Teamsで固定電話の発着信を行う方法。通話プランと電話システムの徹底比較

いろいろなコミュニケーションをひとつに集約化してくれるMicrosoft Teamsですが、実は電話も利用することができます。
 

この記事では、Teamsで使える電話機能について詳しく解説し、どのように便利に使えるようになっているのか見ていきましょう。
 



固定電話などの外線ともつながるTeams

ビジネスチャットサービスの利便性が向上している昨今ですが、電話を使ったコミュニケーションはまだまだ主流の連絡方法のひとつです。
 

ただ、せっかくTeamsに情報を集約しているのに、電話でしか連絡が取れない相手がいると、完全な一元化管理はできなくなってしまいます。
 

Microsoft Teamsでは、既存の電話システムも含めてすべて内部で完結可能です
 

Teamsのメンバーとアプリ内の音声通話を使って話すのと同じように、外部の固定電話や携帯電話とのコミュニケーションもできます。
 

さらに、会議にも電話で参加できるのもTeamsの利点。
 

電話で参加したい方が、Microsoft Teamsが指定した特定の電話番号に電話をかけて、IDなどの情報をプッシュすると、会議に出席できます。
 

Microsoft Teamsは世界各国に会議参加用の電話番号を持っていて、すべてのTeamsユーザーが同じ電話番号にかけてもつながるようになっています。
 

ワールドワイド、たとえどんなところにいたとしても、Teamsの会議には参加可能です。
 

また、設定によっては、Teamsの会議のために専用の電話番号をオプション価格で用意することもできます。
 

電話での参加を許可するという運用ながら、よりセキュリティー性を高く保てるような機能も搭載。
 

電話で参加する会議中には、ダイヤルプッシュで、ミュート機能をオンオフすることができます。
 

また、手を上げたり下げたりの操作も今後実装されるようです。
 

Teamsの電話機能には、取り次ぎ転送・保留中の音楽の設定・ボイスメールなどの、ビジネスに必要となる一般的な電話の機能が多数そろっています。
 

カスタマーサポートやクライアントからの問い合わせに応えるのに役立つキューイングの管理もTeamsででき、クラウド自動応答機能などとの連携もばっちりです。
 

すべての電話機能の使用に関する管理は「Microsoft 365管理センター」に一元化されているので、管理担当者にとっても使いやすく、業務効率もアップします。
 

Teamsで発着信するためのブラン

Microsoft Teamsで電話の機能を使用する場合、「Microsoft 365 E5」プランであればオプション不要で、電話機能が含まれたライセンスを持てます。
 

「Microsoft 365 E3」以下のプランなら、電話機能を有効にするオプションを追加しければなりません。
 

また、Teamsで電話の発着信をするには、回線の契約も別途必要です。
 

日本ではソフトバンク・KDDI・NTTドコモに、Teams用の電話システムのプランがあります。
 

ソフトバンクのプランは「UniTalk」で、日本で最初にTeams向けに特化したプランとして発表されました。
 

価格が明瞭で、国内通話の料金を含んで1回線800円となっているのが特徴。
 

また、PCやスマートフォンに固定電話用の、市外局番つきの番号を付与できるサービスもあります。
 

外出先でもこの番号が適用されるため、出張で遠くにいたとしても、会社からかけているかのような通知の電話が可能です。
 

KDDIのプランは個別見積もりが必要。
 

他社のサービスと同じように、050ではじまる電話番号ではなく、東京03や大阪06などの番号を付与できるので、カスタマーサービスなどにも役立てられます。
 

NTTドコモのTeams用のプランも個別見積もりが必要です。
 

また、NTTドコモの場合も東京03・大阪06・名古屋052などの番号を持てます。
 

など、NTTドコモが提供している「オフィスリンク」という、携帯電話をオフィスの内線電話として活用できるサービスと連携可能。
 

これにより、既存の電話システムからクラウド型の電話システムへの移行がよりすすみます。
 

Teamsと連携する電話システム

Microsoft Teamsでは、2種類の電話システムを介してTeamsと電話をつなぐことができます。
 

ひとつは、「Microsoft ダイレクトルーティング」です。
 

こちらは、電話の回線事業者の電話番号をTeamsに接続し、これまで電話で使っていたさまざまな機能を活かしながらTeams内で使うことができる機能。
 

もうひとつは、「Microsoft 電話システム」です。
 

Microsoftが世界中に持っているMicrosoft Teamsの会議などに参加するための電話番号にかけることによって、Teams内の会議やチャットに参加できます。
 

まとめ

既存のコミュニケーションツールである電話システムを取り入れたMicrosoft Teams。
 

すべてのコミュニケーションを一元化して、合理的に業務の効率化をすすめられるツールとなっています。
 

どんな業種のビジネスでも導入メリットがあるMicrosoft Teamsを、ぜひ使ってみてください。

チャット連携で来客業務を自動化へ

まだ来客業務を人任せにしていませんか?

来客前の日程調整のコミュニケーション
スケジュールや会議室の仮押さえ、日時決定時の削除作業
「空いている会議室がわからない」などの会議室管理
来客時、「席にいない」「会議中」「会社にいない」など担当者への取次苦労
Pマーク対応の来客履歴の管理

これらを自動化できるRECEPTIONISTでは、チャット連携をすることで来客の度に働く社員の仕事を止めません。

無料資料で詳細を見る
RECEPTIONIST資料請求

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事