NEW
新着記事

働き方改革を進めるために必要な3つの社内環境

日本経済の活性化のため、将来の日本のために働き方改革を推進することが急務になっています。労働の生産性向上のために、働き方の改革を行って賃金の上昇や需要の拡大などの見返りを期待されています。働き方改革のために必要な社内環境について紹介します。

 

そもそも働き方改革とは?

 

働き方改革の実現のために政府官邸から

 

働き方改革は労働生産性の改善手段として期待されています。成長と分配の好循環を構築するためには働き方に潜在している課題をクリアしていかなければならず、雇用状況が好転している今だからこそ、政府と企業が一体となって取り組んでいく必要があるのです。

 

働き方改革の障害として挙げられるのが、少子高齢化が遠因となる労働人口の減少、長時間労働や不条理な格差、日本企業固有のキャリアパスなどです。女性の社会進出も求められる昨今、働き方改革を行い年齢・性別・時間に縛られず働けるような環境構築が急務とされています。

 

必要な社内環境1 労働時間を短くするために!

 

短時間勤務を可能にするために必要なもの

 

短時間勤務は女性の活躍の場所を広げるためにも必要な労働条件です。短時間の勤務が可能となれば子育てしながらでも働くことができます。

 

短時間の労働が可能になるようにはコミュニケーションを簡潔にし、無駄を省く仕組みが必要になります。仕事において打ち合わせや業務内容の伝達は一番重要度が高く、また時間がかかることなので、その部分の時間短縮が肝要です。

 

待機児童の問題で子供を預けることができなくて働けない人たちのために、社内に託児所を設けることも重要です。ある程度の規模の会社なら保育士を雇い入れることも1つの選択肢になりえます。

 

フレックスタイムの導入

 

フレックスタイムはかなり浸透してきた働き方の1つです。子供を預けたり迎えに行く時間が確保できることで、子育て世代の夫婦が働きやすい環境になります。また、フレックスタイムによって通退勤時間がまばらになり通勤ラッシュから解放されることにもつながります。通勤時のストレスから開放されれば、それだけで生産性の向上が期待できます。

 

ビジネスチャットの導入

 

ビジネスチャットは情報共有する場所を選ばないため、労働時間外や出社不能の場合でも家で仕事をすることが可能です。働く場所に縛られないので出社可能時間が少なくても、会社から遠距離にいる人でも働くことが可能となり、労働人口を増やすことができます。

 

ビジネスチャットを導入して通勤する時間がなくなる働き方が取れるようになれば、その分の時間を仕事にあてることができ、生産性の向上にもつながります。

 

必要な社内環境2 労働格差の是正のために!

 

非正規雇用の労働条件の向上!

 

非正規雇用者の労働条件がほぼ正社員と同じなのに、待遇だけが悪いことが問題となっています。

 

実は非正規社員という言葉は日本にしかありません。日本では一度雇用すると解雇が難しいので、有期契約で繁忙期だけ雇い入れておき閑散期には解雇する、というように雇用調整として利用されるのが非正規社員です。このことは生産性を低下させモチベーションを下げる大きな要因になっています。

 

働く内容や時間が同一の場合は条件も同一にしていくことで、企業側は労働者のモチベーションアップによる生産性の向上が期待でき、働く側は生き方の選択肢が広がります。すぐには困難であっても社会的に改善していく必要はあるでしょう。

 

政府と企業が一丸となってこれに取り組んでいくことができれば、転職も楽になり働き方の自由度が増し、将来的な社会の構造改革につながります。

 

同一労働同一賃金のために!

 

正規社員、非正規社員関係なく、同じ労働をするのであれば誰がどこでやっても同じ賃金とするためには即時の情報伝達が必要となってきます。

 

また同一労働同一賃金を達成するために、厚生労働省主導で助成金も出しています。計画的に設備や人材育成に投資をして、労働者の意識を高めることも大事なことです。政府もそのための法整備をしています。

 

必要な社内環境3 生産性の向上を上げるために!

 

生産性の向上が企業価値を向上させる!

 

生産性を高めて無駄を排除していくことで利益が生まれます。消費者が減り労働者が減っていく現状、生産性の向上は企業が最初に取り組むべき課題です。仮に今後、出生率が改善して人口減少に歯止めがかかったとしても、労働人口が増えるにはしばらく時間がかかります。ですので生産性の向上は企業にとってとても大切なことと言えます。

 

年配者から若者まで気軽に働ける、無駄が少なくストレスの少ない環境が生産性を向上させます。モチベーションアップや働く人の視点に立った仕事のあり方を形成することが急務とされています。好循環サイクルになるためにも働き方改革はとても重要です。

 

コミュニケーションツールをうまく活用しよう!

 

ビジネスの基本は人と人との交流です。コミュニケーションを円滑に行うためにはコミュニケーションツールが重要となります。従来型の電話やメールをうまく利用することも必要ではありますが、今は無駄が省けて時間・場所関係なく情報共有が可能であるビジネスチャットが、生産性向上に欠かせなくなっています。

 

コミュニケーションが円滑に進み無駄が無くなれば、生産性は自ずと向上していきます。打ち合わせや会議などの時間を短縮し、どこにいてもその情報が共有できるビジネスチャットを導入・利用している企業が増えているのも当然のことです。上手にメリットを生かせば生産性を向上し、働き方改革を推進していくことが可能となるでしょう。

 

まとめ

 

働き方改革によって生産性が向上し利益を生むことで、企業の設備投資や賃金の向上が図られ、社会全体の好循環を生みます。働き方改革を推進するにあたってはビジネスチャットをうまく利用するのが肝要です。ビジネスチャットを利用すると、情報共有のしやすさやコミュニケーションの取りやすさにより生産性が向上するのでおすすめです。

ビジネスチャットを活用した受付システムで、ムダな来客対応を0に

iPad無人受付システムRECEPTIONISTは、ビジネスチャットを介してお客様の来訪を担当者に直接お知らせします。これまでの取次業務がなくなり、無駄な時間をカットすることで仕事にもっと集中できます。

資料を受け取る!
css.php