NEW
新着記事

ハングアウトチャットがとても便利!botの使い方やチャットルームを徹底解説!

2018年2月、Googleがユーザー向けにチャットサービス「Hangouts chat (ハングアウトチャット)」をリリースしました。
 

今までのハングアウトでも十分だ、このままで良いと考えている人もいるかもしれませんが、Hangouts chat (ハングアウトチャット)には従来のサービスには無い魅力的な機能がたくさん備わっています。
 



スポンサードリンク

Hangouts chat (ハングアウトチャット)には25のbotが標準搭載されている

「@meet」で簡単に会議の設定ができる 

 

Hangouts chat (ハングアウトチャット)には25のbotが標準搭載されています。その中でも、ビジネスユースで役立つのが「@meet」というbotです。
 

@meetは、会議のスケジュールを設定する機能を持ったbot。特に会議開催の際に威力を発揮します。@meet botでは、チャットルーム上で会議のスケジューリングが可能です。
 

わざわざ全員をCCに入れたメールを作成して送る必要なく、チャットルームで簡単に会議のお知らせを告知できます。
 

特に設定をしなければ、チャットルームにいる全員が会議に招待されますので、とても手軽です。
 

キャンセル、変更も「@meet」でできる

 

会議の設定をするとき、参加するメンバーを選び
 

「この日は参加できる?」
「その日は外出しています」
「この時間ならどう?」
「別の会議の予定が入っていて……」
 

なんてやり取りが続き、会議のスケジュールがなかなか決まらない……なんて、イライラした経験はありませんか?
 

@meetを使えば、チャットルーム上の@meet返信機能を使い、会議のキャンセルや日時変更ができます。
 

Hangouts chat (ハングアウトチャット)では、botの自作も可能

 

Hangouts chat (ハングアウトチャット)では、自分でbotを作って動かすこともできます。
 

情報の検索やタスク実行などもbotを使って行えます。Hangouts chat (ハングアウトチャット)ではサードパーティ製のbotライブラリを使用しています。
 

チャットルームとグループメッセージの機能、使い方の違い

チャットできるユーザーについて

 

Hangouts chat (ハングアウトチャット)では、チャットルームとグループメッセージ機能をそれぞれ使い分けることができます。
 

グループメッセージは会話が淡々と並んでいくのですが、チャットルームは会話をスレッド化できます。内容別に会話を分けたいときは、チャットルームのほうが使いやすいと言えるでしょう。
 

また、グループメッセージではチャットが始まると、新たにユーザーを追加したり、今いるユーザーを削除したりはできません。しかしチャットルームでは、好きなタイミングでユーザーの追加や削除が行えます。
 

メッセージ履歴について

 

グループメッセージでは、履歴を残さないよう設定することができます。履歴を無効化すると、メッセージは24時間以内に削除されます。
 

一方、履歴を残すよう設定すると、組織のポリシーにもとづきメッセージが残されます。
 

チャットルームではメッセージ履歴を残す設定となっています。履歴の保持時間は、各組織のポリシーによって異なります。
 

通知・会話について

 

グループメッセージでは全てのメッセージが通知されます。しかしチャットルームは、自分が参加している会話か、または名前がリンクされた会話のみ通知されます。
 

通知のわずらわしさがないのはチャットルームです。
 

退出の表示について

 

グループメッセージでは「退出」という考え方がありません。
 

もし自分を表示させたくない場合や、退出と似たような状態にしたい場合は、サイドバーからチャットを非表示にすればOKです。
 

一方、チャットルームでは「退出」と「参加」が可能です。自分が関わらなくなったチャットからはいったん退出し、自分が見るべきスレッドを整理することができます。
 

botの使用について

 

Hangouts chat (ハングアウトチャット)でbotが使用できるのは、チャットルーム内のみとなります。メッセージボードでのbot使用はできません。

  • ・メッセージボードは気軽な挨拶や雑談などの、チームメンバーのコミュニケーションの場として使用する。
  • ・ビジネスに直結することや、あとあと読み返す必要がある内容などはチャットルームを使用する。

例えば、上記のように使い分けることをおすすめします。
 

Hangouts chatの嬉しい機能

会話の内容履歴を検索できる

 

Hangouts chat (ハングアウトチャット)がビジネス利用において、従来のハングアウトよりも優れているのは、過去の会話の内容を検索できるという点てです。
 

「あの話、チャットで共有してたっけ?」
「あの件についてチャットした記憶があるけれど、結局どうなったのか忘れてしまった」
 

というような場面でも、会話をさかのぼることなく、簡単にキーワードを入れて検索できます。
 

検索は、前述の@meet botを使って行えますので、@meetの使用に慣れているとより効率よくチャットを使いこなせるでしょう。
 

入力中かどうか分かる

 

チャットをしている最中、相手から何も返信が来ないと「見ていないのか?」「席を外してしまった?」と不安になったり、イライラしたりすることもあるでしょう。
 

Hangouts chat (ハングアウトチャット)では「入力中」の表示があり、相手が文字を入力しているときは、それが分かる仕組みとなっています。
 

そのため、焦ったり相手を急かしたりすることなくチャットができます。
 

チャットにおけるストレスの軽減に一役買っているといえますね。
 

まとめ

従来のハングアウトと比べると、Hangouts chat (ハングアウトチャット)はよりビジネス利用に適した作りになっています。
 

会議のスケジューリングのしやすさ、会話の内容を検索できる機能など、ユーザー全員が便利さを実感できるビジネスチャットです。
 

Hangouts chat (ハングアウトチャット)を使いこなすことで、仕事の効率を全体的に向上させることが可能です。

Hangouts chatを活用した受付システムで、ムダな来客対応を0に

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、Workplaceを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

TAG
タグ

NEW
新着記事

css.php