CHENK!!
BCMからのお知らせ

hangouts chat (ハングアウトチャット)で共有できるサービスとは

2018年2月、従来のハングアウトが改訂され、新たにhangouts chat (ハングアウトチャット)の提供がスタートしました。G Suiteユーザー向けのサービスで、ビジネスシーンでの効率アップが期待されています。
 

今回は、hangouts chat (ハングアウトチャット)で共有できるサービスや、従来のハングアウトからの変更で気になるポイントを中心に解説していきます。

 



スポンサードリンク

hangouts chat (ハングアウトチャット)はチャット機能だけじゃない!

 

hangouts chat (ハングアウトチャット)といえば、チャット機能が中心だと考えている人も少なくありません。
もちろん従来にはなかったチャット機能は注目すべきポイントですが、その他にもこれまで不便に感じていた部分を補う便利機能が揃っています。
ここで、hangouts chat (ハングアウトチャット)について簡単にご紹介します。

 
 

 

ハングアウトの次期バージョン「hangouts chat (ハングアウトチャット)」とは

 

これまでのハングアウトがビデオ会議機能を持つHangouts Meet(ハングアウトミート)と、メッセージ・チャット機能などを持つhangouts chat (ハングアウトチャット)に分割され、リリースされました。
ビジネス向けチャットサービスでよく知られる「Slack」の競合サービスともいわれ、G Suiteユーザーのすべてが利用可能です。
チャット機能では1対1でのやり取りはもちろん、プロジェクトごとにチャットチームを作ることも可能です。
これまではグループメッセージしか使用できませんでしたが、複数のチャットルームを使ってチーム間でのやり取りができるようになったので、利便性は格段にアップしています。

 
 

 

チャット機能以外にも注目

 

チャット機能以外にも注目すべき機能があります。例えばbot機能の搭載です。初期状態で25のbotが搭載されており、専用botの開発もできるようになっています。
またフィルタ機能を使えば、チャットルームはもちろん、テキスト検索など高度な検索が可能となります。
Windows・Mac・iOS・Android対応のアプリが無償提供されているのも便利な点の1つです。

 

hangouts chat (ハングアウトチャット)で共有できるサービス一例

 

hangouts chat (ハングアウトチャット)はG Suiteと統合されているので、その他のG Suiteのあらゆるサービスとシームレスに連携できるようになっているのは大きな魅力です。
ここで、共有できるサービスの例として、3つに絞って解説します。

 

Google Drive

 

ドライブ内にドキュメントやスプレッドシート・スライドなど、多くのコンテンツを保存している人も多いでしょう。
hangouts chat (ハングアウトチャット)ではドライブ内のコンテンツもスムーズに共有できるようになっているので、チームで利用するのにも便利です。
1か所でまとめてチーム全体で共有し、話し合いをしながらプロジェクトを進めていくこともできます。
ハングアウトでは、ファイルの送付やG Suiteとの連携ができませんでした。hangouts chat (ハングアウトチャット)への変更によって、これまで以上の作業効率化が図れるでしょう。

 

 

 

Hangouts Meet(ハングアウトミート)

 

従来のハングアウトが分割されたことで新たにできた、Hangouts Meetとも連携が可能です。
これにより、過去にチームで話し合った内容やファイルなどが検索すれば簡単に確認できるようになりました。
Hangouts Meetは企業向けのビデオ会議機能に特化したサービスですが、Googleカレンダーからアクセスすることもできます。利用するのにアプリやアカウントなどは不要です。
hangouts chat (ハングアウトチャット)の併用ももちろん可能なので、ぜひ共有・活用したいサービスです。

 

 

 

Googleカレンダー

 

Googleカレンダーは、競合サービスでもあるSlackとの連携も可能ですが、hangouts chat (ハングアウトチャット)でももちろん連携ができるようになっています。
Googleカレンダーはスケジュール管理面ではシンプルな構造になっていますが、ビジネスシーンで活用している人は少なくありません。
チャットツールから出てわざわざ調べる手間がなくなるので、スケジュールの確認漏れリスクが減り、作業効率化への寄与が期待できます。

 

 

hangouts chat (ハングアウトチャット)への変更で気になること

従来のハングアウトからhangouts chat (ハングアウトチャット)に変更することによって大きく変わることがあるのであれば、変えたくないという人も少なくありません。
ましてや不便になってしまうのであれば、このままでもいいだろうと考える人もいることでしょう。
ここでは、新たにhangouts chat (ハングアウトチャット)へ変更する際によく聞かれるポイント2つについて見ていきましょう。

 

 

 

これまでのハングアウトのメッセージはどうなるの?

 

新たに変更することで、従来使用してきたハングアウトがどうなってしまうのか気になる人も多いのではないでしょうか。
hangouts chat (ハングアウトチャット)へ変更した場合、ハングアウトのメッセージは、自動的に取り込まれます。ファイル添付も可能なので、社内メール同様に使用できるのもメリットのひとつです。
また、メッセージについては24時間以内に消去されるモードに切り替えることも可能です。セキュリティ面でも安心して利用できるのではないでしょうか。

 

 

 

 

G Suiteユーザーなら新しい手続きや費用は不要

 

例えば、Gmailやドキュメントなどを活用しながら別のチャットツールを使用しているのであれば、それだけ経費がかさんでしまうことになります。
これまでG Suiteを利用していた場合、hangouts chat (ハングアウトチャット)の導入によって特に費用がかからないのも大きな魅力です。
また、hangouts chat (ハングアウトチャット)へ変更する際に特殊な手続きは不要です。すぐ導入できる点も嬉しいポイントでしょう。

 

 

 

まとめ

今回は、hangouts chat (ハングアウトチャット)で共有できるサービスを中心に解説しました。G Suiteではこの他にもさまざまなサービスを提供しています。

 

G Suiteを多用している企業にとって、将来的に機能・サポート追加が想定されるhangouts chat (ハングアウトチャット)は、今後もますます利便性が高まると期待できます。

早めにhangouts chat (ハングアウトチャット)への移行を検討したほうが得策でしょう。

Hangouts chatを活用した受付システムで、ムダな来客対応を0に

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、Workplaceを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

NEW
新着記事

css.php