駄な工数がなくなって楽になります。
 
それにより生まれた時間やエネルギーを使って
主体性のある仕事に投入していくことで
満足のいくアウトプットに出会える機会が増えるはずです。
 
ぜひ、ITツールを使い倒してください。
チャット連携で来客業務を自動化へ

まだ来客業務を人任せにしていませんか?

来客前の日程調整のコミュニケーション
スケジュールや会議室の仮押さえ、日時決定時の削除作業
「空いている会議室がわからない」などの会議室管理
来客時、「席にいない」「会議中」「会社にいない」など担当者への取次苦労
Pマーク対応の来客履歴の管理

これらを自動化できるRECEPTIONISTでは、チャット連携をすることで来客の度に働く社員の仕事を止めません。

無料資料で詳細を見る
RECEPTIONIST資料請求

Slack integration
スラック連携

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事