【2021年最新】Zoomの無料制限って?無料版と有料版でできる違いを総まとめ

Zoomには無料版と有料版が存在します。もちろん無料版には制限がつきものです。とはいうものの無料でも十分に使えてしまう印象のあるZoom。

 

ここでは無料版と有料版でできる違いを全てまとめてご紹介していきます。

 

結論としてZoomは無料でもここまで使えるのか!と驚きになる方が多いでしょう。さらに、有料版ではこんなに便利になる!といったトピックスもご紹介していきます。

 



Zoomは無料でもここまで使える

Zoomは無料でも非常に使い良いサービスとなっており、お金をかけずともかなりの部分まで利用が可能です。具体的には以下のような機能が無料版でも利用可能となっています。

2人での個人通話は無制限!

1対1の通話は時間無制限で行えます。

 

Zoomの無料版は「会議に時間制限がある」という情報が多く、それが一人歩きしてしまっている印象があります。

 

しかし実際のところ個人間通話に関しては時間無制限で利用可能となっています。

 

2人での個人間通話がメインの場合には、特に無料版でも時間制限を気にすることなくコミュニケーションを取ることが可能となっています。

 

グループ通話も40分間まで無料でOK

個人間通話に関してはZoom無料版でも時間無制限で利用可能です。それではグループ通話はどうでしょう。

 

グループ通話についても、無料版で利用可能となっています。

 

WEBチャットツールやWEB会議システムの中にはグループ通話が有料版機能としているものもあります。

 

しかしZoomの場合はグループ通話であっても、40分間まで無料で使えてしまいます。ただし一つの会議につき40分までという時間制限があることから、40分の期限が近づいてきたら一度会議を終了させ、新規に会議を立ち上げるといった使い方も可能です。

 

100人までのグループ通話が可能

グループ通話も100人まで招待可能です。

 

一般的なWEB会議でこれ以上の人数を収容する機会はそう多くはないというケースも多いでしょう。

 

実際には100人以上の大規模カンファレンスになることはWEB会議でもそう多いことではありません。よって一般的な中小規模の組織やミーティングチームであれば、無料版でも問題なく運用が可能というケースも往々にして考えられます。

 

なお、これ以上の人数にするにはBusinessアカウントへの昇格が必要です。

 

録画データをデバイス上に保存できる

Zoomの会議は録画が可能であり、そのデータをPC等のデバイス上に保存可能となっています。

 

無料版の場合でも保存が可能なことから、無料版は録画が不可能というのは明確に誤りと言って良いでしょう。

 

会議の主催者(ホスト)になれる

有料版のユーザーでなければ会議のホストになれないといった情報もあります。こちらも正しい情報ではありません。無料版ユーザーでも会議の主催者・ホストになることが可能となっています。

 

ホワイトボード機能を利用できる

ホワイトボード機能の利用も可能です。画面共有のような按配でホワイトボード画面を共有できることから、会議に参加しているパートナーやチームメンバーと一緒にホワイトボードで活発なディスカッションが可能となっています。

 

また書いたものをその場で共有できることから、説明の補助や理解の促進につながるといってよいでしょう。

 

ホワイトボード機能の利用を有料版機能として限定しているWEB会議ツールもある中で、Zoomでは無料版でもホワイトボード機能が利用という利便性の高さが光ります。
 

Zoomは有料だとここまで便利に!

Zoomは無料版でも十分に利用可能です。しかし有料版にアップグレードするとここまで便利になります。具体的にな便利になるポイントをご紹介していきます。

グループ通話の40分制限が解除(実質無制限)

40分の時間制限がなくなり30時間まで会議が可能となります。一般的なビジネスにおけるミーティングはもちろんのこと、各種ウェビナーや大規模カンファレンスもらくらく対応可能です。

 

さらにオンライン飲み会にも最適といえるでしょう。

 

よほど大きく国際的な大規模ミーティングでない限り、30時間以上連続して会議を行うといったケースはそう考えられません。

 

よって実質時間無制限でグループ通話が可能といっても差し支えはありません。

 

録画データをデバイス上とクラウド上に保存できる

無料プランではデバイス上にしか録画データの保存ができません。しかし有料ならクラウド上での保存が可能となります。

 

さらに共有する際には自動的にエンコード作業が入ります。よって簡単に複数の環境に対して共有が可能というメリットもあります。

 

Zoomのミーティングの様子を記録したり動画配信用にあとから加工するといった利用シーンでは、有料版の非常に便利な機能と言えるでしょう。

 

共同ホスト機能を使える

自分がホストの場合、一緒にミーティングを管理してくれる共同ホストを立てることができます。回線切れへの対策として、重要なミーティングでは特に必要な対策となります。

 

その他自分だけで管理しきれない大人数の会議などにも共同ホスト機能は非常に有用であり重要なポイントとなります。

 

