CHENK!!
BCMからのお知らせ

時間管理が簡単に!GoogleカレンダーとSlack(スラック)の連携技!

「時間の管理をもっと楽にしたいけど、色々なツールを使っているとめんどくさい。。」
 
ビジネスチャットツールのSlack(スラック)を使っている人であれば、Googleカレンダーと連携をすることで、
 

・スケジュールを忘れやすい
・スケジュールの連絡を自動でしたい
・Slackから出て調べるのがめんどくさい

 
などの時間管理に関する悩みを簡単に解決することができます。
 
スケジューラーとしてGoogleカレンダーを使っている人が多いと思いますが、まだSlackを使っていない人もいるはずですので、そういう方は以下の記事をご覧ください。
 
関連記事:Slack(スラック)とは?ビジネス利用で選ばれる理由
関連記事:Slack新規登録の流れを画像付で学ぼう(管理者用
 
上記2つの記事から
 
「Slackとは何か?」ということに関しての理解と、登録方法についてはわかるはずですので、既にGoogleカレンダーとSlackを使っているという前提で話を進めていきます。
 

連携はとても簡単で、慣れると1分で終わります。
 



スポンサードリンク

SlackとGoogleカレンダーを連携

 

1、アカウントを紐付ける

 
 
まずSlackとGoogleカレンダーにログインしておいてください。
 
その後、下記から連携するslackアカウントとGoogleアカウントを選択していきます。
 
Google Calenda r連携

googleカレンダー連携3
 

複数のアカウントを所有している場合、右上から連携するアカウントを選択して、「Connect a Calender to Slack」を押してください。
 
googleカレンダー連携1
 
そして、元のページに戻りますので、次はSlackに登録しているアドレスを選択して、通知先を決めます。
 
自分だけに通知したいのであれば、ダイレクトメッセージでも問題ありません。
 

2、Slackへの通知時間を決める

 
 
まずは1日のスケジュールを朝に通知して、予定の1時間前に通知が来るように設定します。
 

 
「Event Remaindes」がスケジュールのリマインド機能の設定箇所になります。画像の設定では予定の1時間前に通知、毎朝9時にその日のスケジュールを通知する、となっています。
 
次に「Calendar Updates」で、Googleカレンダーの情報を更新した時に、通知するかどうかを確認します。
 
スケジュール

(私の場合、修正の際に通知は邪魔なので、全てのチェックを外し、通知しないように設定しています。)
 
最後に「Calendar Summaries」で、来週のスケジュールを報告するかどうかと、報告の日時を決めます。
 
スケジュール
 
(私はスケジュールの報告は不要のため、今回はハズしていますが、必要な人や忘れやすい人は設定をしておいた方が得策です。)
 
その後、「I’m done」を押せば GoogleカレンダーとSlackの連携が完了となります。
 
 

時間管理は大切

 
1日1時間を無駄にすると年間で6週間を失うことになりますので、1分1秒でも大切にしていきましょう。

時間管理はビジネスを進める上で、とても大切な要素です。これから働き方改革により、働き方が変わっていくと、スケジュールをしっかりと把握しておかなければいけません。
 
SlackとGoogleカレンダーを連携することにより、1日のスケジュールを忘れないようにして、社内、取引先の方とビジネスを進めましょう。
 
このような様々な外部ツールと連携ができるのはビジネスチャットの中でもユーザー数が多い、Slackの魅力の1つと言えますね。
 

Slack連携でさらに業務効率化へ

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、Slackを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できる職場になります。

詳細を見る!

NEW
新着記事