NEW
新着記事

LINEWORKS導入で社内コミュニケーションストレスが軽減する理由

「LINEWORKSで社内コミュニケーションはスムーズになるだろうか」と疑問を抱いていませんか?本記事では、LINEWORKSが社内コミュニケーションのストレスを軽減させる理由や、使用するメリット・デメリットを紹介します。導入事例も紹介していますのでぜひ参考にしてください。
 



スポンサードリンク

LINEWORKSが社内コミュニケーションストレスを軽減させる理由3つ

 
LINEWORKSが社内コミュニケーションストレスを軽減させる理由は主に3つあります。
 

  • ・教育なしですぐ使える
  • ・コミュニケーションを潤滑にするツールがある
  • ・即時性が高い

 
それぞれを具体的に掘り下げましょう。
 

幅広い世代がすでに使い慣れていて教育なしですぐ使える

 
LINEWORKSは、国内で大多数の人が利用しているコミュニケーションツールであるLINEと、同じ操作で利用できるビジネスチャットツールです。使い慣れている人が多いため、教育コストが少なくすぐに使える点が便利で、ストレスフリーといえます。
 

スタンプなどコミュニケーションを潤滑にするツールがすでにある

 
LINEWORKSでは、LINEと同じように豊富なスタンプが使えます。スタンプはコミュニケーションの潤滑油になり、ストレスを軽減させてくれる便利なツールです。感情を豊かに表現できるスタンプは大いに利用しましょう。
 

いつもそばにあるスマホに入っているため即時性が高い

 
LINEWORKSはスマホのアプリでも使用可能で、お知らせがあるとリアルタイムで確認できるため、基本的に反応が非常に早くなる点も大きな特徴です。相手の反応がすぐに返ってくるので待ち時間が短くなり、ストレスが軽減されます。
 
このように、コミュニケーションストレスを軽減させる点において非常に大きなメリットがあるLINEWORKSですが、他にはどんなメリットがあるのでしょうか。
 

LINEWORKSを社内コミュニケーションに使用するメリット

 
LINEWORKSを社内コミュニケーションに使用するメリットは、コミュケーションストレスの軽減以外にもいくつかあります。
 

  • ・スタンプを活用すれば文字をいちいち打たなくても良い
  • ・ファイル共有やスケジュールなど情報共有もしやすい

 
スタンプを活用すると、その分文字を打ち込む必要がなく時間の短縮になります。また、LINEWORKSの機能として、ファイルやスケジュールの共有もサポートされており、ビジネスを進める上で必要な情報共有がスムーズにできる機能がそろっている点もメリットです。
 
良いことばかりのLINEWORKSですが、デメリットも少なからず存在します。
 

LINEWORKSを社内コミュニケーションに使用するデメリット

 
LINEWORKSを社内コミュニケーションに使用する際のデメリットも知っておきましょう。
 

  • ・プライベートとの区別がつきにくい
  • ・他のビジネスチャットと違い既読表示がつく点がストレスになり得る

 
一番気を付けたい点は、プライベートのLINEと区別がつきにくく、公私混同になる場合がある点です。LINEWORKSでは、LINEアカウントとのやり取りは管理者の承認を得た人しかできないように制御可能ですが、最終的には個人で気を付けるしかありません。
 
また、他のビジネスチャットではあえて導入していない既読表示も一長一短です。既読表示が出ていると、メッセージを読んで反応しなくてはならないというストレスが受信者側にかかる場合があります。
 
このように、メリット・デメリット両面あるLINEWORKSですが、使い勝手の良さについてはやはり他のビジネスチャットより一歩先を行っている感じがあります。
 
次に、LINEWORKSを社内コミュニケーションツールとして実際に使用した例を確認してみましょう。
 

社内コミュニケーションツールとしての導入事例

 
それでは、LINEWORKSを社内コミュニケーションツールとして使用している、実際の導入事例をいくつか紹介します。
 

  • ・株式会社トリガーの事例:スケジュールの把握やメールのやり取り半減でコミュニケーションストレス軽減
  • ・アイテック阪急阪神株式会社の事例:在宅勤務でもスムーズでリアルタイムなコミュニケーションが可能に
  • ・千葉大学病院と株式会社セレージャテクノロジーの事例:救急現場での伝言ゲームを防ぎ一斉通知で素早い対応が可能に

 

株式会社トリガーの事例

 
株式会社トリガーでは、特に管理者が社内コミュニケーションツールとしてうまく活用しています。
 
これまでいちいち担当者に聞いて回っていたスケジュールも、LINEWORKSで一括確認して予定を押さえられるようになりました。時間がかかっていたメールでのやりとりも半減され、コミュニケーションストレスが減ったことを社員が実感しています。
 

アイテック阪急阪神株式会社の事例

 
アイテック阪急阪神株式会社では、在宅勤務(テレワーク)でストレスのかからないコミュニケーションツールとして、LINEWORKSが活用されています。
 
育児休暇や傷病などで休職から復帰する際に、在宅勤務という形で無理のない勤務を進める中で、LINEWORKSは、距離があってもリアルタイムでのスムーズなやり取りを可能としました。
 
LINEWORKSの利用によってコミュニケーションレベルも向上し、スムーズな職場復帰の助けとなっている事例です。
 

千葉大学病院と株式会社セレージャテクノロジーの事例

 
刻々と変化する救急医療の現場の状況をリアルタイムに伝え、スムーズに連絡が取れて手の空いている医師をすぐに集められるという例が、千葉大学病院と株式会社セレージャテクノロジーの事例です。
 
これまでは人づてにしか伝えられなかったことが、LINEWORKSによってリアルタイムに一斉通知ができ、確実・迅速な情報共有ができるようになったのだそうです。
 

まとめ

 
LINEWORKS導入で社内コミュニケーションストレスが軽減する理由、導入のメリットとデメリットを紹介しました。
 
実際の導入事例でも、社内コミュニケーションツールとして役立っていることがよく分かります。誰にでもなじみがあり使いやすいツールだからこそ、会社内の円滑なコミュニケーションに一役買えるのではないでしょうか。

「LINE WORKS×受付システム」で、さらなる業務効率化へ

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!
css.php