投票機能を使える

有料会員であればミーティング中に投票機能が使えるようになります。

 

特に大人数での会議中に決議を行いたい場合は便利な機能と言えるでしょう。

 

Slack等とのデータ連携が可能

Slackに会議時間の通知が行えます。

 

チャットのやりとりの途中でアプリの切り替え不要でZoomへ移行できることから、その利便性の高さは目を見張るものがあります。Skype for Businessとの相互利用も可能です。

 

300人までの会議が可能

Businessプラン以上であれば会議の参加人数が300人にまで膨れ上がります。企業やセミナー等、大規模なミーティングに最適です。

 

会社のロゴをつけたミーティングルームを用意可能

Businessプラン以上なら会社のロゴをつけたミーティングルームが用意可能となります。これによって会社の専用会議室、という雰囲気を出せます。

 

ただの白い会議室から、会社ロゴがあしらわれた会議室に移動できるイメージです。

 

招待URLのカスタマイズが可能

Businessプラン以上ならランダムな英数字であった招待URLがカスタム可能となります。

見栄えが良くなったり、会社名を入れることができます。

公式感を強く押し出すことが可能です。

 

Zoomのプランとできること

Zoomのプランと、それぞれのプランで実現可能なことについてまとめました。

無料プランでできること

無料プランでは以下のようなことが可能となっています。

  • 1VS1の無制限利用
  • 3人以上の利用(時間制限あり)
  • 100人までのミーティング開催
  • オンラインサポート
  • 画面共有
  • チャット機能
  • ホワイトボード機能
  • ローカル上での録音・録画
  • セキュリティ機能

Proアカウントでできること

無料プランからアップグレードされたプロアカウント(月額費用2000円)では以下のようなことが可能です。

 

zoom_無料制限_proアカウント
 

無料プランでできることに加えて

  • 30h連続使用可能
  • ユーザー管理機能
  • 管理者機能コントロール
  • レポーティング
  • カスタムパーソナルミーティング利用
  • クラウド上に保存管理(1GBまで)
  • API利用
  • Skype for Businessとの相互運用
  • オプションで500人までのウェビナーの開催が可能
  • ライブ文字起こし

Businessアカウントでできること

月額費用2700円を支払うことによりアップグレード可能なビジネスアカウントでは以下のようなことが可能となっています。

 

zoom_無料制限_businessアカウント

 

無料プラン・Proアカウントでできることに加えて

  • 300人まで参加可能
  • 最小10名のホスト設定
  • 招待時のカスタムURL設定
  • ドメイン管理
  • 会社のブランディング
  • カスタムメール

Enterpriseプランでできること

導入にはややハードルが高く、最低50アカウント以上を一括して導入しなければならないエンタープライズプランというものがあります。

 

月額コストは1アカウントあたり2700円と比較的安価ではあるものの、エンタープライズプランへの入会には問い合わせが必要など、いわゆる大規模チームや大企業向けのアカウントとなっています。

 

しかしこのエンタープライズプランでは様々なことが実現可能となっています。

 

zoom_無料制限_enterpriseアカウント
 

Businessプランまででできることに加えて

  • 500人まで参加可能
  • 最小50名のホスト設定
  • 無制限クラウド保存
  • 500人参加のウェビナー(WEBセミナー)オプション無償付与

まとめ

今回ご紹介してきた通りズームは無料版でも非常に有用にWEB会議を進めることが可能となっています。ホワイトボード機能などもあることから意思疎通や理解の補助に大いに役立つ昨日も無料で利用可能となっています。

 

しかし有料プランに切り替えることにより無料版で利用できた機能に、さらに付加価値が見出せるといった印象です。

 

大規模なミーティングを行う事例や大企業でのアカウント導入事例などでは、有料プランを検討することが望ましいケースもあるでしょう。

 

またWEB会議が頻繁に行われるチーム・ワークスタイルの中では、アポイントの調整も重要なポイントとなってきます。

 

調整アポを利用することでZoomでのWEB会議や商談の日程調整が極めて効率化可能となっています。

 

取引先との日程調整、まだ手動でやってますか?

2021年は日程調整を自動化し、たった10秒で完了です!

WEB会議の手間を減らしたい
日程調整の手間をなくしたい
・空いてる日程を選んでテキストにするのが面倒
・日程と会議室の仮押さえと削除が面倒
・日程調整よりも資料作成の時間がほしい
ブッキングを回避したい

日程調整ツール「調整アポ」は、GoogleカレンダーやOutlookカレンダー上記のような課題をサクっと解決するツールです。詳しくは、以下からご確認ください。

無料資料で詳細を見る
RECEPTIONIST資料請求

TAG
タグ

RANKING
人気記事ランキング

NEW
新着記事