NEW
新着記事

上場したメルカリの働き方まとめ!

2018年6月19日、だれでも簡単に商品を売り買いすることのできるフリマアプリなどを運用しているメルカリがついに東証マザーズ市場に上場しました。

 

上場直後からメルカリの株価は急上昇、その勢いは2016年に上場したLINEにも勝りました。日本唯一のユニコーン企業と言われているメルカリは、順風満帆に見えますが、実はそういうわけではありません。フリマアプリ内ではさまざまな問題が起き、なかなか上場できなかったことも事実です。

 

それでもメルカリがここまで成長できたのはなぜか、メルカリ流の働き方について見ていきます!

 

 



スポンサードリンク

「性善説」で情報公開!

 

 

メルカリ取締役を務める小泉文明氏は組織の設計理想として「ルールをできるだけ作らない」ということを決めています。「社内の個人情報以外をできるだけ公開する」ということも政策の1つで、その理由は自分に必要な情報は自分にしか決められないと考えているからだそうです。

 

情報を社員に公開することに関して情報漏洩に不安を持つ人も多いと思います。しかし、小泉氏は「性善説」を提唱し、社員を信頼しています。

 

なによりも社員を信頼できるのは、小泉氏が口酸っぱく言っているという「Go Bold(大胆にやろう)」「All for One(全ては成功のために)」「Be Professional(プロフェッショナルであれ)」の3つのバリューがあるからです。

 

この中の「All for One(全ては成功のために)」の考え方に乗っ取り、小泉氏は成功に向かってみんなで努力していく方向は同じだと考えていて、社員に自分で必要なことを考えて行動してもらうことが大切だと考えています。

 

 

情報共有は全て「Slack」で!

 

 

先に述べた通り、メルカリは情報のほとんどをクリアに知ることができます。

そのために使われているツールが「Slack」

Slackとは、さまざまな機能と連携できることで大人気のビジネスチャットツールです。

 

*詳しくはSlack(スラック)とは?ビジネス利用で選ばれる理由をご覧ください!

 

 

メルカリでは、メールを使うことはなく、さらにSlackのDM(ダイレクトメッセージ)も使わないことが推奨されています。

 

チャンネルと呼ばれるグループで情報を共有することで情報の抜け漏れを防ぎ、業務の効率化に役立てています。さらにチャンネルは自由に出入りできるように設定されていて、ユーザー数の多いチャンネルには400人もの社員が参加しているといいます。

 

さらに、メルカリではmercan(メルカン)というメディアを運営していて、そこでは社員がSlackの使い方を紹介したり、新しい機能を導入した感想を書いていたりとSlackの利用の活発さがわかります!

 

他にも情報共有のための施策として、ファイルはGoogle Drive上にあげるように言われており、誰でも見られる状況にしているといいます。

 

結果としてだれかに見られている状況で悪口をいう人はほとんどおらず、良好な人間関係が築かれているといいます。

 

実践できそうではないでしょうか?

 

 

PowerPoint禁止?業務の効率化のために

 

 

人手不足や働き方改革が求められている中、メルカリの対策として、ユニークな政策がとられています。それは「PowerPoint禁止」「8人以上のミーティングは禁止」ということです。

 

PowerPointは、資料作成においてデザインなどに気を取られてしまい、結果、効率的な仕事ができないと考えているといいます。

 

また意思決定においてに「8人以上」いると時間がかかってしまうだろうということで禁止しています。

 

徹底的に業務を軽くするための政策がとられているんですね!

 

 

それらの業務を見直したことで残業は45時間を超える人はめったにいないといいます。さらに全社員が12〜16時がコアタイムで、他はフレックスタイムという働きやすい環境を作っています。

 

それでも、12~16時のコアタイムとして出社してもらうことにはこだわりがあるそうで、「同じ空気感」で働くことが大切だと考えているそうです。

 

危機的状況をみんなで共有して、その場でどうすればいいのか考えられる状況を作る、ということができるのも

みんなが毎日顔をあわせているかどうかが重要ですよね!

 

 

育休を自分自身でとった社長 その後の心境の変化とは?

 

 

スタートアップの会社では、責任者が大きな権限を持ってる…と考えられがちです。

そんななか、育休を習得したという小泉氏。

自分がいなくて仕事が回るのか、という不安はなかったのでしょうか。

 

Slackを使っていることがポイントでした。

 

社員にはSlackで情報を共有するようにいってあるので毎日あったことをタイムリーに確認することができたそうです。

 

さらに、社長が不在であることによって、マネージャーが主体となって自分たちでできることは自分たちでやる といういい風潮が生まれたといいます。

 

副業は推奨?!個人の力を伸ばす新しい手段

 

女性がパソコンに向かっています

 

メルカリでは、会社を立ち上げた当初から副業を推奨しているそうです。

 

その理由は、「自分の得意分野を伸ばすきっかけになる」と考えているから。

 

やりたいことを伸ばしていくことで専門性も高まり、希少価値につながると考えている小泉氏。人手不足の中、働き方改革に必要不可欠な考え方ですよね!

 

結果として、会社に専門性が役立ったこともたくさんあるそうで、成功しているといえます。

 

小泉氏はまた、個人を尊重する働き方を推奨していきたいといいます。

 

このような考え方をもつ社長だからこそ、社員からの紹介、口コミで入社してくる社員が半数近くいるのですね!

 

 

まとめ

 

今まで、メルカリの小泉氏の考える働き方について見て来ました。

すべてを取り入れることは難しいと思いますが、少しずつ働き方を見直していってもいいかもしれません。

 

社員が誇れる会社はとても素敵だと思います!

 

 

 
(参考文献:凄いスタートアップ、メルカリの「働き方」はここが違う!
      メルカリの働き方改革が「採用競争力」をもたらしたワケ
      メルカリは「創業時から副業推奨」小泉氏が語る、個人が強くなることの価値と相乗効果
      社内のSlack文化に密かに感動している件について #メルカリな日々 2018/4/10
      メルカリ上場はどれだけ凄い? LINE、DeNA、ミクシィetc.の上場時と比べてみた

ビジネスチャットを活用した受付システムで、ムダな来客対応を0に

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!

NEW
新着記事

css.php