CHENK!!
BCMからのお知らせ

使う前に知っておきたい!LINE WORKSの評判とは

スマホを使っている人の中には、LINEの便利さと快適性を手放せない人という人も少なくないです。そのLINEをビジネス専用に特化したのがLINE WORKS。LINE WORKSにはグループチャットをはじめ様々な便利機能があります。
そこで実際にLINE WORKSを導入した場合のメリットや評判についてご紹介します。
 
 



スポンサードリンク

LINE WORKSを導入して良かったこと

 

社内コミュニケーションストレスが減った

 

これまで社内でのやり取りで電話やメールを主に使用していた企業であれば、LINE WORKSの導入により、それをLINE WORKSに置き換えることができます。
しかもグループチャット機能があるので、1対1だけでなくグループトークができるようになって、コミュニケーションストレスが減ったという社内評価も。
利用者が7,000万人以上といわれるLINEとのトークが可能になったことは、ストレスフリーのコミュニケーションが可能になったことと同義、といえます。
 

ファイルの添付が自由なので便利

 

LINE WORKSがLINEよりすぐれている点の1つとして、どんなファイルでも添付できる点があげられます。特に事業活動において活用したいのがPDFファイル。
例えば保険会社の営業活動で資料が必要な場合にPDFファイルを添付すれば、トークしながら顧客に見せることができます。重要なデータを保護するためにファイル形式の制限も可能となっているので、安心してファイルの添付ができます。
 

多数の従業員のスケジュール管理がやりやすくなった

 

企業規模が大きくなると、プロジェクトごとの従業員のスケジュール管理だけでも大変です。そこでお役立ちなのがLINE WORKSの「休暇日調査テンプレート」。
これを使えばスケジュール管理が簡単に行えます。その他にもカレンダー機能の「予定登録機能」を使えば従業員の空き時間を即座に検索でき、プロジェクトに必要な人員を確保できます。
 

顧客と密接な関係を築くことができてセールスがアップ

 

企業にとって営業活動は最も大切な業務の1つですが、LINE WORKSなら顧客とのコミュニケーションを密に保つことができます。例えば自動車販売において、定期点検や車検などの連絡をLINEトークで行えます。
グループチャット機能を使えば顧客の家族それぞれに対してのセールストークも可能に。顧客との密接な関係を築けるとあって、セールス活動におけるLINE WORKSの評価も上昇しています。
 
 

LINE WORKS導入にかかる費用について

 

3種類のプランにかかる費用とその評判

 

LINE WORKSの評判がいい理由の1つに、費用の安さがあります。
有料プランは3種類用意されており、必要に応じて選べるのですが、どのプランも安価なのが嬉しいポイントです。

「ライトプラン」は月額360円(税抜)で、年額コースなら月額300円(税抜)
「ベーシックプラン」は月額600円(税抜)で、年額コースなら月額500円(税抜)
「プレミアムプラン」は月額1,200円(税抜)で、年額コースなら月額1,000円(税抜)

となっています。
「ライトプラン」でも基本容量は100GBあるので、余裕でトークが可能。LINE WORKSの豊富な機能と便利さを考えると、かなりの良コスパという評価にも納得です。
 

30日間無料トライアルが利用できるメリット

 

新しいシステムを導入する時は、実際に使えるのか、どのような機能が便利なのかを知りたいところ。LINE WORKSでは無料トライアルが用意されているので、お試しで使うことができます。
しかも30日間も利用できるので、色々な機能を試すのにも十分。このような導入のための無料サービスも高評価の理由となっています。
 
 

実際にLINE WORKSを導入して評判の良かった機能とは

 

スマホLINEアプリ感覚でトークができる

 

日本におけるLINEアプリの利用率は90パーセントといわれています。それだけコミュニケーションツールとして使い勝手が良いということなのですが、LINE WORKSならそのLINEとのトークが可能。
また、LINE WORKS自体もLINE感覚で利用できるツールで、非常に使いやすいと評判です。
 

アドレス帳からメッセージが送れて、無料電話ができる

 

LINE WORKSのアドレス帳はグループごとに階層表示ができるので、連絡先を検索するのがとても簡単です。社内用、個人用、共有用といった使い分けができ、アドレス帳から直接メッセージを送ることもできます。
また、最大200人で利用できる無料通話・ビデオ通話機能があるので、外出先からでも打ち合わせが可能。さらに、通話中でもワンタッチでトーク内容を確認可能。これらの機能すべてがプランのなかに格納されており、通話料もかからないので、コスパ的にも抜群です。
 

メール機能が豊富で仕事がやりやすくなった

 

LINE WORKSのメール機能で高評価なのがリマインダー設定です。メールの送受信は遅滞なく行うのが鉄則ですが、リマインダー設定することで確実にメール管理が可能に。またメーリングリストを作れるので、顧客へのメールマガジンなども一斉送信できます。

カレンダー機能でタスク管理がやりやすくなった

 

企業にとってタスク管理は事業運営をスムーズに行うためにとても重要です。複数のプロジェクトが進行している場合でも、LINE WORKSのカレンダー機能を使えばプロジェクトごとの進行状況が一元管理可能に。
例えば物流センターなどであれば、入荷状況、顧客の来客情報、車両情報などをチェックしながら、といった感じでスムーズに作業を進めていけます。
 
 

LINE WORKSを導入した方がいい理由とは

 

スマホ利用者の90パーセントが使っているLINEと連携している

 

グループチャットはもちろん社内コミュニケーションにとって欠かせない機能ですが、特にLINE WORKSが便利なのはスマホのLINEとトークできることでしょう。
スマホ利用者の90パーセントがLINEを利用しているといわれており、LINE WORKSを導入すればそのLINEと連携できるというのは、他にはない強みです。
 

ビジネスの効率化が進み、社内コミュニケーションがうまくいく

 

LINE WORKSを導入した企業のほとんどが、社内コミュニケーションが良くなったという評価をしています。例えば今までは営業部だけが持っていた情報を、LINE WORKSの導入により企画部などでも共有できるようになり、商品開発に役立った、などです。
また、社内コミュニケーションによってビジネスの効率化が進むだけでなく、顧客との関係も密になるというメリットがLINE WORKSにはあります。
 
 

まとめ

LINE WORKSには色々な機能がありますが、その中でもスマホのLINEとトークできるのが最大の特徴です。
ここでは代表的な機能を紹介しながら、それぞれの評判を紹介してきました。もしまだ導入を迷っている企業や事業所があれば、30日間トライアルを試してみて、評判の高さが本物であることを実感してみてください。

「LINE WORKS×受付システム」で、さらなる業務効率化へ

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

NEW
新着記事

css.php