NEW
新着記事

チャットワークの基本的な使い方【②基本メッセージ編】

画面左側にコンタクトも増えたし、早速チャットを始めよう!
 

そんなあなた向けに、今回はメッセージを送信する際の基本的な使い方をご紹介していきます。
 

基本操作は大丈夫という方は、早速、次のステップ【その3・グループチャット活用編】へ進んでください。
 

 



スポンサードリンク

1.個人チャットでメッセージを送る

チャットワークでは、メイン画面左側に出ている相手と直接個人チャットができます。
 
もし、左側にマイチャットしかない場合は、まず『その1・コンタクト追加編』で個人チャットをする相手を設定してから、この後に進みましょう。
 

では早速、メッセージを送ってみます。
 

 

操作は簡単。
 
左側から相手を選択し、中央にチャット画面を開きます。
まずは左側コンタクトから相手を選択します
そして、中央下のメッセージ入力枠にメッセージを入力し、右側の送信ボタンを押すだけ。

▼ クリックすると、拡大表示します

中央下でメッセージを書いたら「送信」
あっという間に、メッセージが送れました。

▼ クリックすると、拡大表示します

無事にメッセージが投稿されると中央時系列に表示されます
 

 

2.送ったメッセージを編集する

LINEとビジネスチャットの大きな違いの1つは、後から送ったメッセージを編集できるかできないかです。
 

早速、チャットワークで先ほど送ったメッセージを編集してみましょう。
 

 

編集したいメッセージにカーソルを合わせると、メッセージの右下に選択項目がいくつか出てきます。
 
その中の「編集」をクリック。

▼ クリックすると、拡大表示します

メッセージにカーソルを合わせると編集ボタンが

 

その画面で編集し、送信を押せば、

▼ クリックすると、拡大表示します

チャットワークのメッセージ編集画面

 

編集後のメッセージに情報が入れ替わりました。

▼ クリックすると、拡大表示します

投稿されていたメッセージが編集後に修正されます

 

 

3.自分が送ったメッセージをあとから消す

 
チャットワークに限らず、ビジネスチャットでは、送ったメッセージを削除することもできます。
 

それも操作は至って簡単。
 

 

削除したいメッセージにカーソルを合わせ、一番右の「…」から「削除」をクリックし、

▼ クリックすると、拡大表示します

削除したいメッセージにカーソルを合わせて「…」から削除ボタンをクリック

 

確認画面で「削除する」を選ぶだけです。
確認画面で「削除する」をクリック
 

これで画面から削除されるので、間違って送信してしまった場合も、すぐに修正がききそうですね。
 

 

4.相手のメッセージに返信する

チャットはやっぱり、やりとりしてこそ楽しいし、コミュニケーションになります。
 
というわけで、今度は受け取ったメッセージに返信してみましょう。
 

ちなみにチャットワークの場合、個別チャットで返信機能を使うと、相手に通知(設定によって、デスクトップ通知やスマートフォンのプッシュ通知)が飛ぶため、相手にも気づいてもらいやすいので会話もスムーズに進み、便利です。
 

 

まず、返信したいメッセージにカーソルを合わせ、出てきた選択肢から「返信」をクリック

▼ クリックすると、拡大表示します

該当メッセージにカーソルを合わせて「返信する」をクリック
 

メッセージ入力欄に自動挿入された文字列は消さないようにしましょう。(画像の赤矢印の部分)
 

返信内容を記載したら、「送信」をクリック(緑枠)

▼ クリックすると、拡大表示します

挿入された文字列を削除せずに相手への返信メッセージを記載
 

すると、画面に返信相手とメッセージが表示されます。

▼ クリックすると、拡大表示します

返信メッセージの投稿画面例
 

なお、どのメッセージに返信した内容かを確認したい場合は、「RE」マークをクリックすると、返信元のメッセージが表示されます。

▼ クリックすると、拡大表示します

「RE」を押すと返信元の原文表示
 

 

5.相手のメッセージを引用してメッセージを送る

上記返信機能では、通知は届きますが、どの内容についてのコメントか、わかりづらい場合もあります。
 
また、相手のメッセージの一部に対してツッコみたい時もありますよね。
 

そんな時に便利なのが、引用機能です。
 
相手のメッセージの一部をこちらで編集して表示できるので、「ここの点について言いたい」等のピンポイントなやりとりでは、この引用の活用がオススメです。
 

早速、使い方を見ていきましょう。
 

 

まず、引用したいメッセージにカーソルをあてて、出てきた選択肢から「引用」をクリック

▼ クリックすると、拡大表示します

該当メッセージにカーソルを合わせて「引用」をクリック
 

続いて、メッセージ入力欄に相手のメッセージが全て表示されます。
 

[引用]と、[/引用]という部分の記載は削除しないようにしてください。(赤下線)
 
そして相手のメッセージで、引用したい部分だけを残しましょう。
 
その上で、自分のメッセージは、
[/引用]の下
[引用]の上部
のいずれかに追記(緑)して送信します。

▼ クリックすると、拡大表示します

挿入された[]内は削除せす、引用文の削除はOK
 

するとこのように、[引用]〜[/引用]で囲まれた部分が引用扱いとなり、追記したメッセージが自分からのメッセージとは区別されて投稿されます。

▼ クリックすると、拡大表示します

引用後の投稿イメージ

 

 

お疲れ様でした。
これで、基本的なメッセージを送るときの使い方はマスターです。

 

他にもいくつかチャット画面のボタンの説明や機能紹介が残っていますが、これらは、機能が有効に働く次のステップ【その3・グループチャット活用編】でご紹介していきます。

チャットワーク連携でさらに業務効率化へ

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、チャットワークを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中ができる環境になります。

資料を受け取る!

NEW
新着記事

css.php