NEW
新着記事

「おじさんLINEあるある」から学ぶモテるチャットの使い方

  
先日、「おじさんLINEあるある」がめざましテレビで放送されましたが、Twitter上ではとても反響があり、様々なところで「おじさんLINEあるあるが来るのは辛い」との声がありました。
 
つまり、「おじさんLINEあるある」と言われるチャットの内容では、嫌われてしまう(モテない)傾向が高い訳ですね。
 
嫌われやすい内容を送るのは、コミュニケーションを取り、関係性を深めていきたい人としては、完全にNGな行動になります。
 
ビジネスチャットが社内コミュニケーション方法として、大中小問わず、様々な企業で導入されていますので、うっかりNGなチャットをしてしまう可能性は高くなっています。
 
今回は、「おじさんLINEあるあるがキター!!!」と言われないように、「おじさんLINEあるある」が、なぜ否定的な意見が多いのか?ということ、それに加え、どういう内容を送ればモテるのか?という部分について触れていきます。
 
 

「おじさんLINEあるある」が来たらどう思うのか?

 
先日、めざましテレビさんで発表されたランキングは以下の通りになります。
 

1、長い
2、褒めが絶妙にキモい
3、聞かれてないけど自分の事を言う
4、名前は”ちゃん”付け
5、顔文字多用

 
このようなテキストが送られてきたら否定的に思う女性が多いとのこと。
 
何故、この内容が否定的に思うのかを様々な女性に聞いたところ、「歳を考えて欲しい」「返答に困る」という意見を集めることができました。
 
受け取った相手が「その発言は年齢とあっていない」と感じると、お互いについて認識していることの違いから、不快な気持ちになり、相手との距離が開いてしまいます。
 
そのため、チャット上だけでなく、対面時のコミュニケーションでも、このような否定的に思われる行動は避けた方が良い関係を保てるのではないでしょうか?
 
 

送られてきたら「嫌だな」と思う内容

 
今回、「おじさんLINEあるある」のアンケートを取っていたところ、めざましテレビさんのアンケート結果以外にも、様々な意見が届きましたので、この機会にシェアさせていただきます。
 

送られたら嫌なLINE

・出張に行ったときすてきな外国の景色の写真を「今〇〇だよ〜」とか突然送ってくる
・ラインで急に呼び捨てになってる
・誕生日に急になれなれしく「おめでとう!」と送ってくる
・いつになったらつきあってくれるの?
・お元気なの?
・「LINEの花火、みたいなその日限定の機能を知ってる〜?」と送ってくる
・急に「今日は?」ってだけ送ってくる(「予定空いてる?」的な)
・飲み会のオファーメールで男性のスペックをやたら説明してくる

 
以上が20代の女性にアンケートを取った結果、否定的に感じるLINE内容とのことですので、距離を近づけたい相手とのコミュニケーションの際には注意が必要です。
 
 

仲良くなる為には、どうすれば良いのか?

 
これまで相手との距離を遠ざけるコミュニケーションの一部を紹介してきましたが、「おじさんLINEあるある」と言われないために、どうすれば良いのか?という事について話していきましょう。
 
すでに話していますが、「おじさんLINEあるある」と言われる根本的なことは、相手との関係性を考えて『歳を考えて欲しい』『返答に困る』と思われる発言をしないことです。
 
・歳相応の発言をする=若者が使っている言葉を使わない。
・返答に困る=面倒くさいと思われる発言をしない。
 
つまり、自分の都合だけで考えず、相手の事を考えて発言していく、といった相手との関係を築く為のコミュニケーション方法になります。
 
これからビジネスチャットを使って社内コミュニケーションを取る場合に、自分のことだけを考えて発言するのではなく、相手の事を考慮の上で発言してコミュニケーションを取り、素敵な関係を築いてください。

 

 

ビジネスチャットを活用した受付システムで、ムダな来客対応を0に

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!
css.php