GA(Googleアナリティクス)のレポートを自動で毎日Slackに通知する方法

 
ブログ、HP、WEBサービス、アプリは、作ったらそれで終わりという訳ではありません。
 
開発が終わり、リリースをしたら次はWEBサイトを育てていかなければいけません。それにより、自社のサービスがどんどん伸びていきますからね。
 
その為に大切なのがアクセス解析です。
 
なので、今回はGoogleアナリティクス(以下、GA)のレポートをSlackに毎日通知して、グループ全員が確認できる環境を作る方法についてお伝えしていきます。
 
これを実行することにより、レポートを見るのが自分だけでなくなり、グループ全員が確認できるようになりますので、様々な視点からWEBサイトを見れるだけでなく、数字の動き方を全員で確認できますので、一体感も生まれます。
 
ぜひ、やってみましょう。簡単です!
 
 



自動通知する為の方法

 
今回、GAに毎日レポートを自動通知する為に、1つのツールを使います。
 
それが「StatsBot」です。
 
「StatsBot」は、GAなどのビジネスデータを共同作業場所であるSlackに通知できれば、便利だろうとの思いから、開発された無料のチャットボット(自動会話プログラム)になります。
 
それでは早速、GAとStatsBotを連携させて、レポートを自動通知させていきましょう!
 
 

StatsBotとGAを連携する

 

StatsBotとslackを連携させる

 
StatsBotにアクセスします。
 

 
その後、「Start a Free Trial」を押すと、Slackアカウントと連携するか、Googleアカウントと連携するかの選択をしなければいけませんが、Slackと連携する方を選んでください。


 
これでStatesBot とSlackとの連携は完了です。
 

GAと連携する

 
続いて、GAと連携させます。
 
statsbotのメニューバーにある「Date Sources」をクリックします。
 
 
それから右上にある「Add Source」をクリックすると、連携ができるアプリ一覧が出てきますので、GAアナリティクスを選択してください。
 
連携を許可すれば、連携完了です。
 
 

知りたいデータをレポートで届ける

 
毎日送信するレポートを作成する
  
左上にある「Notifications」をクリックし、「Scheduled Reports」をクリックしてください。
 

 
次に右上にある「New Report」をクリック。
 
そして、右上にある「Summary」をクリックして、左側のメニューから、どこの情報を知りたいのか、いつの情報が知りたいのかを選択して、最後に届けるチャンネルを決めて、レポートの名前を決めれば完了です。
 
レポートを作れば、後はレポートの右端にある「3つの●が並ぶアイコン」をクリックして、

スケジュールを「Notifucation Setting」を押して決めれば完了です!

 

これで毎日、GAレポートがスラックに届きます。

 
 
最後に
 
これで毎日のようにGAのレポートがあなたのスマホに届くようになります。

通勤時間に通知時間を設定すれば、電車の中でデータを見て解析を進めることができますので、とても有意義な時間を過ごせますね。

チャット連携で来客業務を自動化へ

まだ来客業務を人任せにしていませんか?

来客前の日程調整のコミュニケーション
スケジュールや会議室の仮押さえ、日時決定時の削除作業
「空いている会議室がわからない」などの会議室管理
来客時、「席にいない」「会議中」「会社にいない」など担当者への取次苦労
Pマーク対応の来客履歴の管理

これらを自動化できるRECEPTIONISTでは、チャット連携をすることで来客の度に働く社員の仕事を止めません。

無料資料で詳細を見る
RECEPTIONIST資料請求

Slack integration
スラック連携

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事