CHENK!!
BCMからのお知らせ

LINEWORKSを使うメリット・デメリット

今話題のLINEWORKS(ラインワークス)。気になっている方も多いのではないでしょうか。しかし実際に会社に導入する前に、きちんとメリットやデメリットを把握しておきたいものです。この記事では、実際にLINEWORKSを利用した方の評価なども交えて、メリットとデメリットを詳しく紹介していきます。
 



スポンサードリンク

LINEWORKS(ラインワークス)についての基礎知識

 

ビジネスに使えるLINEWORKSとは?

 
LINEWORKSとは、日本でもっとも利用されているコミュニケーションツールのひとつである、LINEのビジネス版チャットツールです。LINEのトーク機能やスタンプ機能など基本的な機能はそのままなので、誰でも簡単に利用することができます。
 
もちろんビジネスに特化したチャットツールですので、最大200人とのビデオ通話や音声通話機能、スケジュール管理や画面共有などの機能も備わっています。
 

LINEWORKSとLINEの違いは?

 
LINEWORKSにはビジネスに使える機能が多く備わっています。例えば、普段使っているLINEでは使用することができないメールや掲示板などのグループウェア機能、最大10年分のデータの保存・管理機能など、ビジネスで必須となる機能がそろっています。企業向けサービスなので、ハイレベルのネットワーク防御をはじめとした各種セキュリティも整っています。
 
また、LINEは無料で利用できるのに対し、LINEWORKSは有料というのも大きな違いのひとつです。利用料金は、プランによって異なります。3つのプランがあり、機能の充実度があがるにつれて料金もあがっていきます。
 

LINEWORKSを使うメリット

 

普段からLINEを使用している人が多いため使いやすい

 
日本でのLINEの使用率は約90%とかなり高いです。普段からLINEを使用している人が多いため、LINEと使用方法が似ているLINEWORKSには、使いやすいというメリットがあります。はじめてビジネスチャットを利用する人でも、説明を読まずに簡単に操作できるほどです。
 
さらに、LINE同様に登録方法もとても簡単。登録・ログインが完了したらすぐに使用可能というメリットもあります。
 

スマホからでもパソコンと同じ機能を使用することができる

 
LINEWORKSはモバイルアプリでもパソコンと同じ機能を使用することができます。そのため外出先でも、同僚やお客様と簡単にコミュニケーションをとることができます。また、Webブラウザからでも簡単にアクセス可能。つまり、自分のモバイル・PCを持っていない状態でもアクセスできるというメリットがあります。
 

セキュリティ・サポート体制が整っているので安心

 
LINEWORKSはセキュリティ・サポート体制が整っているので、安心して使用することができます。LINEWORKSの通信は強力に暗号化されていて、そこに24時間365日体制のモニタリング機能もプラスされています。
 
さらに、スマートフォンでの利用に対応した充実のセキュリティ機能が備わっているのも魅力的。万が一スマートフォンを紛失してしまったり、盗難に遭ったりした場合、データ削除やファイル保存の制限を外部からかけることができます。
 

LINEWORKSのデメリット

 

グループ機能が使いにくい

 
LINEWORKSのグループに後から参加した人は、過去の会話履歴を見ることができません。さらに、外部のLINEとLINEWORKSのグループは相互に干渉不能です。つまり、外部LINEとLINEWORKSは1対1でのみしかやり取りができません。
 
このように、LINEWORKSは、グループ機能が使いにくいというデメリットがあります。

 
2018年4月19日から複数LINEユーザーと複数LINEWORKSユーザーのグループトークができるようになりました!
 

既読機能が面倒

 
便利である反面、既読機能が逆に面倒になることもあります。メッセージ内容を読むと自動的に既読マークがつくため、そのままスルーしてよいのか不安になることも。だからといって毎回返事をしていると作業効率ダウンにつながります。そのため、既読後は返信不要などのルールを事前に決めておくとよいでしょう。
 
LINEの機能をそのまま使えるというメリットがありますが、仕事に使用するとなると不便に感じる部分もあるようです。
 

まだ新しいサービスなので情報が少ない

 

LINEWORKSは2017年に誕生したばかりの新しいビジネスチャットサービスです。そのため評価数や口コミ数も少なく、他のチャットサービスとの比較が難しいというデメリットもあります。さらに、問題が発生した時の対処法などをインターネットで調べても改善方法が見当たらないことも。
 
他にも、アプリが途中で強制終了する現象も確認されています。まだまだ改善と見直しを重ねている段階ですので、安定したサービスを求めている人には向かないかもしれません。
 

まとめ

 
LINEWORKSのメリットとデメリットをご紹介してきました。LINEWORKSは、LINEの使い方と似ているので、はじめてでも操作しやすいなどのメリットがあります。
 
しかし、まだ比較的新しいビジネスチャットサービスなので、評価数が少ない、問題が起こった場合の解決策が素早く見つからないなどのデメリットもあるようです。
 
LINEWORKSを導入するか迷っている方は、メリットとデメリットを比較しながら決断するとよいでしょう。

「LINE WORKS×受付システム」で、さらなる業務効率化へ

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

NEW
新着記事