NEW
新着記事

LINE WORKS(ラインワークス)とは?今話題のビジネスチャット!

LINEWORKSとは一体何なのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。LINEWORKSは2017年に誕生した人気のビジネスチャットツールです。今回は、普段使っているLINEとの違いや特徴などをご紹介していきます。また、使い方や実際に使った人たちの評価なども併せてご紹介いたします。

 



スポンサードリンク

LINEWORKS(ラインワークス)って何?

 

普段使っているLINE(ライン)との違いは?

 
プライベートでLINEを使っている人、多いのではないでしょうか。LINEWORKSはLINEをビジネスに特化させたチャットツールです。
 
LINEとの違いは予定管理や画面共有など、仕事に使える機能が充実していることです。しかし、LINEの使いやすさやスタンプ機能などの楽しさはそのままで、ビジネス向けのラインスタンプなども種類豊富にそろっています。使い慣れているコミュニケーションツールをそのままビジネスに使用することができます。
 

LINEWORKSの特徴

 
LINEWORKSは普段使っているLINEとも繋がることができるというのが特徴です。LINEと繋がれるビジネスチャットはLINEWORKSのみなので、顧客がLINEWORKSに登録していなくても、普段のLINEでコミュニケーションを取ることができます。
 
さらにLINEWORKSでは、距離を問わず一度に最大200名と音声通話やビデオ通話が可能です。スマホからでもパソコンからでも気軽に通話に参加することができるので、外出先からでも会議に参加可能。また、LINEWORKSの特徴の一つであるトークBotを上手に使えば、仕事の効率化を図ることができます。
 

LINEWORKSの料金は?

 
LINEWORKSの利用料金はプランによって異なります。もっともリーズナブルなライトプランは、年額プランで1ユーザー当たり300円/月。このプランではビデオ通話や画像共有などの基本的な機能が使用できます。
 
ただしメールやDrive機能が使用できない、共有ストレージの基本容量が少ないなどのデメリットもあります。ライトプランは、とりあえず試してみたいという方におすすめです。
 
ベーシックプランは、年額プランで1ユーザー当たり500円/月。ライトプランにメールやDrive機能がプラスされ、どちらも1ユーザー当たり30GBまで使用可能です。
 
プレミアムプランの月額利用料は1ユーザー当たり1000円/月。全ての機能が利用可能な上、基本容量は10TBでメールも無制限で利用できるというのが特徴的です。その他Bot機能を使用する場合は、別途開発料金がかかります。
 

LINEWORKSの利用者の評価

 

利用者の評価は?良い評価

 
LINEWORKSの良い評価を見てみると、以下のようなものが多く見られました。
 

  • ・すぐに使えて操作も簡単
  • ・使いやすい
  • ・コミュニケーションがスムーズになる
  • ・残業時間が短縮された

 
LINEは、日本での使用率が実に9割とも言われている、大人気のコミュニケーションツールです。普段からLINEを使っている人が多いので、LINEWORKSも使いやすいと感じる人が多いようです。
 
使いやすい機能が充実しており、LINEWORKSのPC版アプリを使えば、ボタン一つで簡単に画面共有することもできます。さらに、Bot機能などを導入すれば作業効率がアップするため、残業時間短縮にもつながります。
 

利用者の評価は?悪い評価

 
LINEWORKSの悪い評価を見てみると、以下のようなものが多く見られました。
 

  • ・バグが起きることがある。
  • ・アプリを起動しようとしたらすぐに落ちる。
  • ・ログインしたらすぐにアプリが落ちるため、ログインできない。
  • ・メッセージが届かない、通知に気付かない時がある。

 
特にアプリの評価が悪いようです。LINEWORKSは比較的新しいビジネスチャットですので、機能の改善や見直しが必要な部分もあるようです。
 

LINEWORKSの使い方マニュアル

 

まずはアカウント登録・ログイン

 
LINEWORKSを使うには、まずアカウント登録が必要です。登録方法はとても簡単。基本情報などを入力し、プランを選択するだけ。登録が完了すると、管理者画面へログインできるようになります。
 
メンバーを追加し、設定したパスワードをメンバー全員に伝えると、ビデオ通話やチャット機能が使用可能となります。管理者以外は、設定作業をする必要がないので、登録後すぐに使えます。
 

LINEWORKSの基本的な使い方

 
LINEWORKSでマスターしておきたい基本的な機能には、トーク機能やカレンダー機能などが挙げられます。トーク機能の使い方は、アドレス帳からトーク相手を選択し、通話ボタンをタップするだけ。LINEの使い方とほとんど変わりません。
 
カレンダー機能は、予定を入れたい日にちをタップして、時間や内容を入力するだけ。社内みんなでこのカレンダー機能を使えば、メンバーの予定も簡単に確認できます。
 

LINEWORKSアプリの使い方

 
LINEWORKSはWebブラウザだけではなく、スマホやPCアプリからでも簡単に利用できます。利用方法は、App StoreまたはGoogle Playストアから専用アプリをダウンロード・ログインするだけ。PC版アプリだと、ボタン一つで簡単に画面共有することもできます。
 

まとめ

 
LINEWORKSについてご紹介してきました。LINEWORKSは他のビジネスチャットと違い、普段使っているLINEと使い方が似ているので、導入時点で操作に慣れているというメリットがあります。さらに、LINEよりもビジネスに特化したチャットツールですので、スケジュール管理や画面共有など仕事に使える機能が盛りだくさんです。

「LINE WORKS×受付システム」で、さらなる業務効率化へ

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

NEW
新着記事

css.php