NEW
新着記事

ビジネスチャットで出来る新人育成のコミュニケーション方法

新人がなかなか育ってくれないとお悩みの方、多いのではないでしょうか?新人育成の課題をクリアするためにはビジネスチャットを活用するのがおすすめです。この記事では、新人育成の課題やビジネスチャットを活用して新人育成を行うメリットなどについて詳しく紹介していきます。

 



スポンサードリンク

新人育成の課題とは

 

育成指導者不足

 

新人が育たない理由として、忙し過ぎて新人をきちんと指導する人がいないことが挙げられます。また、人手が足りていなくて新人を育成指導する人がいない場合もあります。どちらにしても指導者がいなければ、新人は仕事を覚えることができません。

 

新人育成を任された人の育成能力が低い

 

新人を育成指導する人がいたとしても、その人の知識や意識が十分ではなかったら、新人は仕事をなかなか覚えられません。また、育成者の知識が十分にあったとしても育成能力が低ければ、教えたいことが上手く伝わらず、新人が育たなくなってしまいます。

 

新人の仕事に対する意識の低さ

 

新人にいくら教えても仕事内容を覚えてくれないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?しっかりと育成指導を行っているのに新人が仕事内容を覚えなかったり、何度も同じミスをしている場合、新人の仕事に対する意識が低いということが予想されます。

 

コミュニケーション不足

 

新人育成をする上で新人と育成者とのコミュニケーションはとても大切です。新人と育成者のコミュニケーションが上手くいっていないと、新人は育成者との壁を感じて質問し辛くなります。その他にも、説明された内容を理解できなかったり勘違いしてしまいます。その結果、新人育成が上手くいかなくなってしまうのです。

 

新人育成の課題解決策

 

新人育成のための時間を設ける

 

多忙や人手不足が原因で新人を育成指導する人がいない場合、社内全体で仕事の効率化を図ることが重要です。仕事が効率良く進むと、新人育成のための時間をつくることができます。

 

育成者の育成能力を上げる

 

新人を育成・指導する育成者を選ぶ際は、育成能力が十分にあるか判断した上で選ぶ必要があります。もし新人が育たない理由が育成者の育成能力の欠如だった場合、育成者の指導も行う必要があります。

 

コミュニケーションを頻繁に取る

 

新人と育成者がコミュニケーションを頻繁に取ることで、コミュニケーション不足が招くミスを防ぐことができます。丁寧に説明指導を行っていないと、新人は仕事内容を理解し辛くなります。

 

さらに、コミュニケーション不足だと新人と育成者の間に壁ができてしまい、新人は気軽に質問することができなくなります。仕事内容をきちんと理解しないまま仕事を進めてしまうと、ミスが起こりやすくなります。

 

また、コミュニケーションがスムーズでないと、「言い忘れ」「聞き忘れ」などが起こり、報連相もうまくいかなくなってしまいます。コミュニケーションをしっかりととることで育成者と新人の距離も縮まり、新人の仕事に対する意識を向上させることに繋がります。

 

育成するために気をつけた方が良いこと

 

新人育成する際は、新入社員との信頼関係を築くことが重要です。まず、名前と顔は確実に覚えておきましょう。そして、相談された時にはしっかりとアドバイスしてあげましょう。報告や連絡を受けた時には、しっかりと耳を傾けてください。

 

また話を聞く際は、ただ「わかった」などと言って流すだけではなく、新人が発言したことに対して質問するなど興味を持つことが大切です。

 

新人育成の課題を解決するビジネスチャットとは

 

ビジネスチャットとは?

 

ビジネスチャットは、コミュニケーションをスムーズにしてくれる便利なビジネスツールです。メールのように長文のメッセージを作成する必要がなく、簡潔な短い文章でやり取りができます。

 

電話だと、相手が外出中だったり忙しかったりすると、なかなか連絡を取ることができません。しかし、ビジネスチャットを使用すれば、いつでもどこでも連絡を入れておくことができます。

 

さらに、便利なタスク機能なども備わっているので、読み忘れなどを防ぐことも可能。ビジネスチャットは、SNSチャットなどよりもセキュリティ対策が万全で、情報漏えいなどの心配も要りません。

 

ビジネスチャットを使用して、コミュニケーションをスムーズにすることで、仕事の効率アップや新人とのコミュニケーション不足解消につながります。

 

ビジネスチャットの種類・選び方

 

ビジネスチャットには、さまざまな種類がありますが、もっとも有名なものがChatWork(チャットワーク)とSlack(スラック)です。

 

チャットワークは、大阪を拠点としてサービスを提供している国内発のチャットツールです。国内発なので、サポート対応が日本語なのは安心できるポイントです。チャットワークは月額大体数百円程度で利用することができます。

 

ただし、プランによって値段が異なるため、求める機能をきちんと確認しておくことが必要です。

 

スラックは、アメリカはサンフランシスコを拠点としてサービスを提供している海外発のチャットツールです。スラックの創業者は、有名な写真共有サービスFlickr(フリッカー)を創業した人物です。見た目の美しさや連携可能ツールが充実していることなどから、特にエンジニアに人気があります。

 

まとめ

 

新人が育たない理由に、人手不足やコミュニケーション不足があります。きちんと育成指導する人がいないと、新人はなかなか育ってくれません。

 

このような新人育成の課題を解消するには、便利なビジネスチャットを活用するのがおすすめです。ビジネスチャットを活用してコミュニケーションをスムーズにし、新人と育成者との関係を良くしてモチベーションをアップさせてあげることが大切です。

ビジネスチャットを活用した受付システムで、ムダな来客対応を0に

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

NEW
新着記事

css.php