NEW
新着記事

ビジネスチャット「One team」は本当に1分で登録完了できるのか?

ビジネスコラボレーションツール、Oneteam(ワンチーム)
 

公式サイトを見ていたら、こんな記載が目に入りました。
 

「クレジットカード登録不要
1分で登録完了、すぐにお試しいただけます」

 

それは試しやすい!
 

というわけで、早速今回は、1分で本当に登録が完了できるか、試してみました。
 

 



スポンサードリンク

結論:見事に1分で登録完了

これまで当サイトでは、事前にこういうことを考えて、こういうものを準備するといいですよというご案内をしてきました。
 

ですが、今回のOneteamはそういった準備もほとんど不要で、本当に登録は1分で完了します。
 

そのため今回は、上記結果を踏まえ、最も効率的な登録に向けて、順を追ってご紹介してまいります。
 

まずは、事前準備について。
 

 

事前準備しておいた方がいいコトは1点だけ

ズバリ、1点だけ事前準備をオススメします。
 

それは、チームID(URLに登録される任意の文字列)です。

https://*** サブドメイン部分 ***.one-team.io/
 
↑ チームID:「サブドメイン部分」に登録される半角英数字の文字列

 

一度登録すると、ここだけは後から変更が不可能であるため、この文字列だけは先に決めておくと便利です。
(とはいえ、大抵の場合、プロジェクト名や企業名が入るため、言うほど悩まないとも思いますが。)
 

続いて、その1分早業の登録作業のすべてを画面付で確認していきましょう。
 

 

実際の登録方法のすべて

1.公式ページ( https://one-team.com/ja/ )にアクセスして、無料お試しボタン※をクリックします。
※:ボタン名は変わる可能性があるため、以下緑枠のようなボタンをお探しください。
 
oneteamトップページから無料トライアルが申し込み可能です
 

 

2.早速、本登録画面が出てきます。
1)〜4)をそれぞれ設定し、各規約を確認の上、最後に『同意して始める』をクリックします。
 

1)チームID
事前準備で話したチームID
2)メールアドレス
管理者※のメールアドレスを登録
※Oneteamでは、最上位管理者は「オーナー」と呼ばれます
3)ユーザー名
管理者のユーザー名を設定
4)パスワード
管理者のパスワードを設定
ワンチーム申込本画面
 

 

3.Welcome画面で歓迎されます。
「次へ」で進みましょう。
welcome_to_oneteam
 

 

4.メンバーの招待画面です。
 
あらかじめ数名登録したい場合
メンバーのメールアドレスを入力して「招待して使いはじめる」をクリックすると、該当のメンバーに登録案内メールが送付されます。(赤色枠)
 

これは後から管理画面でもできるので、下のボタン「あとで招待する」でスキップ(黄緑色枠)してもよいでしょう。
(もちろん、1分登録の際はスキップしました。笑)

メンバー招待画面

 

 

5.これで登録関連は完了です。
ここから先はログイン後の画面が表示されます。
 

 

ブラウザによる通知設定

 

先に、左上の通知設定を済ませてしまうのがオススメです。
左上のブラウザ通知設定をオンにしておくと便利
 

これは、ブラウザ上でOneteamの新着情報をデスクトップ画面に通知するかの設定です。
 

自分がフォロワーになっている案件の進捗をすぐに確認したい場合、「許可」を選択しておくと良いでしょう。
 

 

簡単なプロフィール設定

 

そして次に、中央のプロフィール情報の設定です。
名前設定画面
 
ここでは、プロフィール画像と、表示される名前の編集ができます。
 

ユーザー名とは違い、「名前」項目は日本語設定も可能です。
日本語表示がいい場合や、社内での愛称等を登録する場合には、この段階で設定しておくと良いですね。
(なお、これらは後から変更も可能です。)

 

 

6.次に進むと、利用方法のカンタンなチュートリアルが始まります。
 
説明を読みたい方 >>> 1つずつ確認の上「次へ」がおすすめ
とにかく自分で早速触ってみたい方 >>> 「スキップ」を選択
oneteamのチュートリアル
 

 

これで初回登録は完了です。
あっという間でしたね。
 

チュートリアル完了・スキップ後、以下のメイン画面が表示されるのを確認してください。

 

 

 

というわけで、今回はOneteamの初回登録の全てをご案内しました。
 

Oneteamはクレジットカードの登録不要で30日間の無料お試しが可能です。
ですから比較検討の際には、まず、無料で全ての機能をお試しされてみてはいかがでしょうか。

One team連携でもっと業務効率化を

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、One teamを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

NEW
新着記事

css.php