NEW
新着記事

Talknoteと連携できる「マーケティング・売上管理・予約システム」などを紹介

Talknoteは様々なツールやシステムと連携をさせることで、コミュニケーションが活性化したり情報共有が簡潔になったりします。
 

社内コミュニケーションツールとして使うだけでなく、連携させることで更に便利になるツールです。
 

今回は、連携方法やどんなツールとの連携が可能かを紹介します。
 


Talknoteと連携できるツール

Talknoteのメール連携とは?

メール通知機能があるツールであれば、Talknoteに自動で投稿をすることができます。
 

また、各種ツールからの通知をTalknoteにメール通知させれば、Talknoteで確認することも可能です。
 

さまざまなツールや自社内で使っているシステムからの全ての通知メールをTalknoteで確認できるようにすることで、情報の一元化が図れます。
 

なお、通知メールにコメントを添えてグループのメンバーで共有することも可能です。
 

ただし、対応しているのはテキストのみで、HTMLメールには対応していません。
 

画像なども一緒に通知したい場合には、メールに添付する形で共有できます。
 

メール連携の設定について

最初に、Talknoteでメール連携をするために必要なメールアドレスを確認します。
 

メール連携したいグループをクリックしたら、!マークをクリックしてください。
 

表示されるメールアドレスがTalknoteで連携させるためのメールアドレスです。
 

通知したいTalknoteのメールアドレスが確認できたら、Talknoteと連携したいシステム側にそのメールアドレスを設定します。
 

メール通知をする宛先をTalknoteのメールアドレスにすれば、設定は完了です。
 

設定が完了すればTalknoteにメールが届いた際、グループ内の全員にメールが通知されるようになります。
 

なお、Talknoteには困った際にサポートしてくれるサービスが付帯されているので安心です。
 

もしも設定で不明な点があったり、うまく設定できなかったりする場合は相談し、解決することができます。
 

予約システムとの連携

お店のネット予約情報をTalknoteで受信

Talknoteを利用すれば担当者やスタッフへの情報共有がリアルタイムでできるようになります。
 

お客様の予約をネットで受け付けるようなシステムを使っている場合、リアルタイムで更新されていくお客様の予約情報を、更新される度にメールで通知可能です。
 

予約情報を一部のスタッフだけが共有をしていて、その情報を基にして対応をしている状態だと、迅速なレスポンスは難しいでしょう。
 

関係するスタッフ全員に一斉に予約情報が通知され、共有できる状態であれば、対応スピードを向上させることができます。
 

例えば飲食店の予約情報を、担当者だけが知り得る状態だとします。
 

その場合、各種必要な方面への指示はこの担当者がすべて行う必要があり、状況によっては非常に煩わしい思いをする可能性も。
 

一方でTalknoteと連携させると、関連するスタッフ全員に通知され、その予約情報が届いた時点で各担当者の行うべきことがスムーズに伝達されます。
 

担当者間の情報の漏れや間違いも防ぐことが可能です。
 

お客様からの問い合わせメールとの連携

予約情報だけではなく、お店への問い合わせも担当者に自動で通知する形に変更可能。
 

もちろんこれもリアルタイムで担当者へ通知されるため、スピーディに解決できます。
 

問い合わせのメールに対するスピード感は、とても大切なことです。
 

Talknoteで問い合わせメールを連携するだけで、受け付けた人から解決する人への連絡が必要なくなります。
 

解決策や対処法などの回答を一緒に添付してしまえばそれも情報共有されるので、非常に楽です。
 

さらにお客様への返信スピードが早くなるだけでなく、返信のし忘れなどといった漏れもなくなります。
 

また、一部の担当者だけでは解決できないお問い合わせの場合も心配いりません。
 

関係各所に一斉通知されるため、コメントなどを利用して解決策を互いに提示、共有することができます。
 

予約システムとの連携の活用例

ホテルなどの宿泊施設を営業している企業でTalknoteを利用している例を紹介します。
 

お客様が予約を入れると、その予約情報がすぐTalknoteに反映。
 

予約情報には予約者の名前、人数、日付、宿泊日数などの情報が記載されています。
 

予約情報が共有されるため、フロント担当者はいつ誰が何名で来客するかを把握可能。
 

ホテルの部屋の清掃者などの部屋のメンテナンスを行う担当にも、同じように情報が届きます。
 

関係する人で情報共有がスムーズに行われるため、ミーティングで予約受付担当者からその情報を聞くなどの作業が省略可能です。
 

予約情報には、追記で食事の予約を電話で受け付けたなど、付帯情報を添付することもできるため、1つの予約情報にまとめられるようになります。
 

Talknoteの導入により、業務時間の短縮などが想定できるでしょう。
 

エンジ゙ニアやクリエイターが゙利用するツールと連携

連携の方法

『GitHub』や『Jenkins』などの開発ツールを使っている会社であれば、通知メールを使ってTalknoteと連携をすることができます。
 

ソースコードやテストの状況、プロジェクトの進捗状況などをTalknoteで一元管理可能です。
 

プロジェクトの進捗が関係部署全員で情報共有できると次にやるべきことの確認や、グループや社内でのコミュニケーションがスムーズに。
 

また、ちょっとした打ち合わせならばTalknoteで済ませることもできるようになります。
 

今まで
 

  • ・複数のツールを使ってプロジェクトの進捗管理をしていた
  • ・ソースコードやテストの状況把握などはそれぞれ別々のツールで行っていた

 

