NEW
新着記事

ハングアウトチャットを使用して生産性の向上を目指そう

HangoutsChat(ハングアウトチャット)は、チームでのコミュニケーションに重点をおいたプラットフォームで、多くの企業が導入しています。
 

多くの企業から支持されている理由は、導入によって生産性の向上が期待できるためです。
 

ここでは、HangoutsChat(ハングアウトチャット)による生産性の向上について詳しくご紹介します。
 



スポンサードリンク

HangoutsChat(ハングアウトチャット)で生産性が上がる理由

ビジネスにおける生産性の向上は、企業の収益アップに繋がります。そのため、コミュニケーションチャットの他にも、様々な施策を行っている企業は多いです。
 

コミュニケーションチャットは比較的導入しやすいため、生産性が上がる理由を把握したうえで、早めに導入することをおすすめします。
 

それではHangoutsChat(ハングアウトチャット)の導入で生産性が上がる理由について、詳しくご紹介します。
 

社員間のコミュニケーションが促される

 

チームワークにおいて、こまめな連絡は欠かせません。
 

しかし、メールを打つことを面倒に感じ、細かい連絡を怠るケースがあります。その結果、連絡ミスが発生し、業務に支障をきたす可能性があるのです。
 

HangoutsChat(ハングアウトチャット)では、スムーズにメッセージを打つことができるため、連絡ミスによる失敗のリスクを下げることができます。
 

グループ全員にメッセージを送れるため、チームで共有すべきことも簡単に共有できます。また、特定のメンバーにダイレクトメッセージを送ることも可能です。
 

時間が削減されることで円滑な業務が促される

 

メールでやり取りをする場合、メール画面を開いて宛先を選び、題名を設定して本文を打つという複数の工程が必要です。
 

連絡に時間をとられてしまうと、業務が圧迫されるでしょう。業務効率の低下は生産性の低下に直結します。
 

HangoutsChat(ハングアウトチャット)であれば、メッセージを打つだけですぐに連絡できるため、生産性を高めることが可能です。
 

生産性を上げるためのhangouts chatの使い方

HangoutsChat(ハングアウトチャット)は、メッセージを送るだけのものではありません。チャット機能だけではなく、音声通話やファイル管理など、様々な便利機能を備えています。
 

HangoutsChat(ハングアウトチャット)をフル活用することで、生産性をより大きく高めることができるでしょう。HangoutsChat(ハングアウトチャット)の活用方法をご紹介します。
 

タスク機能を活用してメッセージの見落としを防ぐ

 

大人数がスレッドに在籍していると、様々なメッセージが飛び交うことになります。そうすると、相手がメッセージを見落とすリスクが高まります。
 

そこで使いたいのがタスク機能です。タスクであれば、メッセージを確認できる可能性が高まり、見落としのリスクを抑えられます。
 

HangoutsChat(ハングアウトチャット)をフル活用するために、必ず知っておきたい機能と言えるでしょう。
 

内容によっては音声通話を利用する

 

HangoutsChat(ハングアウトチャット)には、音声通話機能が備わっています。
 

メッセージの内容によっては、文章ではなく直接言葉で伝えた方がよい場合があります。
 

文法を間違えることで意味が変わってしまい、誤解を招いたり、業務に大きな支障をきたしたりする可能性があるため注意が必要です。
 

電話を使う場合、電話帳を開いて名前を検索し、発信ボタンを押すという様々な工程が必要となります。
 

HangoutsChat(ハングアウトチャット)であれば、宛先を選んで発信するだけなので、すぐに通話が可能です。また、ヘッドセットを使用すれば、相手の声が周りに漏れることもありません。
 

過去の情報を検索して話し合いに活用する

 

HangoutsChat(ハングアウトチャット)には、過去のメッセージを探し出せる高度な検索機能が備わっています。
 

従来のコミュニケーションチャットでは、一度ページを読み込まなければメッセージを検索できませんでした。
 

HangoutsChat(ハングアウトチャット)であれば、過去の話し合いの結果やデータなどを速やかに検索できるため、業務の効率化に寄与します。
 

また、過去のデータを用いることで、今後の予測が立つようになります。
 

資料としてパソコンに保存をしてもよいですが、過去のデータの中から目当てのデータファイルを探し出すのには時間がかかります。
 

HangoutsChat(ハングアウトチャット)にデータを保存しておけば、速やかに検索して活用することが可能です。
 

HangoutsChat(ハングアウトチャット)を浸透させることが大切

HangoutsChat(ハングアウトチャット)がどれだけ優秀なソフトであっても、浸透しなければ生産性を上げることはできません。
 

チーム全員で使用しなければ、一部の人にだけメールで連絡することになり、かえって非効率となります。
 

全員で使用できるように、HangoutsChat(ハングアウトチャット)の導入で生産性が上がることを伝えましょう。便利な機能を紹介し、実演して見せることで説得しやすくなります。
 

また、モデルケースとして、特定のチームだけでHangoutsChat(ハングアウトチャット)を使用し、その感想を他の社員に伝えることも1つの手段です。
 

さらに、最初に上司を説得することで、チームに浸透させやすくなります。その際にはどれだけ他の会社で使用されているか伝えるとよいでしょう。
 

まとめ

HangoutsChat(ハングアウトチャット)は、ビジネスにおける生産性を高めることができる便利なソフトです。
 

生産性の向上は企業の利益に直結するため、積極的に導入することをおすすめします。
 

また、過去のデータ検索や音声通話など様々な機能が備わっているので、それらをフル活用できるように、HangoutsChat(ハングアウトチャット)の講習などを行ってもよいでしょう。
 

HangoutsChat(ハングアウトチャット)をチーム全員でうまく活用して、生産性を高めてください。

Hangouts chatを活用した受付システムで、ムダな来客対応を0に

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、Workplaceを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

TAG
タグ

NEW
新着記事

css.php