Teamsで複数アカウントがあるときの切り替え方法【決定版】

無料で使い始められるTeams。
仕事の関係でTeamsのアカウントを複数個持っている人も多いと思います。
 

しかし、TeamsはSlackやChatworkのように複数アカウントをApp内で変更する方法がありません…
 

ちなみに、Teamsの公式ページをのぞいてみました。
 



参照:https://support.office.com/ja-jp/article/
 

アカウントの切り替えとは、その都度ログアウトをしなければならない とのことです。
 

それは、かなり不便ですよね。
 

「Teamsのアプリとブラウザで使い分ける」という方もいるそうですが、

ズボラな私はタブを大量に開いてしまうので、どこにTeamsを開いたのか、探すこともイライラしてしまいます。
 


↑色々なところでブラウザを開いてしまっていて、Teamsを探すのも一苦労
 

そこで、今回は全ツールの味方「Franz」を使って簡単にアカウントを切り替える方法を紹介していきたいと思います!
 



Franzとは?

 

Franz(フランツ)とは、複数のアプリを1つの画面で管理できる優れものです。
 

 

アプリを使うためには「こちら」のサイトでダウンロードしてください。

 

これを使えば、通知もデスクトップ上で確認できますし、
いちいちログアウトをする必要なく、左側のアイコンをタップするだけでアカウントを移動できます。
 


 

さらに、連携できるアプリの種類は70種以上!
 

あなたが使っているほとんどのアプリを繋げることができると思います。
 

※無料版ではアプリが3つしか登録できなくなってしまいました。

※登録できないときには、一度Franzを再起動してからお試しください。
 
 

↓Franzについては以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!↓

 
 

複数のTeamsアカウントを切り替える

 

FranzでTeamsアカウントを2つ登録しました。
 


 

通知のタイムラグもなく、問題なく扱うことができています。
 

アカウントを整理したい場合は「設定」→「利用中のサービス」で登録アカウントを削除・変更できます。
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 

SlackやChatworkといったビジネスチャットと違い、Appから自由にアカウントを移動することができないTeams。
 

それでも、Franzを使えばなんの問題もなくアカウントを移動することができるようになりました。

 
引き続き、Franzを使って業務の効率化に活かしてくださいね!

チャット連携で来客業務を自動化へ

まだ来客業務を人任せにしていませんか?

来客前の日程調整のコミュニケーション
スケジュールや会議室の仮押さえ、日時決定時の削除作業
「空いている会議室がわからない」などの会議室管理
来客時、「席にいない」「会議中」「会社にいない」など担当者への取次苦労
Pマーク対応の来客履歴の管理

これらを自動化できるRECEPTIONISTでは、チャット連携をすることで来客の度に働く社員の仕事を止めません。

無料資料で詳細を見る
RECEPTIONIST資料請求

TAG
タグ

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事