こういった場合、煩雑さを解消することが可能です。
 

会議やミーティングなどで話し合うことでしか共有できなかった情報共有も、Talknoteを介せば簡単にできるようになり、ミーティングの回数も時間も削減できます。
 

連携の活用例

開発と販売を双方行っている企業の場合、開発には開発用のツールを使い、販売はまた別のツールを使うなど、複数のツールを使って管理していることも多いです。
 

情報を管理するために別の管理ツールを使うなどしていれば、煩雑な情報管理が苦になることも。
 

しかし、Talknoteを介して情報共有ができるようになれば、今まであった管理ツールも必要なくなりますし、その分の手数も削減できます。
 

開発現場ではシステム上反映されていないようなお客様の要望やお客様の情報なども、Talknoteなら同時に管理することが可能です。
 

今までできなかったような情報共有も、Talknoteと連携すれば簡単にできるようになります。
 

売上や経営指標管理ツールとの連携

売上管理ツールとの連携

既存で使っている売上管理ツールと連携すれば、日々の売上の総額などはもちろん、リアルタイムでの進捗状況についてもTalknoteで通知を受けることが可能となります。
 

例えば、これまで売上管理ツール側でリアルタイムの売上状況を報告するため管理者に送っていたメールを、Talknoteに飛ばすだけでOK。
 

担当者や関係各所に向けて一斉に情報共有ができるようになりとても便利です。
 

経営指標の管理ツールとの連携

経営の指標として有用な、仕入れや在庫管理などの管理ツールとTalknoteを連携させることも可能です。
 

リアルタイムで更新される状況に対して、情報管理がスピーディに行われるので、行動するスピードも必然的に上がります。
 

経営にスピードを持たせることが非常に重要視されているのが現状です。
 

例えば仕入れが遅れたことで在庫切れを起こし、お客様に迷惑をかけるかもしれません。
 

発注が遅れることで他社にスピードで負けてしまい、売上に悪影響を及ぼすことも考えられるでしょう。
 

関係各部署へのスピーディな情報共有は迅速な意思決定を導き、このような失点を防ぐことに繋がっていきます。
 

管理ツールとの連携の活用例 

売上の情報は、次の仕入れを考える際に売れ行きが良い商品を見極めるのに用いられる、とても重要な情報です。
 

この情報を担当者が一人でまとめていた場合は、ミーティングで担当者が集約した情報を基に議論をし、次に生かすという流れになります。
 

しかしTalknoteを導入すれば情報共有が瞬時に行わるので、そもそもミーティングが不要に。
 

議論もTalknote上で行うことができるので、わざわざミーティングという形を取る必要がなくなるのです。
 

また、同時に仕入れ情報や在庫管理情報もTalknoteと連携できるようにすれば、さらに多くの物事をTalknoteで全体に共有、管理することができるように。
 

例えば、売上と在庫情報を分析すれば、次の仕入れにつなげることが可能です。
 

仕入れと売上情報をチェックすれば、仕入れたものの売れ行きが良くない商品をどのように販売するのかの議論につながります。
 

次の手を考えたり、改善を検討したり、アイデアをひらめいたりするために必要な情報がリアルタイムで関係する人全てに届くことは、さまざまな面においてプラスです。
 

売上数字を社員の人材育成に使っている企業もあります。
 

参考:https://talknote.com/case/index.php?num=007
 

マーケティングツールとの連携

オンラインマーケティングとの連携

マーケティングに関する情報もTalknoteで一元管理できるようになります。
 

『Google アナリティクス』 や『facebook』からのレポートや通知メールをTalknoteで受信する形に設定しましょう。
 

すると、リアルタイムで更新される情報を基にして議論をしたり、効率良い改善手段を見つけたりすることができるようになります。
 

連携の活用例

オンラインでマーケティングを行っている企業であれば、入札型広告の運用状況やその結果をTalknoteを介して把握し、その情報を共有することができます。
 

この情報を基にさらなる効率化のための議論を行うことができるようになり、迅速な解決策の提案や実行が可能となります。
 

また、インターネット広告事業などを行っている会社の場合、迅速なトレンド情報収集がとても重要です。
 

Talknoteを利用すれば、いち早く掴んだトレンドを共有することができるようになります。
 

参考:https://talknote.com/case/index.php?num=065
 

まとめ

様々なシステムツールと連携することで、Talknoteを介して情報をスピーディに共有することが可能です。
 

さまざまなシステムやツールから得られる情報を関係各部署で共有できることで、情報共有のための打ち合わせを無くすことや、迅速な問題解決、業務の遂行ができるように。
 

今後、Talknoteはコミュニケーションを円滑にする1ツールから、ビジネスのプラットフォームへと進化していくでしょう。

ビジネスチャットを活用した受付システムで、ムダな来客対応を0に

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

TAG
タグ

NEW
新着記事