WowtalkとChatworkの違いとは?比較・口コミなど

ビジネスチャット・ツールを導入する企業が増えています。色々なツールがありますが、特に注目されているのがWowtalkとChatworkの2つ。
 

どちらを選んだらいいか迷っている方のために、今回はWowtalkとChatworkの違いを比較していきます。
 

実際に使っている方の口コミを参考に説明しましょう。
 


導入コストの比較

Wowtalkの料金プラン

Wowtalkの料金は、ベーシックプラン(300円/月)とプレミアムプラン(500円/月)の2種類。
 

主な違いはストレージの容量、ファイルダウンロード期限、タスク管理機能にあります。
 

ベーシックプランの利用可能ストレージは月に30GB、ファイルダウンロード期限は30日間、タスク管理機能は500個まで。
 

プレミアムプランはそれぞれ50GB、無制限、上限なしです。
 

またWowtalkではロール(役割)ごとに個別機能を設定できますが、ベーシックプランは3ロールまでに対し、プレミアムプランは無制限。
 

例えば、「お気に入り機能」や「アンケート機能」などを個別に設定できるのですが、ベーシックプランには制限があるというわけです。
 

Chatworkの料金プラン

Chatworkの料金プランは、パーソナル(400円/月)、ビジネス(500円/月)、エンタープライズ(800円/月)の3種類。
 

主な違いはユーザー管理機能で、パーソナルプラン・ビジネスプランにはありません。
 

エンタープライズプランには、
 

  • ・専用URL機能
  • ・ファイル送受信制限
  • ・社外ユーザー制限
  • ・IP、モバイル端末制限
  • ・チャットログエクスポート
  • ・サービス品質保証
  • ・外部SNS制限
  • ・シングルサインオン

 

などの機能が付いています。
 

オプション or フリープラン

その他の料金プランでの大きな違いを説明します。
 

Wowtalkには「オプション」が用意されていて、Chatworkには「フリープラン」が用意されています。
 

Wowtalkの「オプション」には初回研修のサポート(30,000円)、サポートとレポート納品がセット(50,000円)になったプランがあるのです。
 

さらにストレージも10GB(1,000円)で追加可能。
 

一方、Chatworkでは、無料で利用できる「フリープラン」があります。
 
無料でお試し利用ができると言うわけです。
 

ただし有料プランのストレージ容量が10GBなのに比べると、フリープランのストレージ容量は5GBストレージと小さいです。
 

また有料プランは広告非表示ですが、無料プランには広告が表示されるというデメリットがあります。
 

Chatworkの「フリープラン」はあくまでも個人が試したい場合のプランと考えてください。
 

機能の比較

トーク機能について

Wowtalkのトーク機能ではグループトークのみ可能です。
 

グループトークでは投稿されたメッセージに対してグループトークごとに、プッシュ通知をオンオフできます。
 

発信したメッセージに対して既読・未読マークのチェックができ、名前以外にも日時やキーワードで過去のトーク履歴が検索可能です。
 

Chatworkのトーク(チャット)機能にはグループトークだけでなく、相手と1対1でやり取りできるダイレクトチャットが存在します。
 

また検索機能のほかに、チャットのログを出力する機能も。
 

ただしこれはエンタープライズプラン限定の機能です。
 

共有機能について

共有機能は組織内のコミュニケーションに役立つ掲示版のような機能です。
 

Wowtalkでは共有機能で「いいね!」やコメントを残すことができます。
 

外出時にもスマホから情報をシェアできますし、業務連絡などの公開範囲を細かく設定することも可能。
 

「あとで読む」をタップすればブックマーク保存もできて、情報整理が簡単です。
 

Chatworkの場合はファイル共有がメインになります。
 

ワード・エクセルなどのファイルや画像ファイルをアップロード可能です。さらにメンバーはアップされたファイルをダウンロードすることができます。
 

タスク管理について

Wowtalkでは作成したタスクにコメントや画像が添付できます。また期日を設定すればアラート通知も可能です。
 

Chatworkではタスクを完了するとチャットに通知が飛び、相手に伝えることができます。
 

通話機能について

Wowtalkはネット回線がつながれば無料通話ができます。最大200人までのグループ音声通話ができるので、複数箇所との電話会議が可能。
 

またビデオ通話も無料なので、社外のスタッフとビデオ・ミーティングもできます。
 

Chatworkも音声通話・ビデオ通話が無料ですが、プランによって制限が。
 

フリープランは1対1のみの運用となりますが、有料プランは最大14名まで同時に参加可能です。
 

その他の機能について

その他の機能では、社内コミュニケーションを活発化する機能について比較します。
 

Wowtalkのトーク機能にはメンション機能があり、グループトーク内で個別に指定して相手に通知を送ることが可能です。
 

対してChatworkにはコンタクト管理という機能があり、ユーザーとのダイレクトチャット画ができます。
 

Chatwork非ユーザーに招待メールを送ることも可能。
 

口コミでわかる評価の違い

社内コミュニケーションについて

Wowtalkの口コミでは
 

  • ・「社内コミュニケーションが取れるようになって、常に最新の連絡網が維持できる」
  • ・「出張している社員の管理などが簡単になり、総務の業務がスムーズになった」

 

などのコメントが付いています。
 

Chatworkについては、「操作性が良く、だれでもすぐ使える」という口コミがある一方で、
 

  • ・「ITスキルのない社員には苦手だが、タスクの活用で社内コミュニケーションが改善された」
  • ・「社内メンバーとのコミュニケーションが加速する」

 

などのコメントが見られました。
 

使いやすさについて

Wowtalkの使いやすさについては
 

  • ・「LINEに近いものがあり、未読や既読がわかりやすい」
  • ・「口頭で説明するよりもわかりやすく伝えられる」

 

「タスクが使いづらく、既読機能が使えたらいいのに」という意見も。
 

導入企業の評価について

創業以来200年の歴史がある「清水建設株式会社」では、数万IDの利用実績や直感的な操作性が決め手となってWowtalkを導入しました。
 

ファイルや画像を送信できるためペーパーレス化が実現し、経費削減にもつながったと高評価です。
 

Chatworkを導入した「北海道テレビ放送株式会社」からは社内の情報共有がスピーディになり、イベント交流が増えたといった評価が上がっています。
 

まとめ

注目されているビジネスチャット・ツール「Wowtalk」と「Chatwork」について、導入コストや機能について比較しました。
 

実際に導入している企業現場では、利用実績と直感的な操作性の「Wowtalk」への評価が高いようです。
 

特に、使いやすいので導入教育がいらないという意見が印象的でした。

「ビジネスチャット×RECEPTIONIST」連携で、さらなる業務効率化へ

クラウド受付システムRECEPTIONISTは、日程調整も自動化し、来客時の取次業務がなくすことで無駄な時間をカットします。

無料で資料を受取る!

TAG
タグ

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事