NEW
新着記事

Teamsに連携すると生産性を効率よくアップできるおすすめ外部アプリ

仕事の生産性を上げるためには、集中力を持続しやすい環境を作り出すことが大切です。
 

大切なタスク管理や進行状況の把握などは欠かせません。ただ、これらの作業は仕事への集中力を途切れさせてしまいがち。
 

その対策として、スムーズに処理できる外部アプリをTeamsに連携させる、という方法があります。
 



スポンサードリンク

仕事の生産性を効率よくアップさせるためにはどうしたらいい?

まとめて管理できる作業はできるだけまとめよう

「仕事」と一口にいっても、その作業内容は実にさまざまです。
 

メールの返信や顧客対応、スケジュール管理、定例ミーティングなど、メインの作業以外に行わなくてはならない仕事は多岐にわたります。
 

それらの作業を個別に行っていると、時間がいくらあっても足りません。メールチェックとスケジュールチェックで午前中が終わってしまった、なんて事もよくある話です。
 

これら個別の作業をひとつのツールでまとめて行えるようになると、作業と作業の間の無駄を省けます。
 

それにより、仕事の生産性を効率よくアップすることが可能です。
 

ビジネスチャットであるTeamsは、それまで個別に対応していたさまざまな作業をひとまとめに管理することができるツールです。
 

そして、Teamsだけではまとめられない作業も、外部アプリをTeamsに連携させれば対応できるようになります。
 

また、全ての作業をTeams上でまとめて管理するとデータの共有や編集などをTeams上で簡単に行う事が可能です。
 

外出先からでも必要なデータにスムーズにアクセスできるようになるというメリットもあります。
 

さらに、管理しなくてはならない作業や関わっている人数が多くなってくると
 

「あのメール返信書いたっけ?」
「資料の修正箇所、連絡しなきゃ」
 

など、各作業のタスクも増えていきます。
 

そこで外部アプリを連携させたTeams上で一括管理することにより、作業の進行状況もまとめて把握することが可能です。
 

これにより、自ずと仕事全体の処理スピードがあがっていきます。
 

仕事をスムーズに処理しやすくなるおすすめの外部アプリ

更新情報を共有できる「Aha!」

欠かさずチェックしておきたいものの、他の作業に追われてつい後回しになりがちな更新情報。
 

「Aha!」を連携することで、さまざまな製品やアイディア、ロードマップの更新情報などを簡単に共有できるようになります。
 

「Aha!」を経由してTeams上で簡単にチェックできるようになれば、ストレスなく常に最新の状態を保つことが可能となります。
 

開発から公開まで簡単にできる「Heroku」

「Heroku」 は、Web用アプリの開発から公開までのプロセスを簡単に行えるプラットフォームです。
 

通常、アプリを開発し公開するためには、実行できる環境やデータベースを整えなくてはなりません。
 

「Heroku」はそれらを提供してくれるため、アプリの開発と運営のみに集中することが可能です。Teamsと「Heroku」を連携させると、開発データの更新情報などをTeams上で簡単に確認できます。
 

これにより、開発状況が今どのようになっているのかが簡単に管理可能です。
 

忙しくてもうっかりミスを防ぎやすくなるおすすめの外部アプリ

タスク管理と進行状況が分かりやすい「Trello」

「Trello」は、ジャンルや期日の異なる複数のタスクでも混乱することなく管理できる、とても便利なアプリです。
 

まるで付箋紙をカテゴリーごとに分けて貼付けていくように、視覚的にタスクを管理できるのが大きな特徴です。
 

進行中のタスクや〆切が近いタスク、完了したタスクなども一覧で把握できるため、複数の案件やチームメンバーの多いプロジェクトにもおすすめです。
 

この「Trello」をTeamsと連携させれば、「Trello」内のタスクに動きがあった場合、Teams上でそれを知ることができます。
 

こまめに「Trello」をチェックしなくても仕事全体で発生しているタスクが、今どのような状態にあるのかを簡単に管理できるようになります。
 

うっかり忘れないための「RememberThis」

コミュニケーションを手軽に行なえる反面、大切な情報が過去ログへと流れていってしまいやすいビジネスチャット。
 

あとで絶対しようと思っていた重要な事柄をついうっかり忘れてしまい、大きなミスに繋がってしまうことがままあります。
 

また、複数のプロジェクトを抱えていたり、いくつものミーティングや連絡が重なってしまったりした際も起きやすい現象です。
 

そのようなミスを防止してくれるのが「RememberThis」。
 

これをTeamsと連携させると、忘れてはいけないログをリマインダーしてくれます。
 

アシスタントをしてくれる「Suttna」

「Suttna」は、毎日の仕事をスムーズに処理できるようアシスタントをしてくれるアプリです。
 

毎日繰り返し行うタスクや定期ミーティングでメンバーに確認したいことなど、仕事の内容に合わせて「Suttna」をカスタマイズできるのが特徴です。
 

また、タスクの進捗管理も行えるので、作業漏れの防止や仕事の優先順位を明確にしやすくなります。
 

まとめ

生産性を効率よくアップするためには、メインの仕事に集中しやすい環境をいかに作り出すかが大切なポイントです。
 

進捗状況の確認やタスク管理などは仕事を進めていく上で欠かせないもの。
 

ですが、リソースを多く取られれば取られるほど、集中力が持続しにくくなり、メイン業務のモチベーションも下がりやすくなってしまいます。
 

Teamsと連携できる外部アプリを上手に活用し、事務処理などの作業はできるだけTeams上で一括管理できるようにするのがおすすめです。

ビジネスチャットを活用した受付システムで、ムダな来客対応を0に

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

TAG
タグ

NEW
新着記事